お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

TKO木本が朝ドラ「スカーレット」出演、戸田恵梨香演じる主人公を癒やす“変人”

79

TKO木本が今年9月30日(月)に放送開始される連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合)に出演することが発表された。

朝ドラ101作目となる本作では戸田恵梨香が主演を務め、1937年に大阪で生まれ、やがて男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む川原喜美子が失敗や挫折にめげずに周囲の人々と絆を深めながら生きていくさまを描くもの。木本は喜美子が働く大阪の下宿屋に住む男、 田中雄太郎を演じる。

田中は市役所勤めを辞めてしまい、下宿代を滞納しながらもめったに自室から出てこない“変人”。実は映画俳優に憧れており、端役に挑戦を続けている。すっとぼけた物言いで喜美子に癒しを与えるような存在だ。木本は撮影に向けて「いまだ日々到達の見えないリアルな自分の気持ちを落とし込んで、すばらしい俳優の皆さんの足手まといにならないようにがんばりたいと思います!」と意気込んでいる。

このほか、NHKの広報サイトではジョビジョバのマギーイッセー尾形、西川貴教ら追加キャストが明らかになった。

TKO木本 コメント

出演が決まったと聞いたときはうれしくてうれしくて誰かに言いたくて、でも誰にも言えなくて……誰もいないトイレで渾身のガッツポーズをしました。何者でもない人間が夢を追いかけるという部分が唯一の共通点であり、もっとも感情移入しやすいポイントです。いまだ日々到達の見えないリアルな自分の気持ちを落とし込んで、すばらしい俳優の皆さんの足手まといにならないようにがんばりたいと思います!

お笑いナタリーをフォロー