“大阪のぱるる”海原はるか、AKB48ぱるるに髪吹かれ「光栄なことでっせ」

172

中田秀夫監督のホラー映画「劇場霊」のイベントが本日11月17日に大阪・109シネマズ大阪エキスポシティにて行われ、中田監督と主演の島崎遥香(AKB48)のほか、海原はるか・かなたがゲスト出演した。

島崎遥香(中央)に髪を吹かれる、海原はるか・かなたのはるか(右)と、かなた(左)。

島崎遥香(中央)に髪を吹かれる、海原はるか・かなたのはるか(右)と、かなた(左)。

大きなサイズで見る(全3件)

(左から)海原はるか・かなた、島崎遥香、中田秀夫監督。

(左から)海原はるか・かなた、島崎遥香、中田秀夫監督。

このイベントでは、かなたが「こんな機会も滅多にないと思うから、ぱるるちゃん、いっぺん吹いてみます? この髪」と島崎に尋ね、はるかも「やってちょうだい! これは光栄なことでっせ!」と息巻いたことから、髪の毛を用いた2人のおなじみの芸が島崎を交えて披露されることに。ぱるるの愛称で知られる島崎が、同じくはるかの名を持つ自称“大阪のぱるる”ことはるかの髪を吹いてみせた。

最初は髪がうまく舞い上がらず、はるかは「ぱるるちゃん、耳の穴に吹きかけちゃダメ」と戸惑っていたものの、やがて島崎は、はるかの髪を舞い上げることに成功する。これを受けて、はるかは「これは映画の大ヒット間違いなしですね!」と喜んでみせ、かなたもそんなはるかの様子に「ほんまもんの幽霊みたいになっとるやないか!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

(左から)中田秀夫監督、島崎遥香、海原はるか・かなた。

(左から)中田秀夫監督、島崎遥香、海原はるか・かなた。

今週11月21日(土)に全国公開されるこの「劇場霊」を、はるか・かなたはイベント前に4DXで鑑賞しており、はるかは「人形があれだけ並ぶと恐怖感になるんですね。その恐怖感が後半につながり、だんだん強くなる」とコメント。かなたは「今の4DXはすごいですね。怖い、というものと座席が動いたりするのがマッチしてよかった。あと監督、私、ラストシーンがすばらしかったと思います!」と中田監督に訴えた。

この記事の画像(全3件)

リンク

関連記事