ザンゼンジ10公演耐久ライブ、単独ライブへ

67

昨日8月24日、東京・新宿バティオスにて、「K-PRO一日10公演耐久LIVE~メインMC・ザンゼンジ!~」が行われた。

「ザンゼンジのトッパレ」前の楽屋。

「ザンゼンジのトッパレ」前の楽屋。

大きなサイズで見る(全44件)

予想以上に多くの芸人たちが顔をのぞかせ賑やかに繰り広げられた前半4公演と、4.5公演。かなりの体力を消耗したザンゼンジが迎える5公演目は、彼らが「鬼門」と恐れるライブ「ザンゼンジのトッパレ」だった。やはり開演前から楽屋は大騒ぎで、スパローズがザンゼンジにしきりに金の質問を繰り出す。すでにオープニングでへとへとだったザンゼンジは、コーナーでもスパローズに絡まれ、MCにも関わらず罰ゲームを強要されるなど大惨事。そのスパローズはこの「トッパレ」特別編で見事に優勝をさらってしまった。

「友達になりたい芸人」1位2位にビックリするザンゼンジ。

「友達になりたい芸人」1位2位にビックリするザンゼンジ。

先輩芸人たちに圧倒された「トッパレ」のあとは、仲間たちとの「ザンゼンジ・ドドんモグライダーの6人のライブ(仮)」。ここでは「ザンゼンハーツ」と題して、K-PROが芸人たちにアンケートをとった「芸人からみて才能があるランキング」と「芸人からみて友達になりたいランキング」を発表した。「才能編」ではドドん石田が1位で、ザンゼンジがまさかの下位独占。「友達」編では逆に1位がザンゼンジ三福、2位がザンゼンジ武田となり、なんとかテンションを取り戻した。

「辛い!」と言いながら武田に服を着せるドリーマーズ坂本。

「辛い!」と言いながら武田に服を着せるドリーマーズ坂本。

「楽しかった」「気を使わなかったので疲れなかった」と気力を取り戻した2人だったが、K-PROからの試練のライブ「ザンゼンジのゲーム祭り」へ。ライブでは、三福チームのラブレターズ&ドドん、武田チームのドリーマーズ&モグライダーが対決。2人の体力を奪う目的のライブとあって、万歩計対決、負けると厚着など、内容は過酷なものばかり。ポンコツチームを率いてしまった武田がその憂き目に遭い、ドリーマーズ坂本は悔しそうに「ちくしょー! 俺が代わりたい!」と率先して武田に服を着せていた。

「6人のライブ」で得た活力もこれで再び消耗した2人は楽屋で「立ちたくない」とぐったり。しかし8公演目「ザンゼンジセレクションネタライブ」は2人が選んだオススメ芸人の登場とあって、うれしそうに1組ずつ紹介していった。合間のトークでは、それぞれ芸歴を確かめ合ったところ、ザンゼンジの大先輩疑惑が発覚。これに武田はいつもの子分キャラでかわし、三福は「みんな友達」と言い切った。

ザンゼンジの漫才。

ザンゼンジの漫才。

そしていよいよ2人が心配する「ザンゼンジソロライブ~ここにきての単独ライブ~」。楽屋では武田が「声が出ない。終わる気がしない」と心配するも、三福は「ついに。次をクリアすれば」と気合いを入れていた。新作漫才と新作コントは2人のキャラを存分に生かした単独ならではのネタで、観客はこれに大喜び。幕間には1週間前に撮影されたザンゼンジ自身からの励ましVTRのほか、多くの芸人たちから応援メッセージが送られる。エンディングでは、ザンゼンジがこのライブを行うきっかけとなった元ピテカントロプス大和田がVTRで謝罪した。また三福はすでに達成感にひたり始め、「俺ね、ちょっとまた単独ライブやりたくなった」と意気揚々。疲れ切った武田は満足げな表情ながらも「簡単ねえ、君」と笑いながら三福に呆れていた。

寄せられた花輪。

寄せられた花輪。

単独が終わり楽屋に戻ったザンゼンジは笑顔。武田は「本当に気が楽。これが辛かったんだなと実感しました」と安堵し、三福は「お客さんの愛を感じました。肉体的にはやる気なかったんですが、お客さんが持ち上げてくれた」と感謝した。

最後のライブ「グランドフィナーレ&ザンゼンジトークショー」は別途レポートする。

この記事の画像(全44件)

リンク

関連記事