お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ザンゼンジ10公演耐久ライブ感謝のラストラン

89

昨日8月24日、東京・新宿バティオスにて「K-PRO一日10公演耐久LIVE~メインMC・ザンゼンジ!~」が行われた。

怒涛の怒涛の8公演とランチの4.5公演、そして心配に心配を重ねた単独ライブがようやく終了。これまで張りつめていた緊張感もすっかり解け、楽屋には多くの芸人たちが集まりお祭りムードとなった。

最後の公演「グランドフィナーレ&ザンゼンジトークショー」では、まず全ライブの前説を務めた芸人・キャモン西本に感謝を込めて、観客と一緒に乾杯。1公演目同様2人が椅子に座り、今度は逆にこれまでのライブを振り返った。7時30分のオープニングには「懐かしい!」と苦笑。「あんなに拍手されることはない」と改めて観客に感謝した。

その後はライブに出演した芸人が入れ替わり立ち替わり舞台に登場し一緒にトーク。ランチ公演については、どの公演にも呼ばれなかったウエストランド井口がここぞとばかりに登場し、自ら出演したランチ公演を「伝説の4.5公演!」と強調した。そこに、「トッパレ」の振り返りで登場するはずのエルシャラカーニ・セイワやスパローズ森田らが酔っぱらって乱入。大騒ぎとなりザンゼンジは「全然ライブを振り返れない!」と先輩たちの勢いに困り果てていた。

そこにK-PROの児島気奈代表も突如乱入。手にはザンゼンジがこのライブをするハメになったおなじみのくじ引きボックスが。お祭り騒ぎが打って変わって戦々恐々とする芸人たち。そんな彼らに児島は、このライブの成功を受けて「新たな前代未聞のライブをしたい」とにこやかに発表した。代表して三福が引いたクジに書かれていた名前はモグライダー。彼らの企画は今後決まり次第K-PROオフィシャルサイトにて発表される。

また、通し企画としてザンゼンジへの応援メッセージを撮影に行ったモグライダーは、げんしじん、TAIGA、キャプテン渡辺からの動画を自分のケータイで披露。到着が懸念された元ピテカントロプスの中村も無事到着し、ザンゼンジに富士山の水を届けた。

エンディングでは武田が「最後が一番疲れた」と苦笑、三福は「今日が東京に来て一番よかったって思った」とコメント。K-PROスタッフからは大型クラッカー、仲間たちからは胴上げで祝福され、15時間半に及ぶ「K-PRO一日10公演耐久LIVE」はようやく幕を閉じた。

すべての公演を終えた2人は「やってよかったなと思いました。クジを引いてもらって100%よかったと言える」(三福)、「こんな疲れ方はないし、こんな達成感もない」(武田)と感無量の様子。「泣くかも」と言っていた三福は「中村は今ライブも出られてないし、帰ってきたときは泣きそうになった」とうれしそうに思い返し、心配ばかりしていた武田も「浜口浜村の浜村さんが『単独見て泣きそうだ』って言ってくれて、それで泣きそうになった」と語った。

改めて感想を聞くと2人とも口を揃えて「友達ってみんないい奴だなと思った」と強調。「オープニングも来るかどうか自由だし、エンディングも来るかなって不安だったけど、友達のすごさについてわかりました。先輩もたくさん来てくださって本当にありがたい」と心から感謝した。さらに「お客さんも疲れたと思う。3公演目には笑わなくなるんじゃないかと思ってたんですが(笑)。あんなに盛り上がってくれて本当にありがたい」とこちらも大きな感謝。武田が「東京来てよかったー。7年やって一番の思い出」と言うと、三福も「この先何があるかわからないけど、確実に芸人やってよかったと思えること」と、この仕事の大きさを噛みしめた。

また、武田は「最後三福が『肩組んで出よう』って言ったときボケかと思って、恥ずかしいから『やんねーよ』って言ったら、『今日くらいはいいだろう』って(笑)」と恥ずかしそうに舞台袖のエピソードを告白し、さらに仲を深めた様子。三福は「いろいろ考えさせられました。体力についてとか。体力がある人達に全力で前に出られたら太刀打ちできない」と、芸人としての今後の課題についても学んだようだった。

最後に「他事務所の人達と一緒にできるのが何よりうれしい。K-PROはそこがすごい」「みんなに助けてもらってなんとかなった。助けてもらえる人じゃないといけない」と実感を込めて力強く語った2人。次回自分たちの後に大きなチャレンジをすることになったモグライダーには「人生で味わったことがない焦りや苦しみを味わってほしい(笑)」と言いつつ、「今日助けてもらったので力になりたい」と約束した。

このライブを企画したK-PRO児島は「ザンゼンジさんががんばってる姿を見てもらうことができてよかった。本当にやってよかったし刺激を受けた」と感想。「この10公演を経験したザンゼンジさんに注目してほしい」とメッセージを送った。モグライダーのライブについては「普通のライブにはならない。そこが楽しみ」とワクワクしている様子。今年2014年は怒涛の10周年ライブを続けているが、「お笑いライブに足を運んでもらう機会が増えれば。年末に向けても今いろいろ考えているところです」と語った。

ザンゼンジ、K-PROともに、これまで積み上げてきた力を集結させて前代未聞のライブを成し遂げることに成功。お笑い界の大きな糧になることを期待しよう。今後のライブや活動についてはそれぞれのオフィシャルサイトで確認を。

お笑いナタリーをフォロー