お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

鳥居みゆきが高校教師役「陸王」観光大使務める行田市の母校で撮影

807

連続ドラマ「日曜劇場『陸王』」(TBS・MBS系)の明日11月5日(日)放送回(第3話)に、鳥居みゆきが出演する。

鳥居が演じるのは高校教師の栗山役。体育の授業で生徒たちに足袋を履かせるために数社の足袋会社に問い合わせ、その中で「こはぜ屋」の宮沢(役所広司)と連絡を取って面会する役どころだ。

この作品の主な舞台は埼玉県の行田市で、今年2017年5月に行田市の観光大使に就任した鳥居とは縁がある。またこのたび撮影が行われた高校は、偶然にも鳥居の母校だった。つながりの深い現場で教師役をどう演じるのか注目しよう。

鳥居みゆき コメント

どうも行田市観光大使、鳥居みゆきです。育ったのがずっと行田市なので、観光大使をさせていただいています。私がずっと通っていた母校に、こういった形で戻ってくるとは思いませんでした。びっくりしましたが、うれしいです。久しぶりのドラマ出演で、緊張からずっとトイレを我慢していたので、眉間にしわが寄っていないか心配です。緊張しちゃって脇汗たくさんかいたので、それが映らないように受話器をとるのが大変でした~(笑)。看板女優として、頑張ります! 行田はすごくいいところなので、「陸王」とともに盛り上がっていけたらいいなと思っています。

日曜劇場「陸王」

TBS・MBS系 2017年11月5日(日)21:00~22:09

お笑いナタリーをフォロー