タブレット純、伊藤美裕の“歌謡曲の夏フェス”盛り上げる

1

128

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 39 82
  • 7 シェア

タブレット純が、本日8月27日に東京・赤坂グラフィティで開催された「伊藤美裕のミユダマ ~2017夏の歌謡祭~」に出演した。

「伊藤美裕のミユダマ ~2017夏の歌謡祭~」に出演した(左から)智本莉加、野佐怜奈、伊藤美裕、タブレット純、サロメの唇。

「伊藤美裕のミユダマ ~2017夏の歌謡祭~」に出演した(左から)智本莉加、野佐怜奈、伊藤美裕、タブレット純、サロメの唇。

大きなサイズで見る(全4件)

このイベントはコロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビューした伊藤美裕が2013年から実施している“歌謡曲の夏フェス”。オープニングでは、法被姿で登場した伊藤が「12時半だョ! 全員集合」という掛け声で出演者を呼び込み、「『ミユダマ2017』行ってみよう!」と開幕を宣言した。

デュエットする伊藤美裕とタブレット純(左から)。

デュエットする伊藤美裕とタブレット純(左から)。[拡大]

タブレット純は登場するなり「愛の賛歌」を歌いながら会場を練り歩き、「初めて見る方は『何だこいつ』という感じだと思います。先日散歩をしていたら、うしろから自転車で『どけ、ババア』と言われました。今日は若いパワーと一緒に元気にやっていきたいと思います」と挨拶。自身が作詞、作曲を手がけ、阿佐ヶ谷姉妹をボーカルに迎えた「おしぼりをまるめたら」を歌う場面では「あいつら売れやがって」と悪態をついて笑いを誘う。

そして「昨日は24時間テレビのマラソンの当日発表を待っていた」と冗談も交えながら「愛の讃歌」「旅の夜風」「男はつらいよ」といった楽曲を歌唱。また会場にちなんで「コモエスタ赤坂」を伊藤とデュエットし、「また逢う日まで」でステージを締めくくった。

この記事の画像(全4件)

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

タブレット純、伊藤美裕の“歌謡曲の夏フェス”盛り上げる https://t.co/ck6Z201nWr https://t.co/w9QlAkuQfC

コメントを読む(1件)

関連記事

タブレット純のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 タブレット純 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。