トレンディエンジェル斎藤「価値観変えていかなきゃ」NSC東京で特別授業

140

本日2月11日、東京・NSC(吉本総合芸能学院)東京にて、トレンディエンジェルがNSC現役生に対して特別授業を展開した。

NSC東京で特別授業を行ったトレンディエンジェル。

NSC東京で特別授業を行ったトレンディエンジェル。

大きなサイズで見る(全6件)

「M-1グランプリ2015」優勝を手土産にNSC東京を訪れたトレエンの2人も、NSC東京校の10期生。芸人を志したきっかけや芸人としての心構えなどをテーマに、母校の後輩たちへアドバイスやエールを送った。

現役のNSC生の質問に答えるトレンディエンジェル。

現役のNSC生の質問に答えるトレンディエンジェル。[拡大]

とりわけ斎藤の弁舌が熱を帯び、芸人としてやりたいことと売れることのせめぎあいについて「僕はもともとラーメンズやバナナマンのようなコント師になりたかった。だけどハゲネタのほうがウケる。同期のオリエンタルラジオに勝ちたいと思いながらやってきて、彼らが苦手な部分をやろうとした」と自身の経験を振り返る。たかしも「特技を生かすとキャラが見つかる。芸人と一緒にいたら面白いことが起きる」と芸人としての生活を語った。

相方たかしのNSC入学願書の写真を手に授業を展開する、トレンディエンジェル斎藤。

相方たかしのNSC入学願書の写真を手に授業を展開する、トレンディエンジェル斎藤。[拡大]

2人が生徒の質問に答えるコーナーでは、斎藤が「決め付けるのはダメよ。価値観を変えていかなきゃ……」と天を仰ぎながらつぶやき生徒の笑いを誘う場面も。そのほか斎藤は「相方は自分を映す鏡」「ハゲは先輩ホイホイ」「頭は口ほどに物を言う」「テイクイットイージーが漫才のテーマ」と独自の理論を連発。授業の最後には「賞レースの勝ち方だけ教えますね」と切り出し、「劇場ごとにチューナーを養ってほしい」と「M-1」王者ならではの極意を後輩たちへ伝えた。

この記事の画像(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

トレンディエンジェルのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 トレンディエンジェル の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。