お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

結成1年フレンチブル、新人内さま大会優勝でキャンプ熱望

77

「新人内さまライブ チャンピオン大会」が昨日12月27日、東京・新宿明治安田生命ホールにて開催され、コンビ結成1年のフレンチブルが優勝した。

「新人内さまライブ」は、TOKYO MXやオフィシャルサイト「内さま.com」で放送、配信されている「内村さまぁ~ず」が、4月より実施してきた新人発掘ライブ。観客投票を行い、毎回優勝者を決定する。アンタッチャブル柴田、ナイツ土屋などの芸人がMCを務めてきたが、今回のチャンピオン大会では内村光良とさまぁ~ずがMCとして会場を盛り上げた。

出場したのは、これまでの優勝者や全回出場者などを含む、マザーしゃもじ、タイムボム、あばれる君シリフリ、ザ・ツイスターズ、フレンチブル、ぐりんぴーすわらふぢなるお、横浜ヨコハマ、メッツ、ザンゼンジ、アボカドランドリ、座敷ボウラー、マツモトクラブの15組。1組ずつネタを披露し、MCとのトークを繰り広げた。三村は「噛んだり忘れたりしないね」と若手の演技に感心。内村も「うちの相方、カミカミでした(笑)」と比較する。

タイムボム・ニックの強烈なキャラクターに圧倒されたのち、次の出場者を読み上げると「今のがあばれる君じゃないの?」とMC陣。続いてコントを熱演したあばれる君は、「自分は全然暴れないタイプです!」とアピールした。わらふぢなるおの狂気がかったコントに、内村は「まんまバナナマンがやってもいいなーと思ったけど、怖すぎる!」とコメント。若手による飛び抜けた発想のネタの数々に三村は「どっから考えたか知りたい」と感想を述べた。

審査は通常の「新人内さまライブ」同様、観客がステージに上がって、一番面白いと思ったコンビに直接投票。芸人たちは大声を上げて票を集める。結果は2位に20票近い差をつけ51票を獲得したフレンチブルが優勝し、「内村さまぁ~ず」出演権を獲得。彼らは抱き合って喜び、「めっちゃ嬉しいー!」と叫んだ。

ケイダッシュステージに所属して間もないフレンチブル。「新人内さまライブ」には10月に出場し、2位を獲得して以来の出場となった。三村は「大チャンスだけど、大ピンチになるかも」と冗談交じりに発破をかける。「一緒にキャンプに行きたい!」というフレンチブルだったが、「(自分の身体を指しながら)ここに30枚くらいの壁がある」(三村)、「キャンプとかめんどくさい」(大竹)とすぐに却下されていた。

「新人内さまライブ」シーズン2は2月にスタート。気になる人は「内さま.com」でチェックしよう。

お笑いナタリーをフォロー