ロッカジャポニカ「Magical View」 PR

ロッカジャポニカ|1stアルバムで見せる魔法の景色

ロッカジャポニカが1stアルバム「Magical View」をリリースした。母体グループである3B juniorから独立し、現在“無期限武者修行中”の彼女たちは今年6月の神奈川・CLUB CITTA’でのワンマンライブで目標であった1000人動員を達成した。本公演の中でリリースが発表されたアルバムには“学生の1年”をテーマに、シングル曲に加え、各メンバーがセンターを務める新曲が収められている。音楽ナタリーではメンバー5人へのインタビューを実施。これまでの活動を振り返ってもらいつつ、アルバムについて話を聞いた。

取材・文 / 近藤隼人 撮影 / 上山陽介

じわじわ伸びる系女子

──ららぽーと豊洲のフリーイベントでロッカジャポニカという正式ユニット名が発表されてから約2年が経ちました。当時から何か変わったことはありますか?

高井千帆 身長が伸びました。

──何cm伸びたんですか?

ロッカジャポニカ

高井 えっと、2年前からは10cm近くかな。今高校1年生で、中学の3年間で15cm伸びたんですよ。

椎名るか ほとんど私と同じくらいです。

内山あみ 昔のライブ映像や写真を見ると、大きさが全然違います。それがまず見てわかる変化だよね。

──ほかのメンバーも身長は伸びました?

平瀬美里 私はじわじわ伸びる系女子です。今中3で、中1から5cm伸びました。じわじわって。るったん(椎名るか)と同じくらいになったし。

──内山さんと内藤さんは?

高井 この2人にはあまり触れないほうが……。

内山 私は1年に1mmとか、そういうレベルです。

内藤るな 私はちょこちょこ伸びてますよ。バレない感じで。中学の3年間で10cm以上は伸びました。周りが伸びてるから気付かないだろうけど、実際はちゃんと伸びてるんです。

内山 でも、るんぱん(内藤るな)はこのサイズ感がるんぱんって感じです。

高井 伸びないでほしい。

内藤 やめてよ!(笑)

──身長以外の変化はありました?

内山 グループ名を発表してから何度もツアーを回っているうちに、セトリをスタッフさんと相談したり自分たちで考えたりして。歌って踊るだけじゃなくて、どうやったらお客さんが楽しめるかということを意識するようになりました。

──それは2年前にはなかったことだと。

内山 前は歌って踊ることで精一杯で。

高井 あとセットリストをいろいろ考えられるほど曲数が増えました。

内山 今ではライブでやりきれないぐらい曲があるのがすごいよね。

内藤 そのときの雰囲気を考えて曲を選べるっていう。

内山 そう。バイキングみたいな(笑)。

膝から崩れ落ちたCLUB CITTA'公演

──6月のCLUB CITTA'でのワンマンライブでは目標に掲げていた1000人動員を達成しました(参照:ロッカジャポニカ、リベンジ大成功!1041人のオトモダチを“タコ感”で包み込む)。お客さんが増えているという手応えは感じていますか?

平瀬 CLUB CITTA'公演みたいな集大成のライブだと「こんなにいっぱいお客さんが!」と思います。

高井千帆

高井 CLUB CITTA'公演は去年のLIQUIDROOMでのワンマンで1000人集められなかったことへのリベンジだったので達成できてうれしかったし、ステージからフロアを見ると顔がいっぱいあってすごいなあって。

内山 私たちはファンの方のことを“オトモダチ”と呼んでいるんですけど、「今ここにいる人たちみんながオトモダチなんだ!」と思うとなんでもできる気がしました。

──当日はステージ上で動員数が発表されましたが、ライブが始まる前はどういう心境でした? 1000人動員達成できるという自信があったのか、それとも不安だったのか。

内山 リベンジと言ってるからには絶対達成しなきゃという思いでした。

高井 信じるしかないよね、みたいな。

平瀬 リベンジのリベンジはさすがにできないし、とりあえず楽しむしかないと思ってました。

内藤 どうやったら1人でも多くお客さんが来てくれるかということをみんなで話し合ったし、道でチラシを配るとか新しいこともやったし。やれることは全部やったから、願うだけだよねって。当日会場の景色を見たときは、「わっ、めっちゃいる!」と思いました。

──結果として、1041人のオトモダチが会場に集まったことがライブ中に発表されましたね。

高井 膝から崩れ落ちました、もう。

平瀬 私はホッとした、安心したという気持ちが大きかったです。みんなが「友達連れて行くよ!」って言ってくれてたし、その期待に応えなきゃという思いがあったので。

まだまだなんだなと感じた

──その後、夏には多くのアイドルフェスに出演して、「アイドル横丁夏まつり!!~2017~」では1日目のメインステージのトリを務めました。高井さん不在という逆境の状況でしたが、ステージはいかがでしたか?

