お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バイきんぐ小峠、CMで警察官役もドッキリ疑う「泥棒の役とかしか来なかった」

92

炭酸飲料「オランジーナ」の新CM発表会に登壇したバイきんぐ小峠(前列左端)。

炭酸飲料「オランジーナ」の新CM発表会に登壇したバイきんぐ小峠(前列左端)。

サントリー食品インターナショナル株式会社の炭酸飲料「オランジーナ」の新テレビCM「先生登場篇」に、バイきんぐ小峠が警察官役で出演する。

この新CMは、パッケージがリニューアルされた「オランジーナ」が5月24日(火)に全国で発売されるのに伴い、同日より「人として篇」とあわせてオンエア。小峠のほか、木村文乃が英語教師役、佐藤二朗が体育教師役、フランス人女優のサロメ・デ・マートが主人公の「オランジーナ先生」として音楽教師役で出演する。

本日5月16日に都内にて新CM発表会が開催され、小峠らキャスト陣が登壇した。「ドラマで泥棒の役とかしか来なかった」という小峠は、CMの見どころを「警官役でCMのオファーが来るなんてドッキリじゃないかと思いながら撮影に挑んでいた僕の表情に注目してほしい」とコメント。なお小峠は「先生登場篇」でフランス語のセリフを披露している。

イベント中に小峠は「僕と付き合って下さい」という意味のフランス語をどちらが上手く言えるのか、佐藤と対決したものの、佐藤が勝利してオランジーナで乾杯することに。小峠は「CMに出ているのに乾杯できないなんて、なんて日だ!」と嘆く。さらに小峠はサロメへ「日本は侍とかが有名だけど僕の出身地、福岡のヤンキーを見せてあげたい」「単車で後ろに乗せてドライブしたい」などと熱烈にアピールしたが、サロメに「面白い人物」と淡々と返されていた。

お笑いナタリーをフォロー