WAGEも激励、手賀沼喜びの優勝コメント

128

昨日9月3日に生放送された「歌ネタ王決定戦2014」(MBS)にて手賀沼ジュンが優勝。喜びのコメントが到着した。

「歌ネタ王決定戦2014」で優勝した手賀沼ジュン。(c)MBS

「歌ネタ王決定戦2014」で優勝した手賀沼ジュン。(c)MBS

大きなサイズで見る(全2件)

2回目となった今回の「歌ネタ王」には、1次審査に1069組が参加。その中から大福、馬と魚、レイザーラモンRG&椿鬼奴AMEMIYAタブレット純インスタントジョンソン、手賀沼ジュン、すち子&真也の8組が決勝に進出した。

決勝予選では機器トラブルにより、手賀沼の出演順が入れ替わるハプニングが。それでも手賀沼が披露した回文ソングは600点満点中587点を獲得。最終ステージでは前回優勝者のすち子&真也を抑えて優勝を決めた。優勝が決まった瞬間の手賀沼は何が起こったのか信じられない様子で、すぐに言葉が出ず。優勝賞金300万円の使い道については「貯金します!」とコメント。「この喜びを誰に伝えたい?」と聞かれると、「……今ここにいる皆さんに!」と深々と頭を下げた。

放送後に行われた会見では「まだ今の状況をよくわかっていないんですよね。決勝進出したことでさえ今日、楽屋で待っているときにじわじわと実感しました。よくわかっていないけれども、ものすごいうれしいことが起こったということは体がわかっているというか、そんな感覚です」と感想。機器トラブルがあったことについては「あのトラブルによってできた時間のおかげでリラックスできました。あれがなかったらきっとネタの台詞を噛んだりして失敗していたと思います。順番が変わってしまい、すち子&真也さんたちには申し訳なかったです」と恐縮していた。

手賀沼はかつて小島よしおやかもめんたるとともにコントグループWAGEとして活動。彼らとのエピソードについて、「出場前に壮行会を開いてくれて、終わってからまた集まって飲もう、と話しました。『1位だったら優勝賞金でおごれ、最下位だったら罰としておごれ、それ以外の順位だったらおごってやる』と約束しました!」と語り、絆の深さをうかがわせた。

優勝賞金については生放送中に「貯金」と答えたが、「貯金と答えたのですが、若干スベっていましたね……。300万円で自主制作CDでも出そうと思います」と変更。今後の目標については「紅白に出場することが目標です!」と意気込みを見せた。

この記事の画像(全2件)

関連記事

すっちーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 すっちー / 椿鬼奴 / レイザーラモン / AMEMIYA / インスタントジョンソン / トニーフランク / タブレット純 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。