吉本坂46「泣かせてくれよ」 PR

吉本坂46|河本準一×おばたのお兄さん アイドルとして語る ほかの坂道にないもの

吉本坂46が12月26日にメジャーデビューシングル「泣かせてくれよ」をリリースした。

乃木坂46、欅坂46に続く秋元康プロデュースの坂道シリーズ第3弾として2018年2月に始動した吉本坂46。東京ドーム公演と紅白歌合戦出場を目標に掲げた本格派アイドルを目指し、水着審査やダンス審査、秋元による面接と歌唱審査など約半年間にわたるオーディションを経て46名のメンバーが決定した。

音楽ナタリーでは吉本坂46デビュー曲の歌唱メンバーに選ばれた河本準一(次長課長)とおばたのお兄さんにインタビューを実施。アイドルになった感想や、水着審査オーディションにかけた思い、今後の意気込みなどを聞いた。

取材・文 / 鈴木身和 撮影 / 曽我美芽

河本準一(次長課長)
おばたのお兄さん

やっと嫁に追いついた

──吉本坂46のメジャーデビューおめでとうございます。まずはデビューシングルの選抜歌唱メンバーに選ばれた率直な感想を聞かせてください。

おばたのお兄さん 僕は小栗旬さんのモノマネや、山崎夕貴アナウンサーと結婚したというところで世間の方たちに認知してもらったんですけど、今回新たにアイドルという別角度から皆さんに知ってもらえる機会に恵まれてうれしいです。

河本準一 初めは選抜メンバーとかユニットとかアイドルグループの仕組みをよく理解していなかったんです。でも仕組みがわかってきて徐々に選抜メンバーとしての実感が湧いてきました。選抜メンバーはグループの顔ですから、全国の人に吉本坂46を知ってもらうという責任感が生まれましたね。それと僕の嫁は同じ吉本所属の元アイドルなので、ちょっと遅いですけどやっと嫁に追いついたかなと。家族内の僕の序列が今は犬と猫の下なので、嫁のCD売り上げ枚数を吉本坂が超えればちょっとは順位が繰り上がるんじゃないかと期待してます。

──周囲の反応はいかがですか?

おばた 奥さんは「アイドルの妻かあ」と言っていました(笑)。自分が出演する情報番組で夫を紹介できるのはうれしいらしくて、その機会が増えると喜んでくれています。

河本 「もうちょっと踊り勉強した方がええんちゃう?」とケツを叩いてくれる息子と娘に成長を感じました。

──注目しているメンバーやライバルはいますか?

河本 注目してほしいのは水玉れっぷう隊のケンさん。48歳で歌も歌えて踊りもできて芝居もできる。吉本坂のリーサルウェポンになる予感がします!

おばた 同期のガンバレルーヤとゆりやん(レトリィバァ)は意識しますね。このモンスター2組には今のところ完敗しているので、吉本坂での存在感はおばたのお兄さんの方が上だと言われるようにがんばりたいです!

河本 あと、この前営業に行ったら、新喜劇のメンバーにものすごいかわいい子がおったぞ。

おばた 小寺真理ちゃんですね。

河本 そうそう! 何、この子!?

おばた もともと「つぼみ」っていう吉本所属のアイドルグループにいて、辞めて新喜劇に入った子です。

河本 この子ヤバいぞ! 「お兄さんが出てるミュージックビデオ、カッコよかったですー」って話しかけられて3分で惚れてもうたわ。この子のCD予約殺到ちゃう? 握手会でも行列ができるよ。俺も並んでいい?

おばた いやいや、河本さんは握手されるほうですから!

河本 いや、俺なんて早よ終わんねん。

おばた まだわかんないですって。

河本 どう考えても八木(真澄)さん(サバンナ)と俺とたかし(トレンディエンジェル)とマサルコはやばい。握手会の列でマサルコに負けたら自分に罰を与えるわ。

おばた 光永さんもやばいですよ。伸びしろで言ったら一番跳ねそうなんですよね。非選抜メンバーなんですけど、ユニット1「RED」のMV「君の唇を離さない」の最初の方でバク転をパンパンパンと決めて振り返った顔がキュンとくるんですよ!

河本 光永ちゃんもかわいいよね。彼女のお父さんは雨上がり決死隊さんと同期の元ベイブルースの高山トモヒロさんなんです。高山イズムを継承してるから心臓が強い!「君の唇を離さない」はダンス審査の課題曲だったんですよ。当時はまだ歌詞は付いてなかったですけど、ヤバないですか? この速さの曲で僕らとか60代の(村上)ショージ師匠とかみんな踊ってますから。

左から河本準一(次長課長)、おばたのお兄さん。

吉本イズム自分の中にグッと入れた

──レコーディングは皆さんそろって行ったんですか?

河本 レコーディングは別々だったので、メンバーが全員そろったのはMV撮影のとき1回だけじゃないかな。しかもお芝居のパートも別々に撮ったから、全員一緒なのは閉園後の遊園地で撮影した数時間だけですね。

おばた ダンスの振り付けは撮影当日に変わった部分もあったので、全員が横1列に並ぶシーンはほとんどぶっつけでしたよ。

河本 お笑いってだいたい5分から10分のネタに全部を出し切るんです。テレビのネタ番組だとだいたい4分の間に笑いを取らなくちゃいけない。芸人にはその集中力があるから、やるってなったら集中力はめちゃくちゃすごいです。

──振り付けはコミカルな部分もあるんですけど、なぜかグッとくるものがありました。

河本 まさにそれで、グッとくるところを狙ってます。吉本坂にどっぷりハマっている感想だと思いますよ。

おばた 術中にハマってますね。

──デビュー曲「泣かせてくれよ」は秋元康さんの作詞です。大阪弁の歌詞ですが、歌ってみてどうでしたか?

河本 おばたとか関東出身の芸人が多いから、もしかしたら「どういうふうに歌ったらええのやろう」って思ったかもしれないですね。どう?

おばた センターの斎藤(司)さん(トレンディエンジェル)は神奈川出身だし、スパイクの小川(暖奈)さんも愛知出身で2人共関西弁じゃないですからね。でももしかしたら秋元先生の頭の中でこの曲が持つ哀愁を歌に乗せたとき、水玉れっぷう隊さんとかショージ師匠とかをイメージされてたのかなと思いました。吉本ってもともと大阪の会社ですから、吉本イズムを自分の中にグッと入れたら関西弁に違和感はなかったです。