お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

すち子がベロベロの筧利夫に素手ドリルされ「ただの痴漢行為やないか!」

145

左からすっちー、烏川耕一、酒井藍、筧利夫、田畑智子、監督の中村和宏。

左からすっちー、烏川耕一、酒井藍、筧利夫、田畑智子、監督の中村和宏。

「よしもと新喜劇映画 女子高生探偵 あいちゃん」の舞台挨拶が昨日4月22日に「島ぜんぶでおーきな祭」で行われ、酒井藍すっちー烏川耕一筧利夫田畑智子、監督の中村和宏が登壇した。

同映画祭の「TV DIRECTOR'S MOVIE」部門に出品された本作は、「西遊喜」「商店街戦争~SUCHICO~」に続く吉本新喜劇映画の第3弾。主演に酒井藍を迎え、川畑泰史をはじめとする新喜劇メンバーや田畑智子、筧利夫らが脇を固める。主人公の藍は父の探偵事務所に依頼がきた調査を手伝うべく、爆破予告を受けたNMB48劇場に潜入。苦手な美少女だらけの環境でダンスにも挑戦しながら事件を解決へと導く。

すっちーによるアメちゃん撒きから始まった舞台挨拶は終始賑やかに展開。まずは酒井が「胸張ってカンヌに出せます」とボケてみせ笑いを誘い、続いてろれつが回っていない筧にすっちーが「ベロベロやないか!」とツッコミを入れる。酒が入った様子の筧は上機嫌ですっちー扮するすち子に直接手で乳首ドリルし、「素手でドリルすな! ただの痴漢行為やないか!」とすっちーに腕を振り払われたが、「あっはっはっは!」と大笑いするばかりだった。

「長セリフを覚えるのが大変で……」「『焼き芋食べるか』しか言うてへんやないか!」というすっちーと烏川のやり取りにも筧の笑いは止まらない。すっちーは「酒癖悪い人ばっかり。この人(=田畑智子)もすごいんよ? (酔うと)噛み付く人。僕も『噛みちぎられる!』いうくらいイカれて。お酒は怖い!」と酒の席で見た田畑の一面を明かす。これらの騒々しいトークを受けて、中村監督は「ご覧の通り、カメラが回ったらこんなふうにどんどん楽しくしてくれる。面白くしてもらったという感じ」と作品の雰囲気を語った。

途中、「ねじるやつやらへんの?」とつぶやいた筧のリクエストに応えて、「ねじるやつ」を乳首ドリルとすばやく解釈したすっちーがマイクを使って筧に乳首ドリルしてやる場面も。「みんなも見たいよなあ!」と客席を煽った筧だったが、いざ乳首ドリルを受けると「なんだよ?」と驚いた顔を見せ、「やれ言うてやったらやらへんのかい! キョトンとすな!」とまたしてもすっちーにツッコまれていた。

お笑いナタリーをフォロー