たけしが大河ドラマで志ん生役「夜中に落語をやってみたりしてがんばってる」

1

271

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 55 111
  • 105 シェア

2019年1月より放送開始される大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の追加出演者が発表され、ビートたけしが古今亭志ん生を演じることが明らかとなった。

(前列左から)神木隆之介、ビートたけし、森山未來、(後列左から)川栄李奈、峯田和伸、橋本愛、松尾スズキ。(c)NHK

(前列左から)神木隆之介、ビートたけし、森山未來、(後列左から)川栄李奈、峯田和伸、橋本愛、松尾スズキ。(c)NHK

大きなサイズで見る(全2件)

宮藤官九郎が脚本を手がける「いだてん」は、日本最初のオリンピック選手・金栗四三(中村勘九郎)と“オリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部サダヲ)を中心に、東京オリンピックが実現するまでの日本を描く作品。金栗を中村勘九郎が、田畑を阿部サダヲが演じ、2人がリレー形式で主人公となり物語が展開される。

11月29日に行われた会見の様子。(c)NHK

11月29日に行われた会見の様子。(c)NHK[拡大]

たけしが演じる志ん生は物語をナビゲートする役割で、ドラマの“顔”。テレビの寄席番組で「オリンピック噺」を語る。本日11月29日に東京・NHKにて行われた会見では「一番自分が尊敬する落語家さんなので、その役がきたのはうれしくてしょうがない」と志ん生を演じる喜びを語ったたけし。「自分のほとんどの仕事にプレッシャーがかかったことがないのですが、今度は久々に夜中に落語をやってみたりなんかして、一応がんばってます。とにかく国宝みたいな人だったから少しでもそんな感じが出ればいいなと」と意気込みを語り、「あとは官九郎さんが書いた台本のせいです」と述べて笑いを誘った。

なおたけしのほか、森山未來、神木隆之介、橋本愛、峯田和伸(銀杏BOYZ)、川栄李奈、松尾スズキの出演が発表されている。

この記事の画像(全2件)

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

たけしが大河ドラマで志ん生役「夜中に落語をやってみたりしてがんばってる」(コメントあり) https://t.co/jqmgjz0Vwk

コメントを読む(1件)

関連記事

ビートたけしのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ビートたけし / 宮藤官九郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。