音楽ナタリー Power Push - SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん

夢、苦悩、挫折……そして“ジャキーン”!? 新境地ロックマンガの魅力に迫る

「冴えない高校教師がジミ・ヘンドリックスに取り憑かれる」という奇想天外な展開で幕を開ける、「月刊ビッグガンガン」連載のマンガ「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」。ジミヘンが実際に着用していた衣装が作中で再現されていたり、生前のエピソードが物語とリンクしていたりと、ロックファンなら思わずグッとくるようなアイデアが随所に盛り込まれている。そんな本作のファンは着実に増え続けており、Nothing's Carved In Stoneの生形真一(G)もその1人。今年2月には彼がメインDJを務めるラジオ番組「Only In Radio」に「SHIORI EXPERIENCE」の作者、長田悠幸と町田一八をゲストに招いている。

今回音楽ナタリーでは長田、町田、生形の3人による座談会を企画。「SHIORI EXPERIENCE」の魅力をはじめ、ロックマンガとしてのこだわりやバンドマンをも惹きつける熱い展開について、たっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 高橋拓也 撮影 / 宮腰まみこ

  • 258

    126

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代の気持ちを思い出したんですよね

──皆さんは生形さんのラジオ番組「Only In Radio」で初めてお会いしたそうですね。

「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」イメージビジュアル

生形真一(Nothing's Carved In Stone) 僕の番組に出てもらったんですよ。普段あんまりマンガは読まないんですけど、スタジオの帰りにたまたま本屋を通りかかったら「SHIORI EXPERIENCE」の試し読みが置いてあって。それで見てみたらタイトルロゴが……まさにジミヘンって感じで(笑)。

長田悠幸 なるほど(笑)。

生形 「EXPERIENCE」っていうタイトルからしてもそうだし。サイケデリックなデザインが気になって、読んでみたらすごい面白かったんですよね。それで、普段ラジオではミュージシャンのゲストが多いんですけど、ぜひ長田さんと町田さんを呼んでみたいと思って。

町田一八 「SHIORI EXPERIENCE」の番外編を連載してる「ギター・マガジン」の方から、生形さんからラジオ出演のオファーがあった話を伺ったんですけど、ホントにびっくりしちゃって。ラジオに呼ばれるなんて初めてだったんで……。けっこう緊張しました。

長田 プロのミュージシャンに楽しんで読んでいただけたっていうのがすごくうれしかったです。

生形 バンドとか音楽をマンガにするのって難しそうですよね。「BECK」とか「デトロイト・メタル・シティ」とかも読んでたんですけど、「SHIORI EXPERIENCE」は高校生活をメインに描いてるから、リアリティがあるしもっと身近で。

──そんな舞台にジミヘンが出てくるっていう……。

生形真一(Nothing's Carved In Stone)

生形 もはやファンタジーだよね(笑)。でも読んでて、自分が高校時代にバンドを始めたときの気持ちを思い出したんです。始めは楽しいんだけど、どんどんメンバー間でモチベーションの差が出てきて、それに悩んだりとか。そこに惹かれたのかもしれない。

長田町田 うわー! う、うれしい!(笑)

生形 あとはジミヘンの服とかすごくいろんな種類が出てくるし、今登場してるカート・コバーン(Nirvana)についても、自分が知らなかったエピソードが出てきたし。もちろん本当かどうかわからないものではあるんだけど、ものすごく引き込まれましたね。Nirvanaは俺が10代の頃好きだったバンドだし、音楽をやる上でのスタンスも似てるから、マンガの中でもすごい共感できる部分があって。グッときました。

長田 こんなに褒めていただけるなんて……。

町田 もう座談会、終わってもいいんじゃない?(笑)

彼にはちゃんと着替えさせよう

──バンドエピソードを盛り込むことによって生まれるリアリティもありますよね。ジミヘンに関しては服装だけじゃなく、死因やThe Monkeesとの確執など、実際のエピソードが物語中で触れられていました。

長田悠幸

長田 一連のバンドエピソードは町田さんが調べてくれるんですよ。

町田 伝記とかで調べて、面白いネタがあればどんどんメモしていって作品に反映してます。もともとバンドが好きだってこともありますけど、「SHIORI EXPERIENCE」の連載が決まってから調べたのもありますね。カートのエピソードも伝記を読まないとわからないような内容でしたし。

生形 「Smells Like Teen Spirit」っていう曲名の由来とかね。

──ロック好きの人はこういったトリビア的な要素でも楽しめますね。

長田 あと、ジミヘンはいろんな個性的な服を着てたんですよね。だからマンガ内のジミヘンもちゃんと着替えさせようと思って(笑)、毎回違うものを選んでるんですよ。

町田 長田さんがいつもジミヘンの衣装をチョイスしてくれるんですけど、いろんなバリエーションもあるし派手ですよね。

長田悠幸×町田一八「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん(6)」/ 2016年4月25日発売 / 627円 / スクウェア・エニックス
長田悠幸×町田一八「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん(6)」

“ジミ”だけどギターが大好きなアラサー高校教師・本田紫織。ある日アフロヘアの“ヘン”なおじさんに取り憑かれ、27歳を終えるまでに伝説を作らないと死んでしまう契約を交わすことに。学生たちとバンドを結成し活動を進めていくが……。果たして紫織は伝説を作ることができるのか?

Nothing's Carved In Stone ニューシングル「In Future」/ 2016年4月6日発売 / 1296円 / Dynamord / GUDY-1002
「In Future」
収録曲
  1. In Future
  2. Ignorance
  3. YOUTH City(Live at Okayama CRAZYMAMA KINGDOM 2015.10.23)
  4. Perfect Sound(Live at Okayama CRAZYMAMA KINGDOM 2015.10.23)
長田悠幸×町田一八(オサダユウコウ×マチダカズヤ)

長田が作画、町田が原作を担当。2012年に大喜利をテーマにした「キッドアイラック!」を共作し、「ヤングガンガン」にて約1年間にわたり発表した。現在は「月刊ビッグガンガン」で「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」を連載している。

Nothing's Carved In Stone (ナッシングズカーブドインストーン)
UNISON SQUARE GARDEN

2008年に生形真一(G)が在籍するELLEGARDENの活動休止を機に、日向秀和(B)、大喜多崇規(Dr)、村松拓(Vo, G)と結成。2009年2月に初ライブを行い、5月に1stフルアルバム「PARALLEL LIVES」をリリースした。同年夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」などの大型ロックフェスに出演。毎年オリジナルアルバムを1枚リリースするなどコンスタントに作品を発表し、2015年8月に初のライブアルバム「円環-ENCORE-」、同年9月に7作目となるアルバム「MAZE」をリリースする。2016年4月にはニューシングル「In Future」を発売した。