「SUNNY TRAIN REVUE」 PR

「SUNNY TRAIN REVUE」GRANRODEO × BOYS AND MEN|歴戦の本格派VS永遠の若手!? フェス目前に“未知との遭遇”

7月28日に北海道・いわみざわ公園野外音楽堂キタオンにて、ライブイベント「SUNNY TRAIN REVUE 2018~テレビがフェスつくっちゃいました!」が開催される。

STV札幌テレビ放送の主催で行われるこのイベントには、「テレビ局がフェスを作ったらどうなるのか!?」というテーマのもと、氣志團、GRANRODEO、ゴールデンボンバー、けやき坂46、C&K、超特急、DJダイノジ、ベリーグッドマン、BOYS AND MEN、こぶしたかし(レイザーラモンRG)など個性豊かなアーティストたちが集結。1日限りの豪華な競演を披露する。

音楽ナタリーではイベント開催を前に、2回にわたって出演アーティストの対談特集を展開する。第2回にはGRANRODEOの2人と、BOYS AND MENから辻本達規、本田剛文が登場。取材当日が初対面ながら、2組は自身のライブのスタイルやフェスでのパフォーマンスをテーマに意気投合。まったく異なるライブスタイルを持つ両者が新鮮な驚き交じりに盛り上がった対談の様子を楽しんでほしい。

取材・文 / 三橋あずみ 撮影 / 草場雄介

雑草みたいな集団です!

左からe-ZUKA、KISHOW、本田剛文、辻本達規。

辻本達規(BOYS AND MEN) 初めまして、BOYS AND MENの辻本達規です! 担当カラーは赤です。

本田剛文(BOYS AND MEN) ピンク色担当の本田剛文です。今日はよろしくお願いします!

KISHOW(GRANRODEO) イメージカラーがちゃんとあるんだね。

本田 はい。メンバーが10人もいるので、色のバリエーションがもうないんですけど(笑)。

KISHOW 確かに「10色言ってみて」って聞かれたら言えないかも(笑)。

本田 緑と黄緑とか、微妙な差でわけてます(笑)。僕らBOYS AND MENはステージで歌って踊って……といった活動はもちろんなんですが、「名古屋の町おこしお兄さん」と自称させていただいていて。名古屋発信のエンタテインメントを作って届けていくぞっていう思いを持っています。「これやってくれ」って言われたことは全部やる、というスタンスで活動しております!

辻本 NGなしでいろんなことに体当たりで挑戦しています。

本田 彼はフルヌードデッサンモデルとかもやったことがあって。

e-ZUKA(GRANRODEO) 本当に!?

辻本 はい。女子率9割の場所で、野球のピッチャーのポーズでフルヌードになりました。

本田 そういう活動をしてます(笑)。

辻本 あと、江頭2:50さんと戦ったこともあります。

KISHOW ヤバいねえ!(笑)

辻本 とにかく雑草みたいな集団です!(笑)

GRANRODEO あはははは!(笑) そっかそっか。

KISHOW 若いからこそできるのかもしれないけど、すごいね。めちゃくちゃ応援したくなるな。

e-ZUKA みんな名古屋出身なの?

本田 東海地方ですね! 今はみんな名古屋に住んでいて、東京で仕事があるときも毎回名古屋から通っています。

KISHOW じゃあ、全員ドラゴンズファン?

BOYS AND MEN もちろん!

KISHOW ウソだよ!(笑) それは無理してるでしょ!

本田 いや、本当です! 僕らドラゴンズ戦中継のテーマソングも歌わせてもらっていますし。

辻本 ちなみに、今季は副音声解説の仕事で5回ナゴヤドームに行きましたが、全部勝ちました!

e-ZUKA へえー。それはすごいねえ。

ボイメン、脱ぎがちなんです

──2組は今日が初対面ということですが、ボイメンのお二人はGRANRODEOさんにどういうイメージをお持ちでしたか?

KISHOW と言うか、知ってました……?

BOYS AND MEN もちろんです!

本田 やっぱり僕らの世代的には「黒子のバスケ」のテーマソングですね!

辻本 あと、日程は被らないけど同じイベントに出ている、ということが何度かありまして。ずっとすれ違い状態だったんです。だから名前はいつも拝見していました。

e-ZUKA 僕もそう、同じだね。

──そんな2組が、今回「SUNNY TRAIN REVUE」では同じ日に同じステージに立つことになります。

辻本達規(BOYS AND MEN)

辻本 僕らがフェスに出るときって、9割型アウェイなんです。まだまだ駆け出しですし、皆さんに名前を知ってもらえていないという状況がすごく多いので、そういった意味ではいかに「あの子たち、うまくないけど一生懸命がんばってたね」とか、ちょっとでも心に残るようなことをできるかを考えながら戦いに行く感じですね。

本田 そうだね。あとフェスのときは“飛び道具”を仕込んでライブに臨むことが多くて……。

GRANRODEO はははははは!(笑)

辻本 普通に勝負するとなかなか勝てないからね!

