お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

芋洗坂係長が映画「ズートピア」でタヌキ役、ディズニーの熱烈オファーで

318

4月23日(土)に全国公開されるディズニー映画「ズートピア」日本版で、芋洗坂係長が声優を務めることがわかった。

芋洗坂係長が演じるのは、ニュースキャスターのタヌキ「マイケル・狸山(たぬやま)」。このニュースキャスターは、作品が公開される地域によって動物の種類が変わるご当地キャラクターで、中国ではパンダ、オーストラリアではコアラとして登場する。

日本の典型的なサラリーマンをイメージしたマイケル・狸山のルックスにそっくりだったことから、ディズニーの熱烈なオファーを受けた芋洗坂係長。狸山と自身の酷似ぶりについて「これは自分がモデルになったんじゃないかと思うくらい似ていました」と語る。一方で「キャラクターの空気感に声を合わせなきゃいけないというのがすごく難しいところでした」とアフレコでの苦労も明かした。

監督であるバイロン・ハワードとリッチ・ムーアは狸山について「日本特有のキャラクターを探しているときに、ちょっといたずら好きでずる賢く、それでいて茶目っけがあり頭のいい不思議な雰囲気を持つ動物を見つけ、それがタヌキでした」とコメント。また「素晴らしい方が声をあててくれました」と芋洗坂係長を称賛している。

「ズートピア」はユニークな動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー作品。主人公のウサギ・ジュディ役を上戸彩が務め、彼女の同僚のチーター・クロウハウザー役をサバンナ高橋が演じるのは既報の通りだ。

お笑いナタリーをフォロー