SHOWROOM PR

SHOWROOM特集 第1回 大西桃香(AKB48 チーム8、チーム4)×田中美久(HKT48)×石田千穂(STU48)|配信は生活の一部 私たちが本当の自分を見せられる場所

誰でも無料でライブ配信および視聴ができるストリーミングサービスSHOWROOM。日々さまざまなアーティストやタレントが生配信を行い、ユーザーとの双方向のコミュニケーションを楽しんでいる。音楽ナタリーでは2016年に個人アカウントでの配信をスタートさせたAKB48グループより、ひときわ精力的に配信を行っているメンバーをフィーチャーし、定期的に特集記事を公開する。

初回はAKB48 チーム8およびチーム4の大西桃香、HKT48の田中美久、STU48の石田千穂の3人に、日々の配信で心がけていることや、モチベーション高く配信を続けられている理由などを聞いた。

取材・文 / 近藤隼人 撮影 / 藤木裕之

最初は猫をかぶっていた

──AKB48グループのメンバーによるSHOWROOMの個人配信は2016年秋にスタートしました。当時はどのような心境でしたか?

大西桃香 その年の夏にれなっち(加藤玲奈)さんのSHOWROOMの企画(加藤が自身の推しメンを決める企画「れなっち総選挙」)があって。当時、チーム8のメンバーはスタッフさんが一緒にいるときにしかSHOWROOMの配信ができなくて、しかも仕事以外ではそれぞれが各都道府県にいるので参加できる機会が少なかったんです。だから配信しているほかのチームやグループのメンバーのことをうらやましく思ってました。そのあといつでも自由に配信できるようになって、そのことをファンの方が「755」(ファンとコミュニケーションできるトークアプリ)を通して教えてくれたんです。そのとき地元で友達とごはんを食べていたんですけど、「ごめん、ちょっと帰るね」と言って家に戻って、れなっちさんの企画のときに使ったアカウントを引っ張り出して配信を始めました。すごくうれしかったのを覚えています。

田中美久 それまでSNSで生配信をすることがなかったので、私にできるか少し不安でした。今は空いた時間を使って楽しくやってるんですけど、最初はすっごく緊張して、話す内容も全部決めてました。髪の毛もちゃんとセットして。

大西 私も昼間のうちに話す内容を2、3個考えておいて、夜の配信でそれを話してましたね。

左から石田千穂(STU48)、大西桃香(AKB48 チーム8、チーム4)、田中美久(HKT48)。

──2017年にSTU48のメンバーになった石田さんは、初めての配信のことを覚えていますか?

石田千穂 私はSTU48のオーディションのSHOWROOM審査が最初の配信でした。そのときはまだ自分の名前を言っちゃいけなくて、31番という番号しか名乗れなかったんです。でも何回か思わず名前を言っちゃって……毎日ヒヤヒヤしながら配信していました(笑)。

田中 あはははは(笑)。

石田 当時の配信を観ていたファンの方に「めっちゃ猫被ってたよね」と言われます(笑)。緊張していたこともあり、確かに猫被ってたかもしれません。今はもう寝起きですぐに配信するくらい素を見せられるようになりました。

田中 今は美肌モードという機能もあって、とってもありがたいです(笑)。

石田 私はくしゃみがおじさんっぽくて、最初の半年間くらいは配信中にくしゃみをしたくなっても我慢していました。でも、1回どうしても我慢できなくて、配信中にくしゃみをしちゃって。それから解禁しました(笑)。

人間的な部分を見せられている

──握手会や写真会など、ほかにもファンの方とコミュニケーションを取る方法はありますが、それらとSHOWROOM配信との大きな違いはなんでしょうか?

大西桃香(AKB48 チーム8、チーム4)

大西 握手会では髪の毛もメイクもバチッと決めて、アイドルとして握手していますが、私の場合、SHOWROOMではホントに素の自分を見せています。寝起きやお風呂上がりなど、時間が空いたときに配信して何気ない会話ができるので、握手会とはまた違った人間的な部分を見せられているのかなと。

田中 まったくの同意見です!(笑) 握手会にはあまりお越しになれないファンの方もSHOWROOMを観てくださっています。

石田 握手会は話す時間が限られていますが、SHOWROOMは何時間でも自由に配信できますし、真面目な話を伝えたいときもうまくしゃべれる気がします。握手会と比べたら物理的な距離は遠いですが、気持ち的な距離がすごく近いんだと思います。

──ラジオなどのメディア出演ともまた違います?

大西 ラジオはお仕事という意識でしっかりしなきゃと思うんですけど、SHOWROOMではそれよりはもう少しラフな感覚ですね。

──友達とチャットやテレビ電話で話している感覚に近いんでしょうか。

田中美久(HKT48)

田中 そうですね。観られているという感覚はほとんどないです。

──SHOWROOM配信を通して、トーク力は身に付きましたか?

田中 はい。私も昔は千穂ちゃんみたいに自分を出せない部分もあったんですけど(笑)、SHOWROOMのおかげでほかの活動でも素を出せるようになって、公演のMCでも自然体で話せるようになりました。

大西 私は自分のラジオ番組を持たせてもらったり、公演のMCを任せていただいたりして、ファンの方からも昔よりトークが上達したと褒められます。

石田 私はオーディションのときに早口言葉に挑戦する“早口言葉配信”という企画をやっていて。最近またチャレンジしてみたら昔よりも早口言葉が得意になっていたんです。毎日配信でしゃべっているから上達したのかなと。

何気なく配信しているように見えて……

──配信をするうえで常に心がけていることはありますか?

大西 SHOWROOMをやるようになった理由の1つに知名度を上げたかったという思いもあるので、配信を始めるときと終えるときに必ず自分のキャッチフレーズを言うようにしています。配信を観に来るタイミングって人それぞれですし、1度話した話題を改めて説明することもあります。

田中 当たり前のことかもしれないですが、私は観ている方の名前を読むことは昔から心がけています。

石田千穂(STU48)

──配信に使っている機材にもこだわってるんですか?

大西 私はホテルの部屋から配信することがほとんどなので、普段あまりしっかりした機材を使ってるわけではないんですけど、個人配信を始めたときはまず最初に配信用のタブレット端末とモバイルのWi-Fiルーターを買いに行きました。

石田 私は電気屋さんで勉強机用のLEDライトを買って、それで顔を照らしながら配信しています。

田中 いいねー。私はここで初めて言うんですけど、レフ板とかも使っています(笑)。

石田 えー、すごい!

田中 なので何気なく配信しているように見えて、実はレフ板もしっかりセットしているんです(笑)。

次のページ »
SHOWROOMがあっての今