菅田将暉「LOVE」 PR

菅田将暉×志磨遼平(ドレスコーズ)|リスペクトし合う2人、2つの視点

楽しくてしょうがないし、感謝しかない

──かしこまった制作ではなくて、普段の関係性だったり、遊びながら作っている感じもよかったんですね。

菅田将暉
菅田将暉

菅田 今回のアルバムのテーマがそうなんですよ。自分の中の「LOVE」の定義は、愛情ではなくて、それぞれの人たちの関係性、一緒に過ごした時間のことなので。曲の作り方はいろいろですけどね。「ラブソングを作ろう」というところから始まった曲もあるし、一方的に「菅田将暉にこれを歌わせたい」という曲もあって。

志磨 今をときめくソングライターがそろっていたので、対抗心がメラメラとしていました(笑)。

菅田 そう言ってもらえるとうれしいです(笑)。僕はもともと出不精で、あまり外に出ないほうなんですけど、今回はいろんな人のお部屋におじゃましたり、自分の家に来てもらったり、しっかりコミュニケーションを取りながら作ったんですよ。

志磨 誰かと一緒に音楽を作るって、すごくいいよね。僕もここ数年はいろんな人と音楽を作ったり、バンドをやったりしてますけど、一緒にスタジオに入って、おべんちゃらや気遣いが一切入り込めない時間を過ごすと、一気になんでも話せる関係になるんですよ。

菅田 志磨さん、スタジオにいるとめちゃくちゃ楽しそうですからね。人が好きなことをやっている顔ってすごくいいし、こっちも見ていてうれしくなる。

──そういう風景が見えるところも、このアルバムの魅力だと思います。楽曲を提供したアーティストと菅田さんの関係がそのまま反映されているというか。

菅田 僕にとっては自慢しかないですね。(アルバム制作を通して)「こんなに楽しい時間を過ごしたんだよ!」って。

志磨 役者が歌を歌うっていうジャンルは大昔からありますけど、菅田くんが特別なのは、こっちを本気にさせるのがうまいところなんですよね。“うまい”っていうと、ズルい人みたいだけど(笑)。

菅田 いやいや、うれしいです。

志磨 ミュージシャンだけじゃなくて、カメラマンや演出家もそうだと思いますけど、一緒にお仕事をする人たちを本気にさせる人なんですよ。それはテクニカルなことではなくて、菅田くんのやり方、生き方なんだと思います。洋服の話もよくするけど、「この服はどうかな?」ってみんなが迷ってると、菅田くんはよく「やっちゃいましょう」って言うらしくて。

菅田 確かによく言いますね。

志磨 「ないなら作ろう」とか。

菅田 それも大事。

志磨 「LOVE」というアルバムが“人気の俳優にいろんなアーティストが曲を提供しました”という作品になっていないのは、菅田くんのそういう部分が出ているからだと思うんですよね。

菅田 その話を聞いて思うのは、僕にとっては皆さんが“本気にさせられた”人たちなんですよ。志磨さんもそうですけど、お芝居の前に楽屋で1人で聴いてたりすることもあるぐらい、ずっと前から音楽を聴いて「すごい!」と思っていた人ばかりだから。そういう人たちと一緒に音楽を作れるとなったら、こっちはもう最初から仕上がっているんです。しかも「遊んでいいよ」ってことだから、楽しくてしょうがないし、感謝しかないですね。

カメラの中に収まらないと生きられない

──8月から9月にかけて「菅田将暉LIVE TOUR 2019 "LOVE"」が開催されます。ライブに対するスタンスについても聞きたいのですが、ステージで歌うときも、先ほど話に出ていた“2つの視点”があるんですか?

菅田 そうなのかな? でも、そうじゃないところに憧れがあるんですよ。自分にとってのベストは動物なんですよね。周りを一切気にせず、ガーッと進んでいくっていう。そんなことはできないですけどね、なかなか。役者の中にも、周りに関係なくやれる人がたまにいるんだけど……。

志磨 そういう俳優さんもいるんだ?