内山 そもそもフェスでトリを務めたのが初めてで。

高井 しかも、アイドル横丁のイベントに出させていただくのも初でした。

内山 それぞれ好きなアイドルが違うお客さんが集まる中で自分たちの曲を披露できるのはぜいたくだし、チャンスだなと思いました。

内藤るな

内藤 「ここにいる人たちにちょっとでもロッカジャポニカを気になってもらえるように盛り上げなきゃ」と考えるとすごい緊張して。でもステージに出たらすごく楽しかったです。

内山 次は5人でトリを務めたいね。

椎名 まだロジャポを知らない方が多いんだなと感じた日でした。曲が始まったらオトモダチの方が盛り上げてくださってたんですけど、観てくれなかった方もたくさんいて。まだまだなんだなと感じました。

──フィナーレではほかの出演者をステージに呼び込んで、ももいろクローバーZの「走れ!」を歌いましたね。

内藤 たくさんのアイドルさんが一気にステージに来て、「わーっ!」みたいな。ロジャポがメインで歌って、すごい緊張しました。

内山 ステージがキラキラして華やかだったね。

内藤 めっちゃいい匂いした。

──10月にはlyrical schoolとDEVIL NO IDを迎えて、自主企画イベント「ロッカジャポニカ武者修行GIG」の第1回が行われました。こういった自主企画の対バンイベントを開催することは、スターダストのグループでは珍しい試みですよね。

平瀬 まさかゲストを呼ぶ側になるとは思ってなかったです。

高井 第1回ではlyrical schoolさんの「RUN and RUN」をカバーしたり、自分たちの曲の「全力大実験!」をDEVIL NO IDさんとコラボしたり、この日限りの出来事が多くて。緊張したんですけど、3組共全然違う系統のグループだったからお客さんにとっても私たちにとってもすごい新鮮でした。

──今後「武者修行GIG」で競演したいグループはいますか?

内山 (高井と平瀬を見ながら)2人はいるんじゃないですか?

平瀬 もっと私たちが成長したら、一緒にやりたいのは……せーの!

高井平瀬 ベイビーレイズJAPANさん!

高井 去年対バンでベビレさんと一緒になったことがあって。自分たちの出番が終わったあとにベビレさんのライブを見学して、「楽しい! すごい!」と思ったんです。

平瀬 それからどんどんハマっていって。尊敬してるんです。

高井 2人でベビレさんのライブを観に行きました。

ロッカジャポニカ「Magical View」
2017年11月15日発売 / EVIL LINE RECORDS
ロッカジャポニカ「Magical View」初回限定盤A

初回限定盤A [CD+Blu-ray]
4500円 / KICS-93538

Amazon.co.jp

ロッカジャポニカ「Magical View」初回限定盤B

初回限定盤B [CD2枚組]
3500円 / KICS-93539

Amazon.co.jp

ロッカジャポニカ「Magical View」通常盤

通常盤 [CD]
2500円 / KICS-3538

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. OVERTURE 
  2. ワールドピース
  3. WEE FIGHT OH!!!!!
  4. ぶっちぎりデイズ!!
  5. Chillっ子同盟
  6. ASTRO GIRL 
  7. 教歌SHOCK! 
  8. 放課後アフタースクール
  9. BUSY
  10. だけどユメ見る
  11. わたしの地図 
  12. タンバリン、凛々
  13. 歌いたいのうた 
初回限定盤A Blu-ray収録内容
  • わたしの地図 MUSIC VIDEO
  • わたしの地図 MUSIC VIDEOメイキング
  • ロッカジャポニカ 4th TOUR ~Revenge for 1000~ FINAL 川崎 CLUB CITTA'」LIVEダイジェスト映像
初回限定盤B付属CD(教歌盤)収録曲
  1. 吾輩は乙女である(国語)
  2. アブラカタブラ アルジェブラ(数学)
  3. 全力大実験!(理科)
  4. 世直しタイムスリップ!(社会)
  5. NEW CROWN(英語)
  6. 神様になれるプログラム(情報)
  7. MUSIC FANTASY(音楽)
  8. 魔法のスープ(家庭科)
  9. 烈 作郎 ~レッツクロウ~(図工)
  10. 腹!筋!録!(体育) 
  11. 独特道徳ドクトリン(道徳)

イベント情報

ロッカジャポニカ「Magical View キセキとキセキの物語」
  • 2017年11月26日(日)東京都 日本青年館
ロッカジャポニカ
ロッカジャポニカ
スターダストプロモーションに所属する内山あみ、椎名るか、高井千帆、内藤るな、平瀬美里の5人からなるアイドルグループ。3B juniorから派生した選抜ユニットとして誕生した。結成当初は「キングレコード組(仮)」を名乗り、キングレコード内レーベル・EVIL LINE RECORDSからのメジャーデビューに向けて準備を開始。3B juniorの定期公演でステージを重ね、2015年8月からは関東16カ所を回る合計31公演のインストアイベントツアー「3B juniorファーストツアー2015東京湾」を行った。同イベントの最終公演で正式ユニット名とデビュー日を発表。2016年1月、1stシングル「ワールドピース」でメジャーデビューを果たした。同年12月に“無期限武者修行”ユニットとして3B juniorのイベントに参加せず、独立して活動していくことが発表された。2017年6月に神奈川・CLUB CITTA’で全国ツアー「ロッカジャポニカ 4th TOUR ~Revenge for 1000~」のファイナル公演を行い、目標であった1000人動員を達成。同年10月に自主企画イベント「ロッカジャポニカ武者修行GIG」をスタートさせた。11月には1stアルバム「Magical View」をリリースし、東京・日本青年館にてワンマンライブを行う。