お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

永野が「cinema bird」に参加、斎藤工出演「手から光を出す魚屋さん」お披露目

421

5月14日と15日に移動式映画館「cinema bird in OITA」が大分・明尊寺で実施され、永野が14日にお笑いライブを展開した。

これは斎藤工が映画館のない地域に映画作品を届けようと発案した「cinema bird」の第3弾。斎藤自身が選んだ芸人やアーティストが登場し、「小さな世界はワンダーランド」「くちびるに歌を」「エール!」といった映画、鉄拳の「振り子」などの上映以外でも来場者を楽しませた。

斎藤は早くから永野のファンを公言していることで知られ、5月18日に発売される永野のDVD「Ω」では永野のネタをストーリー仕立てに映像化した「手から光を出す魚屋さん」に友情出演している。イベントではこの「手から光を出す魚屋さん」がお披露目されたほか、永野がラッセンやイワシのネタ、「クマさん応援大会」などを繰り広げた。

大分を気に入った様子の永野は「六本木よりも大分がいい」とコメント。映画好きとあって「DVDやテレビで映画を観ることを否定はしないけど、映画館で観ると残る。しかも『cinema bird』は子供に子供向け映画を見せないところが素晴らしい。僕も10歳の頃、兄に『タクシードライバー』を見せられて、そのときはわからなかったけれど心に刻まれて、その後何回も観ています」と自身の思い出を交えて語り、「今後の『cinema bird』も全部出たいです」と述べた。

お笑いナタリーをフォロー