お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

落語映画出演ゴリ、子役のなぞかけに感服「膝が震えます」

37

本日4月14日に東京・深川江戸資料館にて行われた板屋宏幸監督映画「もういちど」の製作発表会見に、キャストのガレッジセール・ゴリらが出席した。

本作は林家たい平がナビゲーターを務める「映画館落語」の第3弾。江戸時代末期の長屋を舞台にしており、深川佐賀町の町並みを再現した深川江戸資料館で撮影が行われている。主人公のたい平が演じるのは、流れ着いた先で出会った男の子・貞吉(福崎那由他)にひょんなことから落語の稽古をつけ始める落語家役。「私は落語に出会って人生が豊かになった。1人でも多くの人に落語に出会ってほしい」と同作の企画意図を語った。

会見ではメインキャストの福崎那由他、富田靖子、ゴリ、大野百花が役柄や見どころをそれぞれ解説。ゴリは「(たい平の落語を見て)技術っていうのは1日2日でできるものではない。1メートル先で観させてもらって贅沢な現場でした。落語を好きになる映画だと思うのでぜひとも観てほしい」と話したほか、「江戸にこんな毛の濃い人いない」とそば屋役の小倉久寛と毛深さを比べあったという撮影中のエピソードで笑わせた。

また同作に絡めたなぞかけを展開。ゴリは「松次郎(ゴリ)とおまさ(富田靖子)とかけて、私の故郷沖縄と解く。年中アツアツでございます」と答えて満足気だったが、子役の2人が「長屋の人情とかけて、ゲームセンターのもぐらたたきと解く。みんながポカポカしています」(大野)、「お菊(大野)の三味線のお稽古とかけて、蛇と解きます。どちらも飲み込みが早い」(福崎)と見事な回答を繰り出すと、「ホント最初でよかったですよ! 膝が震えます」と焦っていた。

映画「もういちど」は8月よりイオンシネマにて順次全国公開。

お笑いナタリーをフォロー