ココリコ&椿鬼奴が超特急と全力ダンス、田中「すっげー楽しかったです!」

162

昨日8月29日、東京・チームスマイル・豊洲PITにて行われた超特急のライブイベント「HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special『超フェス』」の2日目に、ココリコ椿鬼奴が出演した。

「“超”芸人フェス」の様子。

「“超”芸人フェス」の様子。

大きなサイズで見る(全19件)

「“超”芸人フェス」の様子。

「“超”芸人フェス」の様子。[拡大]

「超フェス」は、超特急がさまざまなジャンルのゲストを迎えて5日間連続で実施する対バン形式のイベント。ココリコは、レギュラー番組「なら≒デキ」(テレビ朝日)にて超特急と何度も共演しており、彼らの楽曲「gr8est journey」のミュージックビデオには遠藤が登場した。また鬼奴は、超特急のレギュラー番組「超特急の撮れ高足りてますか?」(フジテレビTWO ドラマ・アニメ、フジテレビTWOsmart)に7人のマネージャー役で出演したことがあり、メンバーからは「鬼姉(おにねえ)」と呼ばれている。

超特急は「gr8est journey」でライブをスタートさせると、さっそくココリコと鬼奴を召集。3人は登場するなりブルゾンちえみ with Bの決めポーズで笑いを誘い、観客の心を掴む。さらに超特急とのテレビ共演を振り返る場面では、鬼奴が「私のこと鬼姉って呼ぶタレントさんはこの7人だけよ」、田中が「『なら≒デキ』に最初に来てくれたのが“ドジっ子担当”のユーキくんだったから『このグループ大丈夫かな?』と思ったよ」とコメントしていた。

「超新ギャグプレゼン大会」のワンシーン。

「超新ギャグプレゼン大会」のワンシーン。[拡大]

途中には、超特急がココリコ遠藤の持ちネタ“ホホホイ”を意識した白ブリーフを着用してギャグを発表する「超新ギャグプレゼン大会」のコーナーも。審査員を務めた遠藤は、メンバーが披露するオリジナルの“ホホホイ”を嬉々と見守っていたが、最後にバトンを受け取ったユースケが「ココリコ、ココリコ、薄力粉! 強力粉! 小麦粉!」「ココリコ、ココリコ、サンディエゴ! ナタデココ! パン屋さん!」という独創的なギャグを放つと「君は何をしているんだ」と一転して冷静に。優勝はトップバッターを務めたタクヤの手に渡り、ワーストギャグに選ばれたユースケは田中を巻き込んで再度「ココリコ、ココリコ、薄力粉!」を披露するという罰ゲームを受けている。

「『ご乗車ください』替え歌合戦」のワンシーン。

「『ご乗車ください』替え歌合戦」のワンシーン。[拡大]

「『ご乗車ください』替え歌合戦」では、遠藤チームと鬼奴チームに分かれた超特急メンバーが「超ネバギバDANCE」の曲中のセリフ「ご乗車ください!」に合わせて回答する大喜利バトルを繰り広げた。ここでは最後に、5億5ポイントの得点をかけた遠藤対鬼奴のキャプテン対決が行われ、軍配は鬼奴チームに。負けた遠藤チームのメンバーは“ビリビリ電流”の罰を受け、苦悶の表情を浮かべていた。

アンコールの様子。

アンコールの様子。[拡大]

ココリコと鬼奴は、アンコールでもステージへ。超特急の8thシングルの収録曲「Burn!」では、メンバーと一緒に手をクロスさせるダンスを全力で踊りながら「もっともっと!」とフロアを煽り、曲が終わると田中は息を切らしながら「すっげー楽しかったです!」と笑顔を見せる。ゲストがステージをあとにすると、超特急のカイは「今日も素晴らしい日になりました。ココリコさんと鬼姉、2組に感謝したいです!」と思いを伝えた。

この記事の画像(全19件)

関連記事

ココリコのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ココリコ / 椿鬼奴 / 超特急 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。