音楽ナタリー Power Push - UROBOROS

完璧な音楽を求めて

ヘヴィメタル、ヴィジュアル系、アニメソングなどのシーンで活躍するスゴ腕のミュージシャン、クリエイターたちによる新プロジェクト・UROBOROSが、1stミニアルバム「ANOTHER ARK」でメジャーデビューを果たす。シンフォニックメタルバンドAsrielのコンポーザーとして活動していた黒瀬圭亮(Composer, Manipulate)を中心に、ミュージカルでも才能を発揮している上木彩矢(Vo)、BABYMETALの“神バンド”メンバーとしても知られる大村孝佳(G)などが参加。ヘヴィかつポップな楽曲とメンバーの高い演奏スキルに支えられたサウンドメイク、そして、上木の類まれな歌唱力が共存するUROBOROSの音楽は、シーンやジャンルを超えて支持を得る可能性を十分に秘めている。

今回音楽ナタリーでは黒瀬、上木にインタビューを実施。海外のマーケットを見据えながら、黒瀬が「自分たちにとっての完全な音楽を追求したい」と語るこのプロジェクトのコンセプトについて聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 塚原孝顕

 
mixiチェック

やるからには徹底的に

──UROBOROSには音楽的な実力とキャリアを備えたアーティストがそろい、デビュー前から大きな注目を集めています。まずはこのプロジェクトが始まった経緯を教えてもらえますか?

黒瀬圭亮(Composer, Manipulate)

黒瀬圭亮(Composer, Manipulate)まず、僕は以前やっていたAsrielというユニットが解散することになりまして。それを契機に自分の中で「音楽はやり尽くしたのか。もう自分にやれることはないのかな」と改めて考え直した結果、「いや、まだやりたいことがある」という思いがあったので、それを形にしてみようというところから始まっています。やるからには徹底的にやろうと思って。プロジェクトの世界観、メンバーのイメージを考えつつ、いくつか曲のデモを書いて、それをレコード会社や事務所にお話ししたら、いい感触をいただいたんですよね。

──そこから黒瀬さんの構想を具現化していった、と。

黒瀬 そうです。バンドを始めるに際して、まずリズム隊に関しては演奏の上手さだけではなく、音作りから自分でできるような方がいいなと思っていたんです。そこでまず、ドラムの笹渕(啓史 / ex. Plastic Tree)さんに声をかけさせてもらいました。笹渕さんとはもともと仲がよくて、演奏はもちろん、ドラムテックとしても活躍されているので、まさに適任だなと。次にお願いしたのが、ベースの中村泰造さん(cune)。cuneでのプレイはもちろん、その前にやっていたバンドの頃から知っていましたし、笹渕さんとも相性がよく、僕も彼のプレイが好きなので、ぜひ参加してほしいと思ったんです。そしてギタリストは、最近はBABYMETALのバンドメンバーでもある大村孝佳さん。C4というプロジェクトでの音も素晴らしいですし、演奏している姿も華やかですからね。自分の曲をパフォーマンスしてもらうなら、この方しかいないと思ってお願いしたところ、快諾していただきまして。

──まさにスーパーバンドですよね。ボーカリストに関しては?

黒瀬 ボーカルに対しては、こちらの要求もすごく高かったんです。相当レベルの高いボーカリストでなければ、このメンバーが作り出すサウンドに負けてしまいますから。

上木彩矢(Vo) ……(黒瀬を見ながら微笑む)。

黒瀬 条件としては、大前提として歌唱力が高いこと。パワフルで、低音が強く出せて、さらに表現力も必要です。いろいろと探していく中で上木彩矢の名前が挙がってきたのですが、以前からアーティストとしての彼女の活動は知っていましたし、舞台の経験もあって、表現力も非常に高かったんですよ。僕がやろうと思っていた音楽とのハマりも絶対にいいし、これは間違いないなと思い、参加していただくことになりました。

上木 サンキュー!

──(笑)。黒瀬さんからオファーがあったとき、上木さんはどう思いましたか?

上木彩矢(Vo)

上木 そのときも確か舞台中だったんですけど、ふたつ返事で「やります!」って言いました。そのあとすぐにデモを数曲聴かせていただいたんですが、どれも本当によくて、さらに「やらせてください!」という感じになって。私、3年くらいCDも出してなかったし、音楽活動を休止している状態だったんです。そろそろ音楽をやりたいと思い始めた時期だったし、タイミングもすごくよくて。

──上木さんにとっても絶好の機会だったわけですね。

上木 音楽活動をやっていないときは、かなりヤサぐれてましたから(笑)。「売れるってどういうこと?」みたいな感じで、グチグチ言ってた時期もあったし。いろんなことを考えてましたけど、結局、自分から動かないと何も始まらないんですよね。今振り返ってみると「レコード会社の人たちにすごく支えられてたんだな」って思うし、いろいろと気付かせてもらった3年間でした。そういう意味でも、このプロジェクトとの出会いは運命的だと思います。本来の自分を取り戻させてもらったというか。

完璧な音楽を作りたい

──バンド名でもある「UROBOROS」は、蛇が自分の尾を噛んでいる図案を指す言葉ですよね。“完全性”を意味することでも知られていますが、これをプロジェクト名にしたのはどうしてですか?