菅田 いますいます。ただ、ここも矛盾してるんだけど、仕事して現場にいなくちゃいけないじゃないですか。役者は照明が当たるところで撮ってもらわないといけないし、カメラの中に収まらないと生きられないので。そんなの関係なくガーッと突き進むと、作品として成立しないんですよね。成立させない撮り方もあるけど、それを大衆が見てくれるかと言えば、また難しいところもあるので。

志磨 それはバンドも同じですね。ロックンロールバンドの人って、お題目みたいに「僕らは何も考えてない。音楽をやっているときは興奮で頭が真っ白なんだ」って言ったりするけど、それはウソだと思っていて。

菅田 (笑)。

志磨 ツアースケジュールだって守らないといけないし。「〇月〇日の〇時からこの会場で演奏して、盛り上がる予定」って、何カ月も前に決まってるわけですから。全然本能的じゃない。

菅田 確かに(笑)。それがいいとか悪いではなくて、面白いなって思うんですよ。

志磨 うん。それをしっかりやれる人がアクターとして表舞台に立てるんだろうし。難しいけどね。

手前から菅田将暉、志磨遼平(ドレスコーズ)。

未発表曲がありますからね、僕たちには

──「ステージの上では、観客に憧れられる存在じゃないといけない」という気持ちはありますか?

菅田 うーん……。「そうじゃなきゃいけない」とは思ってないですね。最初の頃は「楽しもう」だけだったんです。ヘンな話、自分たちが楽しければいいというか。音を出しているだけで楽しいし、好きなバンドメンバーと一緒に演奏するのも楽しいから、それだけでいいなって。つまり、人に見せるという意識がなかったんでしょうね。音楽をやっている間は自由な時間だと思っていたし、お客さんに見せることを意識すると、俳優業と同じになっちゃう気がして。

志磨 なるほど。

菅田 だけど、最近は少しずつ変わってきてるんですよ。聴いてくれる人も増えたし、「まちがいさがし」みたいに人のためにちゃんと歌わないといけない曲もできて。もっと丁寧に、見世物としてのクオリティを上げていかないとなって。

志磨 大丈夫だと思うよ。菅田くんは声がいいし、歌もうまいから、何も心配いらない。

菅田 うれしいです。音楽をやるときは緊張しますけどね、いまだに。俳優の現場のほうが落ち着けるというか……単純に馴れもあるだろうし、経験値というか、「何がどうなっても大丈夫」という自信もありますからね、演技に関しては。役者って自由なんですよ、意外と。

志磨 え、そうなの?

菅田 はい。同じことは二度とできないし、自由にやるしかないというか。音楽はテンポや音階、歌詞も決まっているから、それが縛りに感じることもあって。もちろん単純に楽しいという気持ちもあるんですけどね。

志磨 僕もたまに役者のお仕事をいただきますけど、確かにお芝居って、1回1回全然違うよね。相手の役者さんのトーンがちょっと変わっただけで、こっちのセリフの間とか、テンポ、ピッチもすべて変わってくる。「ムズっ!」って思います。歌は自分1人で完結してるし、テンポもピッチも毎回同じだから、そっちのほうが全然簡単。

菅田 主戦場の違いかもしれないですね、それは……みたいな会話を僕らはずっとしてるんですよ(笑)。

──(笑)。菅田さんと志磨さんのコラボレーション、今後も続きそうですね。

菅田 そうですね。2人で作った曲もけっこうあるので。

志磨 そう、未発表曲がありますからね、僕たちには(笑)。

ツアー情報

菅田将暉「菅田将暉LIVE TOUR 2019 "LOVE"」
  • 2019年8月24日(土)福岡県 Zepp Fukuoka
  • 2019年8月29日(木)愛知県 Zepp Nagoya
  • 2019年8月31日(土)大阪府 Zepp Zepp Osaka Bayside
  • 2019年9月5日(木)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
  • 2019年9月6日(金)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
左から菅田将暉、志磨遼平(ドレスコーズ)。