お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

永野、齊藤工の長編デビュー作「blank13」で高橋一生演じる主人公の同僚

494

永野が、齊藤工監督映画「blank13」に出演している。

俳優の斎藤工が齊藤工名義で監督を務め、長編デビュー作として発表する「blank13」。主人公・コウジと借金を残したまま行方をくらませた父親との時間を追うヒューマンドラマで、映像配信サービス・ひかりTVにおいて4KおよびHD画質で今冬に配信される予定だ。

コウジが兄を通して再会した父親はがんに侵され、この世を去ってしまう。母と兄にとっては恨みしかないという父。告別式当日、コウジは参列者たちから母も兄も知らなかった父に関するさまざまなエピソードを聞き、13年間の空白を埋めていく。

早くから斎藤工に見出されていたことで知られる永野。自身のDVD作品「Ω」では「手から光を出す魚屋さん」に斎藤を登場させた。その後も斎藤考案の移動式映画館「cinema bird」にゲスト出演するなど交流を続けている。そんな永野の役はコウジの同僚。このほか、コウジを高橋一生が、その彼女を松岡茉優が、コウジの父親をリリー・フランキーが演じている。

なお本作のワールドプレミアは、3月2日(木)から6日(月)に北海道・夕張市で行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」にて。

お笑いナタリーをフォロー