お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

ヨイショマンが市長をヨイショ~!大宮セブンがさいたま観光大使に就任

162

さいたま観光大使に任命された大宮セブンとさいたま市長・清水勇人氏(中央)。

さいたま観光大使に任命された大宮セブンとさいたま市長・清水勇人氏(中央)。

犬の心サカイストブロードキャスト!!マヂカルラブリーえんにちGAG少年楽団、タモンズからなる「大宮セブン」がさいたま観光大使に選任された。この任命を記念した委嘱式が昨日2月25日、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場にて行われ、大宮セブンメンバーが意気込みを語っている。

大宮セブンはさいたま市を盛り上げるために結成された、大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動する芸人7組のチーム。埼玉県住みます芸人・天狗の進行のもと執り行われた委嘱式では、さいたま市長・清水勇人氏から大宮セブンのリーダー・犬の心に委嘱状が手渡されたほか、メンバー全員に観光大使のタスキが掛けられた。

そんな中、GAG少年楽団・福井が突然腹痛を訴えてステージを降壇。しばらくすると入れ替わりに、どんな場面でも盛り上げてくれるヒーロー・ヨイショマンが登場する。ヨイショマンが必殺技である「ヨ」「イ」「ショ」の頭文字で作るあいうえお作文を繰り出し、「“よ”く言われると思うけどさー、“い”まのさいたま市をさー、“しょ”って立つのにふさわしい人物だと思うよ! ヨイショ~!」と清水市長を見事にヨイショすると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。そのほか大宮セブンが「盆栽」や「うなぎ」などさいたま市の名物をテーマにしたネタを披露するコーナーも。

イベント後に行われた囲み取材で、今後どのような活動で埼玉を盛り上げていきたいかを尋ねられた犬の心・押見は「たとえば埼玉の企業とコラボしてグッズを作ったりですとか。すごく経済効果が生まれると思うんです。劇場もお客さんが足を運んでくれるようになるし、そういう相乗効果が出ればいい」とコメント。さらに大宮セブンキャプテンのサカイスト・デンペーが「埼玉ローカルのCMをやりたい」と語ると、ほかのメンバーも「それはいいね!」と盛り上がる。一方でヨイショマンが「『ヨイショマンのヒーローショー』を埼玉の幼稚園や小学校でやりたい」と話すと、「我が強いな!」と反感をかってしまうひと幕もあった。観光大使として特命を受けた大宮セブンは、果たしてこれからどのような展開を見せてくれるのか、さらなる活躍に期待しよう。

お笑いナタリーをフォロー