お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ラフ次元空チーム・漫才VRがツッコミ採点アプリで優勝「MBSハッカソン」密着番組

164

最優秀賞を受賞したラフ次元・空のチーム「漫才VR」。(c)MBS

最優秀賞を受賞したラフ次元・空のチーム「漫才VR」。(c)MBS

最新のIT技術を使ってテレビやラジオのサービス、イベントを企画する大会「MBSハッカソン」が2月18日、19日に大阪・MBS本社にて実施され、ラフ次元・空の所属するチーム「漫才VR」が最優秀賞を受賞した。この大会の様子に密着した番組が3月24日(金)深夜に放送される。

今回の「MBSハッカソン」は「AI」「VR / AR」「位置情報」「IoT」「ロボット」「フィンテック」といった6つのテクノロジーが題材で、参加者はそのうちいずれかを使った新しいサービスを開発してプレゼン。予選にあたる「アイデアソン」には25チーム137人が参加し、そのうち8チームが本選に進出している。「芸能人チャレンジャー」として参加したラフ次元の空、梅村はそれぞれ別チームに所属し、共に本選へ進んだ。

優勝した空のチーム「漫才VR」がプレゼンしたのは、VRを使って漫才コンビのツッコミ役を体験できるアプリ「ツッコミの祭点」。そのツッコミのタイミングやフレーズを自動で採点する。空は「こういう賞をもらったことがないのですが、メンバーたちが本当に一生懸命がんばってくれて感謝しています。チームワークで獲った賞です。それと、優勝したので、これを機会に『ちちんぷいぷい』のレギュラーになりたいです」とコメント。審査員を務めた厚切りジェイソンは「『アイデアソン』の段階ではちょっと実現は難しいだろうと思っていたアイデアが、プレゼンではかなり実現されていてビックリした。これからもどんなものが出てくるのか楽しみです」と今大会について語っている。

※記事初出時、「漫才VR」のプレゼンした企画タイトルに誤りがありました。訂正し、お詫びいたします。

芸能人がガチで挑戦!! MBSハッカソン

MBS 2017年3月24日(金)25:20~26:20(予定)
<出演者>
ラフ次元 / 池澤あやか ほか

お笑いナタリーをフォロー