お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ゆりやん、石出奈々子、ルシファー吉岡の「R-1」コメント、Bブロック出場者

204

「R-1ぐらんぷり2017」の決勝戦が、明後日2月28日(火)に関西テレビ・フジテレビ系にて生放送される。お笑いナタリーではファイナリスト9人のコメントを昨日よりブロックごとに紹介している。

本日紹介するのは、Bブロックのゆりやんレトリィバァ石出奈々子ルシファー吉岡のコメント。ゆりやんは3年連続、石出奈々子は初の決勝進出となる。ルシファーは昨年、敗者復活戦を勝ち抜いて初めて決勝の舞台に立った。

ゆりやんレトリィバァ コメント

今年は理屈で考えずに、自分が「こういうのを伝えたい」とか「こういう雰囲気が好きなんやな」っていうネタが1本欲しいなって思っていたんです。そしたら、ネタを作ったっていうよりは、それに「出会えた」って感じで(笑)。劇場ではお客さんとその世界を共有できるように積み重ねてきたんですけど、「R-1」の直前には何が正解かわからんようになって。どうしようどうしようって、ずっとでっかい風船が割れる夢を見たりしていましたね(笑)。
去年のR-1を終えて、「2本目が足りない」って目に見えてわかりました。とにかく1本強いネタがないと決勝に行けないので、1本目のことばっかりやっていたんですが、今回は2本考えながらやってきました。
「R-1」の予選が始まったときに、ポスターがめっちゃかわいくて。だから「あ、これは私が優勝するためのポスターや」って思ったんです。とにかく女芸人が優勝する年になりそうって思ったんですけど、蓋を開けてみたら決勝にめっちゃ女芸人さんがいました(笑)。

石出奈々子 コメント

私だけが無名ですし、決勝に行けるという手応えはなかったです。自分の名前が呼ばれるとは思わなくて。「なんだか夢みたい!」って感じです。でもLINEの通知が200件くらいきて、「夢だけど、夢じゃなかった!」。これトトロの名シーンなんですけど(笑)。
普段ピン芸人7人集まって「7ピンLIVE」というのをやっているんですが、キャプテン渡辺さん、ルシファー吉岡さん、マツモトクラブさん、中村涼子ちゃんと私、って7人中5人も準決勝に行ったんです。行けなかったTAIGAさんと三福エンターテイメントさんも準決勝に応援に来てくれたり。いろんな人に支えてもらいました。
とにかく元気で笑顔で明るく、いいことがあると信じてやるので、みなさんもニコニコ幸せな気持ちになってもらえたらいいなと思います。

ルシファー吉岡 コメント

今年はストレートで決勝に行くための1年だったので、下ネタはあまりよくないらしいと聞いて、年末の単独ライブでは下ネタじゃないネタをたくさんやろうとしたところ、結局8割下ネタ(笑)。残りの2割から決勝に行くネタができました。
去年決勝でやったネタはすごく自信があったんですが、ハリウッドザコシショウさんのあとだったというのもあったのか、思ったより全然ウケなくて。テレビのスタジオって、ライブに比べて圧倒的な“公共の場感”がすごくて。僕が世間に下ネタをやる人だと知られてない中でやるのは厳しいなと。
表情とか、意外と頑張って演技しているので、顔を見てほしいです。入念にカメラリハーサルをして臨みたいです。

R-1ぐらんぷり2017

関西テレビ・フジテレビ系 2017年2月28日(火)19:00~20:54
<出演者>
MC:雨上がり決死隊 / 加藤綾子
Aブロック:レイザーラモンRG / 横澤夏子 / 三浦マイルド / 復活ステージ3位
Bブロック:ゆりやんレトリィバァ / 石出奈々子 / ルシファー吉岡 / 復活ステージ2位
Cブロック:ブルゾンちえみ / マツモトクラブ / アキラ100% / 復活ステージ1位

お笑いナタリーをフォロー