お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「歌ネタ王決定戦2015」に8.6秒が参戦、ラッスン封印新ネタで勝負

94

今年で3回目となるお笑い賞レース「歌ネタ王決定戦2015」の開催が決定。本日4月24日に行われた発表記者会見にはMCを務める小籔千豊と、前年度のファイナリスト・レイザーラモンRGが登場した。

小籔は「歌ネタ王決定戦」開催にあたり「優勝した人が芸人としてのキャリアを積めるようなものでありたいし、優勝した人が活躍してほしいと思っています」とコメント。また「昨年はえげつないぐらい(場を)つなぐアクシデントがありました。毎回ミスがある賞レースというのも、ある意味面白いと思う」と振りかえった。

さらに会見ではリズムネタでブレイク中の8.6秒バズーカーがVTRで参戦を表明。「僕らのための賞レース」だと言い切る8.6秒バズーカーは「『歌ネタ王決定戦』ではラッスンゴレライをやりません! 新ネタで勝負したいと思います」と宣言した。同じくリズムネタ「ダンソン」で人気を集めたバンビーノは生電話で出演。小籔が「優勝するためには2ネタ披露する必要があるが、歌ネタは2個あるの?」と聞くと、バンビーノは「ネタはまだないですけど、もしウケてないなと思ったらダンソンに切り替えます! 2年連続準決勝止まりなので、今年こそがんばりたい」と意気込んだ。

そんな中、昨年のファイナリストであるRGが佐野元春に扮して乱入。「ラッスンゴレライを佐野元春が朗読する」という謎のネタを披露し、会場は爆笑に包まれた。RGは「歌ネタ王は複数回応募できるし、誰とでもユニットを組んで応募できるのがいいところ。今回もさまざまなユニットを駆使して何か1つだけでも決勝に進めるようにしたいと思います!」と佐野元春ふうに語った。

今大会の参加資格はプロ、アマ、キャリア、所属事務所など一切不問。1次予選にはPC、スマートフォンからの動画投稿で誰でも複数回のエントリーが可能だ。エントリーは本日4月24日から6月30日(火)18時まで番組サイト内で受け付けている。なお決勝の模様はMBS毎日放送にて9月に生放送。MCは今年も小籔千豊とフットボールアワー後藤が務める。

お笑いナタリーをフォロー