本田 去年「氣志團万博」に出させていただいたときは、イリュージョンをやりました。

辻本 あと、だいたい僕がボディビルパンツ1枚で出ていきます。

本田 困ったら脱ぐ(笑)。

辻本 脱ぎがちなんです。

KISHOW まあ、それは基本中の基本だよな!

一同 あはははは!(笑)

本田 こいつ、体脂肪率4%なんで、バキバキにキレてるんですよ。

辻本 人に注目してもらうことをまず考えて。1つ爪跡か傷跡を残せたら、という思いがありますね(笑)。

本田 だから、フェスのときのほうが自分たちのライブより、荒々しいセットリストを組んでいると思います。

KISHOW 僕らにもそういう「爪跡を残そう」みたいな思いは多少あるけどね。アウェイ感はどのアーティストも感じると思うんだけど、あまり感じすぎないほうがいいんだろうなとは思ってるよ。みんな観てくれているわけだからそこはポジティブに捉えて、自分たちらしいパフォーマンスをしようかなという感じですね。て言うか、フェスってお客さんたちのほうが楽しそうだよね? “フェスガチ勢”みたいな方、いるじゃないですか。

本田 確かに。

KISHOW あのパワーは、俺にはないもんなあ。会場に来るまでの道のりだって楽じゃないと思うし、ホント「よく来てくれるな」って思うんですよ。

e-ZUKA あはは、そうだね。

KISHOW 来れば絶対楽しいんだけどさ、人もいっぱいいるから大変だよね。フェス好きな人たちのノリって、すごくうらやましいです。ホントにライブが好きなんだなって思うから、そういうお客さんに“あてられる”っていうのも「楽しまなきゃ損だな」と思う理由の1つかな。

辻本 帰りだって、汗びちょびちょになっているから大変ですよね。

KISHOW そうなんだよねえ。

知名度のある曲をやったほうが好まれる

──ちなみに、フェスでは「これをやっとけば間違いない!」といったようなパフォーマンスはありますか?

KISHOW 俺らはどうだろうね? やっぱり「黒子のバスケ」の曲になるのかな。

e-ZUKA(GRANRODEO)

e-ZUKA そうだね。お客さんが聴きたいと思ってくださっている曲を可能な限りやるようにする、っていうスタンスは、いろんな舞台を経験する中で学びましたね。昔は「とがったことしてやろう」と思って全然知られていないような曲をやって、しらけさせたりしたこともあったけどね。

KISHOW 比較的知名度のある曲をやったほうが好まれるっていうのは、やはりありますよね。

──ボイメンさんはさっき“飛び道具”を用意するといったお話もありましたけど……。

本田 飛び道具と体当たり。とにかく運動量で勝負ですね(笑)。ただ、今までで一番沸いたのは、「氣志團万博」で僕らの曲に氣志團の綾小路翔さんと早乙女光さんが来てくれたときなんで、よそ様の力をお借りしたときがピークだったんですけど……(笑)。

辻本 あ、でも僕、江頭さんと戦ったことによって……。

KISHOW 出てくる名前がいちいち面白いよ。いいなあ、その経歴(笑)。

辻本 そのすぐあとにイベントに出たとき、江頭さんの格好をして曲中に客席とかを暴れ回ったんです。で、最後に2階席くらいの高さのカメラ台に登って「ドゥーン!」って拳を突き上げたところに、後ろから水がファーッて噴き出して、後光が差してるような感じになったんですよ。あのときが、今までで一番気持ちよかったっす!

本田 あれは盛り上がったねえ(笑)。

KISHOW 「スポットライト集めてる!」みたいな感じ?(笑)

辻本 はい。ちょうど夕方くらいで、太陽の光がまたキレイで。

KISHOW ……とは言えみんな、もう10年近くやっているわけでしょう?

本田 そうですね、8年です。

KISHOW 俺ら、8年目のときはもうちょっと落ち着いてたぞ?

一同 あはははは!(笑)

辻本 すいません、いかんせん“持ち球”が少ないもんで!(笑)

KISHOW 俺ちょっとわかったけどさ、いつまでもあせない“若手感”みたいなものをいい意味で武器にしているよね!? 永遠の若手感と言うか。

辻本 8年もやってる感をなるべく出さない!

