おしみんまる

初単独メモリーズ Vol.15 [バックナンバー]

おしみんまる「ファンのブログで蘇るほろ苦くて少し照れ臭い記憶」

1

141

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 76
  • 35 シェア

初めてのことに緊張や戸惑いはつきもの。期待に胸を膨らませて臨んだのに、想定外のハプニングに見舞われて大失態を犯してしまうこともある。そんな初々しい経験の中から「初単独ライブ」の記憶を掘り下げる「初単独メモリーズ」。今回は昨年6月に犬の心を解散し、ピン芸人に転身したおしみんまるに筆を執ってもらった。22年間、ユニットでの活動も含め精力的にコントライブを行っていた犬の心の初単独はどんなものだったのか?

/ おしみんまる

鼻息、がむしゃら、自分勝手

私「おしみんまる」は2020年6月22日まで「犬の心押見」でした。今回は「おしみんまる」ではなく、かつて存在した「犬の心」というコンビの初単独について書かせてもらいます。

…とはいえ、私の芸歴が現時点で「24年目」。「犬の心」としての活動が「22年半」です。

正直、お話をいただいた時点で、初単独をどこでいつやったのか? 初単独はそもそも何をしたのか? 記憶はほぼゼロでした。そこで調べみると、どうやら「犬の心」の初単独ライブは2006年2月19日、場所は新宿シアターモリエールだったようです。Wikipediaに書いてありました。

初単独の内容は、Wikipediaには書いてありませんでした。そこで更に調べると、ありがたいことに当時ライブに来られていた方のブログを見つけました。コントや全体の流れがざっくりと書かれたそのブログを読ませてもらい、少しずつ記憶が戻ってまいりました。

今回「自分たちの初単独ライブを書く」という仕事を、当時のお客様のブログを頼りに書かせていただきます。改めまして「元犬の心押見だった現おしみんまる」です。

「犬の心初単独ライブ~ババ~」。「ババ」というタイトルの由来は、単独ライブ以前から自分達が行っていたイベント「バ」から来てます。当時、自分たちの居場所を東京吉本において模索してた我々犬の心。そこで、自分達の「場所」を作ろうとしてはじめたライブが「場所」の「場」からとった「バ」。「バ」は後輩1組と犬の心がユニットコントを数本披露するライブでした。

そして、初単独ライブの話をいただいてタイトルをどうするかとなった時、割とすぐに「ババ」にしたと記憶しています。

その後、第2回単独ライブは「バババ」、第3回は「ババババ」と増えていき、最後は「ババババババ」までシリーズは続きました。

さて、初単独ライブの中身。記憶にはなかったのですが、先程話したブログを見たところコントを7本やっていたようです。コントの内容もざっくり書いてくださってるのですが、うっすら思い出せたものから全く覚えてないものまで様々です。 そしてうっすら思い出したものも、今考えたら若さ溢れる、言い換えたらわきの甘いネタだったと記憶しています。何故なら、いいネタだったとすればその後も他のライブで何度かやって記憶にもう少し残っているだろうから。

コントとコントの合間のブリッジも少し書かれていました。映像や音のみのブリッジから、舞台上で風船を踊らせた後に風船を破る…という、何を思ってそれをやったのか過去の自分を詰問したくなるものまで様々な事にチャレンジしてたようです。ブログの方も風船ブリッジについてこう書いてました「会場全体がぽかーん」と。

内容は記憶に乏しいですが、当時の意気込みは覚えています。
「俺たちのやりたい事を好きなだけやろう」
こんな感じでした。
自分達のやりたい事をやったんだと思います、そしておそらく当時はそれを見る「お客様」の事など考えてなかったんでしょう。当時のお客様が喜んでくれたのかどうかはわかりません、けどおそらくは自己満足に近いわがままなライブだったんだろうなと思います。「お客様に面白いものを見せる」とは思っていても、「お客様と一緒に面白いものを作る」という発想には至ってない事が容易に想像できます。

初単独ライブは、けっこう誰しもそんなもんな気がします。
「鼻息荒く、がむしゃら、でも自分勝手」
そんなもんです。

ブログをざっと読ませてもらって、コントやブリッジの内容は記憶が曖昧でしたけど、1つ記憶が鮮明に蘇った内容がありました。それはライブ終わりのエンドトーク。

私はそのトークの初めにこう言いました。
「今日は犬の心単独ライブ改め、山田花子トークライブ前夜祭にお越しいただきありがとうございます」…と。

私たちの単独ライブの翌日に同じ会場で、事務所の先輩である山田花子さんのトークライブがあるという情報を仕入れて、それをエンドトークで話したわけです。

この記憶だけは鮮明です。なぜなら、その日1番ウケたから。

犬の心の初単独はそういうライブだったんだな…と、ほろ苦くて少し照れ臭い記憶と共に。

おしみんまる

1998年1月、日本体育大学在学中に出会ったいけや賢二と犬の心を結成。「キングオブコント2014」ファイナリスト。元カリカ家城(マンボウやしろ)を中心とする「東京シュール5」、グランジ、ライスとの「できる7人」といったユニットでも精力的に活動した。コンビは2020年6月に解散。現在はピン芸人としてネタと企画のライブ「マンスリーおしみんまるSHOW」を毎月開催するほか、YouTubeチャンネル「おしみんまるチャンネル」を毎週火曜、金曜に更新している。

マンスリーおしみんまるSHOW

日時:2021年10月30日(土)16:45開場17:00開演 18:00終演
会場:東京・ヨシモト∞ドームI
料金:前売1800円 当日2100円 / 配信(GoTo対象価格)800円
アーカイブ配信は11月1日(月)12:00までチケット販売、17:00まで視聴可能。
<出演者>
おしみんまる / しずる村上 ほか

バックナンバー

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

【コラム】初単独メモリーズ
おしみんまる「鼻息、がむしゃら、自分勝手」
ファンのブログで蘇るほろ苦くて少し照れ臭い記憶
https://t.co/I2OGKzUWp5

#初単独メモリーズ #おしみんまる #犬の心

コメントを読む(1件)

関連記事

おしみんまるのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 おしみんまる / 犬の心 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。