お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

おっぱいが隠れ身の術、鳥居みゆき「虎影」舞台挨拶で忍者ジョーク連発

356

左から、西村喜廣監督、鳥居みゆき、斎藤工。

左から、西村喜廣監督、鳥居みゆき、斎藤工。

映画「虎影」に出演する鳥居みゆき斎藤工、監督の西村喜廣が本日7月4日、東京・新宿武蔵野館で行われたヒット記念イベントに登壇した。

本作は戦国時代を舞台に、かつて“最強の男”と呼ばれた虎影が家族を守るべく戦う忍者アクション。鳥居みゆきはくノ一で、普段は冷静沈着だがキレやすい一面もある夜馬(ようま)役を演じている。舞台挨拶には本日が初登場とあって張り切って臨んだ鳥居。「家から忍び足で来ました」と開口一番、忍者ジョークで盛り上げた。

鳥居が共演の斎藤工について「すごく気を遣ってくれた。私がなじめてないんじゃないかと、クラスで『この子仲間に入れてあげて』みたいな、そういうふうに扱ってくれて……ちょっと惨めでした」とすねてみせると、斎藤は「放っておけばよかった」と苦笑い。さらに鳥居は顔合わせの際に斎藤がおやつのギンナンを剥いてくれたエピソードを紹介し、「『私のギンナンを剥いた斎藤工』ってこのフレーズ、エロいな」とニヤけ、独自のペースでトークを展開させる。

また西村組の雰囲気を問われ、「すごいの!(私のことを)家族って言ってくれたの。愛がすごい溢れてます」と答えたかと思えば、「こんな愛のあるところに飛び込む勇気がなくて困った」「LINEのグループもすぐに退会した」などと急旋回。「エロさを出したい」と期待する監督に応えられる自信が、「おっぱいが隠れ身の術使ってた」とすぐに打ち砕かれたことを明かして笑わせる場面もあった。

最後は「続編がもしあれば、ドローンで空撮とかしたら楽しいんじゃないかなと思います。ここらへんでドロンさせていただきます」と締め、「うまー!」と自画自賛。フォトセッション時には監督の頭をなで回し、その皮脂で自分のヘアスタイルを直すなど、終始会場を引っかき回して楽しませていた。

お笑いナタリーをフォロー