お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ドキュメンタル試写会でくっきーや天竺川原らボケ合戦、松本「しんどい」

342

トーク中の松本人志。

トーク中の松本人志。

本日11月30日、松本人志らが出演する映像作品「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」の完成披露試写会が都内で実施された。

Amazonプライム・ビデオで本日より第1話が配信されている「ドキュメンタル」は、個性豊かな芸人10名による“密室笑わせ合いサバイバル”の様子を収めるドキュメンタリー。イベントでは松本のほか、サバイバルの参加者である宮川大輔FUJIWARA藤本、野性爆弾くっきー、東京ダイナマイト・ハチミツ二郎、とろサーモン久保田、マテンロウ・アントニー、天竺鼠・川原、ジミー大西が本編の一部を観賞したあと、トークセッションを行った。

冒頭の挨拶では、松本が完成した作品について「現場とはまた違う面白さがありましたね」とコメント。「なかなか続きが楽しみな感じがしましたので、皆さんもぜひ観ていただければ」と呼びかける。続くジミー大西は「この企画は参加費が100万円だったんで、100万円出して参加したんですけど、この前、エロサイト見過ぎて40万円の請求がきました」と語り、藤本から「何を見てるんですか! 何歳なんですか!」とツッコまれた。

くっきーは「今回は本当にいい配役いただいて。先生のもとに集まって不良を更生さす……」と意味不明な内容を話し始め、ザワつく周囲に対して「え、これ実写版『GTO ザ・ムービー』ちゃうんすか?」ととぼけた表情を見せる。またハチミツ二郎は「テレビが面白くなくなったなんて言われる。でも『満点☆青空レストラン』を筆頭に面白い番組はいっぱいあります。『ドキュメンタル』は、それよりもさらに面白い番組を見たいなっていう人が飛びつけられるようなものになってます」と胸を張るが、急に自身のレギュラー番組の名前を挙げられた宮川は小さな声でしきりに「ビックリした……」とつぶやいていた。

天竺鼠・川原は開口一番「どうもー、オール阪神・巨人の巨人でーす。阪神くん見てるかー?」と嘘発言。その後も「メンバーを見てもらったらわかる通り、僕は今回唯一の女性芸人」「ちょっと前髪切りすぎちゃったんですけど」とボケ続け、笑いっぱなしの松本はしきりに「しんどい……」と言いながら涙をぬぐう。

登壇者たちが「ドキュメンタル」に参加した感想を述べていく場面では、藤本が「一番の強敵はジミーさんでした」と回想。ジミーは「みんなが僕を潰しにかかってきたことは確かです」と語り、宮川は「参加者たちは現場で初めて顔を合わせるんですけど、ジミーさんが入ってきたときの『怪物来たー!』みたいなみんなの顔を見てほしい」とコメントした。

続いてくっきーは自分の口が臭いからという理由で、口元を隠しながら小声で感想を語る。周りから「それやめろや!」「殴るぞ!」とツッコまれると、「殴ってみいや! 固いど! 首固いど!」と応戦。早くマイクを置くように指示されると「なんでや! 今、首の固さ説明してんねん。俺の好きなことしゃべってええ時間ちゃうんかい! 首めちゃめちゃ固いねん!」と悪態をつき続け、全員にマイクが回ることなくイベントの終了時間に。くっきーは周りから大きなブーイングを浴びていた。

イベントの最後には、アマゾンジャパン合同会社のジェームズ・ファレル氏が「すでに『ドキュメンタル』シーズン2に向けて動き出している。あとは松本さん次第」とサプライズ発表。松本は「やっていいんですか!? 僕は第2弾やりますよ!」と今後のシリーズ化に前向きな姿勢を見せた。

お笑いナタリーをフォロー