お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

宮迫が映画「スキャナー」舞台挨拶に登壇、野村萬斎の印象は“変な人”

74

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」完成披露舞台挨拶より、左から野村萬斎、宮迫博之、杉咲花、ちすん、古沢良太。

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」完成披露舞台挨拶より、左から野村萬斎、宮迫博之、杉咲花、ちすん、古沢良太。

昨日3月27日、雨上がり決死隊・宮迫が出演する映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の完成披露舞台挨拶が都内で行われた。

この映画は、人々が物や場所に残した記憶“残留思念”を読み取れる男・仙石和彦(野村萬斎)が、とある失踪事件の謎に迫るミステリー作品。宮迫は和彦が以前に組んでいた漫才コンビ・マイティーズ時代の相方であるマイティ丸山を演じている。舞台挨拶には宮迫や萬斎のほか、安田章大(関ジャニ∞)、杉咲花木村文乃ちすん高畑淳子らキャスト陣、脚本の古沢良太、監督の金子修介が出席した。

イベント冒頭では、「宮迫です!」とおなじみの挨拶をした宮迫が「今日いらしたお客さんが関ジャニ∞のファンじゃないことを祈ります」と語ると、安田が「安田です!」と宮迫のギャグをマネして会場を沸かす。これに対して宮迫は「本家より『キャー』とか言われるな!」とツッコむが、ほかのキャスト陣たちも「杉咲です!」「高畑です!」と安田に続いていた。

萬斎との共演について宮迫は「変な人でしたねえ。狂言師と聞くとお堅い人なのかなとイメージを持っていたら、すごくしゃべるんですよ。『漫才師役をやるんだ。ちなみに、僕は萬斎!』とか言い出すしね」とコメント。また「2人の言い合いのシーンでは、(萬斎が)思わず声が張ってしまうそうで注意されていたんですが、そんな注意されることあるんだってなんか面白かったです」と撮影時を振り返る。

特殊能力を題材とした映画にちなみ、司会からは「今欲しい能力は?」との質問も。これに対し宮迫は「僕、実は軽い特殊能力があるんですよ。家の玄関のドアを開けるでしょ。そのドアの重さで、妻の機嫌がわかるんです。ほぼ9割は当たります。だからいらないです」とプライベートでの出来事をネタにして、会場の笑いを誘っていた。

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」は4月29日(金・祝)より全国ロードショー。

お笑いナタリーをフォロー