KISHOW そうそう。そこポイントでしょう?(笑)

本田 偉い人には誰よりも真っ先にへりくだれる自信はあります。

KISHOW そういうところだよ(笑)。

STV創立60周年記念 TOKACHI presents SUNNY TRAIN REVUE 2018~テレビがフェスつくっちゃいました!
  • 2018年7月28日(土) 北海道 いわみざわ公園野外音楽堂キタオン
    OPEN / 11:00 START / 13:00

    出演者 氣志團 / GRANRODEO / けやき坂46 / ゴールデンボンバー / C&K / 超特急 / DJダイノジ / ベリーグッドマン / BOYS AND MEN / こぶしたかし(レイザーラモンRG)
    WELCOME ACT:BRIAN SHINSEKAI / sachi.
GRANRODEO(グランロデオ)
GRANRODEO
ボーカリストのKISHOW(谷山紀章)とギタリストのe-ZUKA(飯塚昌明)からなるユニット。2005年結成。同年11月、アニメ「IGPX」のオープニングテーマ「Go For It!」でデビュー。声優としても活躍するKISHOWの表現力豊かなハイトーンボーカルと、e-ZUKAによるハードロックマナーに則ったヘヴィでメロディアスな楽曲群で人気を博す。以来コンスタントにリリースを重ねる一方で、2010年には東京・日本武道館で結成5周年記念ライブを実施。その後も神奈川・横浜アリーナ、大阪・大阪城ホール、埼玉・さいたまスーパーアリーナなどホール、アリーナクラスでのワンマンライブを敢行し、「Animelo Summer Live」などの大型フェスではヘッドライナークラスのポジションを確立する。2018年7月にはTVアニメ「バキ」のオープニングテーマを表題曲とするシングル「BEASTFUL」を発売。12月には大阪・大阪城ホールにてワンマン2DAYSの開催が決定している。
GRANRODEO LIVE 2018 G13 ROCK☆SHOW
  • 2018年12月8日(土) 大阪府 大阪城ホール
  • 2018年12月9日(日) 大阪府 大阪城ホール
GRANRODEO「BEASTFUL」
2018年7月11日発売 / バンダイナムコアーツ
GRANRODEO「BEASTFUL」初回限定盤

[CD+Blu-ray]
2052円 / LACM-34772

Amazon.co.jp

GRANRODEO「BEASTFUL」通常盤

[CD]
1296円 / LACM-14772

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. BEASTFUL
  2. アサメシマエのヤサシイセカイ
  3. BEASTFUL (OFF VOCAL)
  4. アサメシマエのヤサシイセカイ (OFF VOCAL)
初回限定盤Blu-ray収録内容
  • BEASTFUL (Music Clip)
BOYS AND MEN(ボーイズアンドメン)
BOYS AND MEN
2010年に東海エリア出身・在住のメンバーで結成されたエンタテインメント集団。メンバーは水野勝、田中俊介、田村侑久、辻本達規、小林豊、本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗の10名。東海エリアを拠点に精力的な活動を重ね、歌やダンスのみならず、芝居やミュージカル、テレビやラジオなどのメディアでの活動にも幅広く取り組んでいる。2015年2月には愛知・日本ガイシホールで約1万人集客のライブを成功させ、大きな注目を集めた。2016年1月発売のシングル「BOYMEN NINJA」、2月発売のシングル「Wanna be!」では2作連続でオリコン週間シングルランキング初登場1位を獲得。同年8月にはメジャー移籍第1弾シングルとして「YAMATO☆Dancing」を発表する。さらに12月にはアルバム「威風堂々~B.M.C.A.~」をリリース。第58回日本レコード大賞の新人賞を受賞する。2017年1月には東京・日本武道館で初の単独公演を開催し、成功に収めた。8月にはMBS・TBS系ドラマ「マジで航海してます。」の主題歌を表題曲とするシングル「帆を上げろ!」をリリースし、12月にアルバム「友ありて・・」を発表する。2018年5月にはシングル「進化理論」を発売。2019年1月には愛知・ナゴヤドームでのワンマンライブ開催が決定している。
BOYS AND MEN 単独ライブ
  • 2019年1月14日(月・祝) 愛知県 ナゴヤドーム
BOYS AND MEN「炎・天下奪取」
2018年9月12日発売 / Virgin Music
BOYS AND MEN「炎・天下奪取」初回限定盤A

初回限定盤A [CD+DVD]
1800円 / UICV-9289

Amazon.co.jp

BOYS AND MEN「炎・天下奪取」初回限定盤B

初回限定盤B [CD+ブックレット]
1800円 / UICV-9290

Amazon.co.jp

BOYS AND MEN「炎・天下奪取」通常盤

通常盤 [CD]
1300円 / UICV-5075

Amazon.co.jp

初回限定盤A

CD

  1. 炎・天下奪取
  2. タイトル未定
  3. タイトル未定

DVD

  • 炎・天下奪取 -MV-
  • 炎・天下奪取 -Making of Music Video-
  • 炎・天下奪取 -Making of Jacket Photos-
初回限定盤B

CD

  1. 炎・天下奪取
  2. タイトル未定
  3. タイトル未定
  4. 炎・天下奪取 -カラオケver.-
通常盤

CD

  1. 炎・天下奪取
  2. タイトル未定
  3. タイトル未定

4~6. 各インストver.