黒瀬圭亮(Composer, Manipulate)

黒瀬 理由はいっぱいあるんですが、まずは「自分たちの理想を追求したい」ということですね。自分の中で完璧と思える音楽を作ってみたいっていう。UROBOROSは、僕が好きで影響を受けている錬金術とも関係が深いんです。錬金術はいろいろなものを掛け合わせて“真理を求める”学問なのですが、それはミュージシャンやクリエイターの才能と個性を合わせながら、完璧と思える楽曲を作ろうとすることに重なるんじゃないかなと。あとは言葉の響きもいいし、この図案もカッコいいじゃないですか。メタルな感じがして(笑)。

──確かにメタルっぽいかも(笑)。1stミニアルバム「ANOTHER ARK」のサウンドも、ヘヴィメタル、ヘヴィロックが軸になっている印象を受けました。そのあたりはメンバーの皆さんのルーツとも重なっているんでしょうか?

黒瀬 ルーツに関して言えば、僕個人は音楽的に雑食なんですよね、「このジャンルしか聴いてない」という感じではなく。もちろんヘヴィメタルはいろいろと聴いてきましたが、モータウン、ブラックミュージックも好きですし、J-POPも聴きますから。UROBOROSの楽曲を制作するうえで僕が大事にしているのは、メロディや曲の構成が完璧な音楽を求めるということなんです。

──特にTVアニメ「六花の勇者」のオープニング主題歌としてオンエアされているリードトラック「Black Swallowtail」は、“バンドの完璧な音楽を求める”という側面を強く押し出した曲ですよね。

黒瀬 タイアップのお話をいただいて、楽曲の構成もわかりやすくしましたし、サビもよりサビらしくしたんです。アニメの作品性にも寄せていますね。この曲はアニメの第2章のオープニング主題歌なんです。第1章のテーマソングは明るくてパワフルな楽曲だったのですが、第2章では仲間同士の疑惑が生まれるタームに入ってくるので、ただ明るくてカッコいい曲は違うなと。だからメロディにも妖しい雰囲気がありますし、サウンドも低音を生かしてるんですよね。

──高速のビートとメタリックなギターサウンドを軸にした「IGNIS」、壮大なバラードナンバー「十二夜」など、曲の幅も広い。

黒瀬 UROBOROSの表現の幅を出したいという意識もありました。例えば速い曲ばかりだと、マニアックな印象になってしまうじゃないですか。マニアックな部分もあっていいと思いますが、先ほども言ったように、やはり完璧な音楽を求めてということがテーマなので。

上木彩矢(Vo)

上木 でも、中心にあるエネルギーは1つだと思うんですよね。だからすごくまとまりがあるし、その上でいろんな雰囲気の曲を歌えるのは楽しいことなので。

黒瀬 そう、芯はハッキリしているんです。全体的にバラけてしまうと「どの曲が売りなの?」ということになってしまう。でも、バンドのサウンドはしっかりまとまっているし、メンバー同士で化学反応を起こしながら、1つ上のレベルで表現できてるんじゃないかなって。

ミニアルバム「ANOTHER ARK」 / 2015年9月9日発売 / ポニーキャニオン
初回限定盤 [CD+DVD] / 2700円 / PCCA-04255
通常盤 [CD] / 2160円 / PCCA-04256
CD収録曲
  1. ARK
  2. Black Swallowtail
  3. Red Moon
  4. GNIS
  5. 十二夜
  6. Luminous
初回限定盤DVD 収録内容
  • Black Swallowtail -Music Video-
  • Making of Black Swallowtail
  • 「ANOTHER ARK」Trailer
ニューシングル「Black Swallowtail」 / 2015年9月9日発売 / ポニーキャニオン
[CD] 1296円 / PCCA-04287
CD収録曲
  1. Black Swallowtail
  2. 「ANOTHER ARK」Digest
  3. Black Swallowtail (TV Edit)
  4. Black Swallowtail (Instrumental)
UROBOROS(ウロボロス)

UROBOROS

黒瀬圭亮(Composer, Manipulate / ex. Asriel)を中心に上木彩矢(Vo)、大村孝佳(G / C4、dCprG)、中村泰造(B / cune)、笹渕啓史(Dr / ex. Plastic Tree)の計5人からなるバンド。バンド名は“己の尾を噛んで環となった蛇”を図案化した、「完全性」を意味するシンボルになぞらえて命名された。TVアニメ「六花の勇者」の第2章オープニング主題歌として「Black Swallowtail」を提供。2015年9月9日にはミニアルバム「ANOTHER ARK」とリカットシングル「Black Swallowtail」を同時リリースし、ポニーキャニオンからメジャーデビューを果たす。