マンボウやしろ脚本舞台「時代に流されろ!」で本多劇場にリベンジ

78

マンボウやしろ脚本・演出の舞台「時代に流されろ!」が3月27日(金)から東京・本多劇場で再演される。

マンボウやしろ

マンボウやしろ

大きなサイズで見る(全2件)

同舞台は2014年に東京・神保町花月にて上演。ピクニック、シューレスジョー、囲碁将棋、ボーイフレンド、ランパンプス寺内らやしろ劇団メンバーが、観る者の価値観を揺さぶるストーリーを見事に演じた。

お笑いナタリーでは主演の伊勢大貴と顔合わせイベントを行ったやしろにインタビューを敢行。初演からの変化や、再演にかける意気込みなどを聞いた。

マンボウやしろ コメント

──会場が本多劇場と聞いてどう思いましたか?

本多劇場には十数年前に1度立たせてもらったことがあったんですけど、準備が全然間に合わなくて、ものすごいコケ方をしたんです。トラウマになるぐらいスベりました。だから本多はリベンジっていうイメージですね。

──初演よりだいぶキャストが変わりましたが、脚本も変わりますか?

脚本全体の3割から4割ぐらいはセリフが変わると思います。今はまだ迷っていますけど、笑いの要素を結構削ろうかと。前回みたいに出演者が全員芸人で、よしもとの劇場でやらせてもらうんだったら笑いはどうしても入れなくちゃいけないものですけど、逆に言えばそこで時間を使っちゃってる部分もあって。お客さんにもっと話を伝えたいのであれば、その時間をなるべく物語のほうに使いたいという理由で、笑いの部分を削っていこうかなと思っています。

──作品のテーマがシリアスですが、笑いの要素を削ることに不安はありませんか?

そうですね。全体で観たら序盤に多少笑いがあったほうがいいのかなと思います。でも稽古をしてみないと僕が作る笑いが皆さんに合うかどうかもわからないので、笑いの量は稽古が始まってから考えます。声に出して笑うだけが「面白い」ではないと思うんですよ。僕、友達が運転する車に乗っていて交通事故に遭ったとき、驚きすぎて笑っちゃったんです(笑)。そういうのが理想というか、観てる方がなんかよくわからない気持ちになったりとか、価値観が急に変えられたりとか、びっくりしたりとか、そういう面白さをちゃんと追求したいと思います。

──俳優陣の中、唯一芸人で犬の心・押見さんが出演されていますが、どのようなことを期待していますか?

心のよりどころであり、何かあったら相談もしたいです。あと犬の心は笑いじゃない仕事とかもどんどんやっていったほうがいいだろうと、僕ら先輩の目線からは思ったりしていて。この舞台がきっかけでないにしても、犬の心が外に出ていくためにそういうことを重ねていく必要があるんじゃないかと会社の人と話をしていました。犬の心は優秀なので、もっといろんな人に見てもらえたらと思います。

──主演の伊勢大貴さんの印象はいかがですか?

うまくいくと思います! 見た目がカッコいいから誤解されやすいと思うんですけど、割と古風な方なのかなと。脚本も古風な人の価値観が壊されていくという話なので、この台本を使って伊勢さんの価値観を壊したいくらいの気持ちです。

──最後に意気込みをお願いします。

僕としても芸人をやりながら脚本を書くという仕事を、外の方たちと本格的にやらせてもらう一発目の勝負。この結果によっては自分の仕事のスタイルを見直さないといけないくらいの大きなところです。ここであまりにもダメだったら、もう1回お笑いを勉強し直そうと思います!

この記事の画像(全2件)

時代に流されろ!

日時:
2015年3月27日(金)18:30開場 19:00開演
2015年3月28日(土)13:30開場 14:00開演 / 17:30開場 18:00開演
2015年3月29日(日)12:30開場 13:00開演 / 16:30開場 17:00開演
会場:東京・本多劇場
脚本・演出:マンボウやしろ
出演:伊勢大貴 / 小林顕作 / 梨木智香 / 高橋明日香 / 河合龍之介 / 永野宗典 / 犬の心・押見 / 福田転球
料金:前売6000円 当日6500円(全席指定)
チケット:各プレイガイドで販売中。

全文を表示

関連記事

マンボウやしろのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 マンボウやしろ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。