お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

和牛が「IPPON」回想、水田「なんでやねんって書いたフリップ出してほしい」

582

DVD「IPPONグランプリ17」の副音声を務めている和牛。

DVD「IPPONグランプリ17」の副音声を務めている和牛。

本日11月15日に「IPPONグランプリ」(フジテレビ・関西テレビ系)の最新DVD、16巻と17巻が発売された。17巻では和牛の2人が副音声を務めている。

「IPPONスカウト」から勝ち上がり、「IPPONグランプリ」初出場を果たした和牛・川西。本番当日までは「IPPONグランプリ」のロゴカラーである黄と黒の配色を見るたびに大喜利のことを考えてしまったと副音声収録中に振り返った。改めて自身の戦いぶりを確認した川西は、「『0で帰るわけにはいかない』っていう思いはあったので、恥を晒さずには済んだんじゃないかなとホッとしています」と安堵する。印象的だった共演者を聞くと麒麟・川島を挙げたほか、もう1人の川島、野性爆弾くっきーにも「(くっきーが回答した)『宙宙宙』は僕にはどう転んでもできない荒業。いい意味で1つも参考にならないです(笑)」と圧倒されたようだった。

「スカウト」で敗退し、相方の活躍を見守った水田も「和牛の川西としてしっかりと、いい働きをしてたと思います。ぶっ飛んだことを言わないで、日常的で人間味ある回答が川西らしかった」と満足げで、「ちゃんと8本とかも取らんかったし。すごくちょうどいい働きでした」と評価する。副音声収録中は目の前の川西とのトークに夢中で「相方が答えてたのにしゃべってもうてたやん。相方の答えもう1回見たかったな、でも今しゃべってんのも相方やし……あれ? みたいな」と画面の中の川西を流し見してしまったことを悔しがりつつ、「普通に見入って笑ってました」と番組全体をいち視聴者として楽しんでいた。

そんな水田の野望は2人揃って「IPPONグランプリ」に出場すること。「僕が回答出したら相方がすかさずツッコミをフリップに書いて出してほしい」とコンビ芸を披露したいと話し、「本番中にそんな(ツッコミを書いている)暇ないわ!」と川西にツッコまれる。最終決戦のイスに2人で並びたいといい「ボケ、バーン! ツッコミ、バーン! 2人でIPPON。1回出してほしいけどな、『なんでやねん』って書いたフリップ」と前代未聞の大会を妄想して笑わせた。

DVD「IPPONグランプリ16」

放送日:2016年11月19日
<出演者>
チェアマン:松本人志
ロバート秋山 / 麒麟・川島 / とろサーモン久保田(初出場) / 千原ジュニア / ロッチ中岡(初出場) / 永野(初出場) / バカリズム / ふかわりょう(初出場) / ネプチューン堀内 / オードリー若林

DVD「IPPONグランプリ17」

放送日:2017年5月13日
<出演者>
チェアマン:松本人志
ロバート秋山 / 麒麟・川島 / 和牛・川西(初出場) / 木村祐一(初出場) / 野性爆弾くっきー / サンシャイン池崎(初出場) / 千原ジュニア / 博多大吉 / バカリズム / ふかわりょう

お笑いナタリーをフォロー