お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

宮川大輔が映画「名探偵コナン」ゲスト声優に、スタッフの満場一致で起用決定

1337

映画「名探偵コナン から紅の恋歌」にゲスト声優として参加する宮川大輔(左)と吉岡里帆(右)。

映画「名探偵コナン から紅の恋歌」にゲスト声優として参加する宮川大輔(左)と吉岡里帆(右)。

4月15日(土)に全国公開される映画「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)」に宮川大輔がゲスト声優として参加することがわかった。

この作品はテレビアニメ「名探偵コナン」の劇場版第21作。百人一首の大会を収録している最中だったテレビ局・日売テレビが何者かに爆破されたことをきっかけに、江戸川コナンと服部平次が事件の謎に挑む。

宮川は、会員数300人を超える競技かるた会「皐月会」のメンバーであり、本業はカメラマンの男・関根康史役を担当。「“ネイティブ関西弁”が使える」「『満天☆青空レストラン』でMCを務めており、『名探偵コナン』とともに日本テレビの土曜18時台を盛り上げている」などの理由から、スタッフの満場一致で起用されることになったという。

なお、もう1人の声優ゲストとして吉岡里帆が、事件に巻き込まれる女子高生・枚本未来子を演じることも発表された。

宮川大輔 コメント

息子と小学生の甥っ子がコナン君が大好きで、移動中によくDVDを観ているんです。なのでオファーを聞いたときはうれしい気持ちと「僕でいいのかな」という不安な気持ちがありました。でも関西弁の役ということで少し安心しています。アニメ声優は初挑戦ですがあまり意識し過ぎず、ちょっとでも「いいな」と思ってもらえるよう、今から台本を読み込んでアフレコに臨みたいと思います。僕が演じる関根康史は、競技かるたの腕がトップクラスの知的な役で、殺人事件の現場に現れるなどの謎もあるキャラクターなので、どう物語に絡んでくるのか今から楽しみです。

吉岡里帆 コメント

私は小さい頃からコナン君が好きで、アニメも観ていたし、原作も読んでいました。今回オファーをいただいて身に余る思いです。劇場版21作目ということでミスは許されないなと崖っぷちにいるような気持でいます。プレッシャーが大きいですが、コナンファンの皆さんにも納得していただけるようがんばります。私が演じる枚本未来子は、平次と和葉が通う高校のかるた部の主将でメガネっ娘です。コナン君たちと一緒に事件にも巻き込まれるので、コナン君に助けてもらえるのを期待しています。

(c)2017 青山剛昌 / 名探偵コナン製作委員会

お笑いナタリーをフォロー