No title PR

映画「愛唄 ー約束のナクヒトー」特集 ほのか(No title)×清原果耶|音楽と芝居、異なるフィールドで活躍する高校2年生の2人

映画「愛唄 ー約束のナクヒトー」が1月25日に公開された。GReeeeNの楽曲「愛唄」を題材にしたこの映画は、GReeeeN自らが清水匡と共に脚本を手がけ、楽曲への思いを物語として紡いだ作品。横浜流星が突如人生のタイムリミットを告げられた主人公の野宮トオル、清原果耶が彼の運命を変えていくヒロインの伊藤凪を演じる。

音楽ナタリーでは映画の公開を記念して、主題歌に歌唱参加するNo titleのほのか(Vo, G)と清原の対談を実施。この日が初対面であるという2人に、お互いの印象や映画の見どころについて語ってもらった。

取材・文 / 中川麻梨花 撮影 / 塚原孝顕

今という時間の大切さ

──2人とも同じ高校2年生なんですよね?

ほのか清原 はい!

左からほのか(No title)、清原果耶。

──今日が初対面ということですが、お互いに対してどういう印象を持っていましたか?

ほのか 清原さんについては同い年の女の子というより、素晴らしい演技をできる1人の女優さんというイメージですね。今日お会いできるのを楽しみにしていましたが、とても緊張しています……。

清原 私はほのかさんの歌声が好きなので、お会いできてうれしいです。No titleさんがTwitterにアップされている動画を観させていただいて。

──No titleは毎週水曜日にいろんなアーティストさんの楽曲のカバー動画をTwitterに投稿していますね。

清原 私も今日実際にお会いするまでは緊張していたんですが、ほのかさんがその動画のイメージ通りの方で少し安心しました。私が想像していたしゃべり方、仕草だったというか。

──映画では恋する勇気が持てないまま人生のタイムリミットを突然告げられた主人公のトオルが、清原さん演じる運命の少女・凪や元バンドマンの旧友・龍也との出会いによって変化していく様が描かれていますね。

映画「愛唄 ー約束のナクヒトー」のワンシーン。

ほのか 「愛唄 ー約束のナクヒトー」には「今しか、ない。」というキャッチコピーがありますが、私たちNo titleもデビュー当初から「今しか書けない曲を書く」ということを信念に活動してきたので、映画のストーリーにはとてもシンパシーを感じました。もちろん人生のタイムリミットを告げられたトオルと私では境遇は違いますが、物語に入り込みやすくて、今という時間の大切さを改めて実感しましたね。今自分の身の回りにいる家族や仲間を大切にしたくなるような、優しい映画だと思います。

映画「愛唄 ー約束のナクヒトー」のワンシーン。

清原 トオルはもともと無気力で恋をする勇気も持たずに生きている人でしたが、凪や友人の龍也、お母さん、そして物語のキーとなる“詩”と出会って、変わっていって……その成長の過程を、観てくださった方に近い距離で感じてもらえるような映画だと思います。この映画がたくさんの人の心に届いたらうれしいです。

ほのか 個人的には、普段は明るい凪が自分の中にある悲しみを初めて表に出すシーンが見どころの1つだと思います。私はその場面で胸がぎゅっとなりました。皆さんも凪の気持ちを想像して、その悲しさを共有してもらえたらいいなと思いますね。こうして清原さんに実際お会いすると、清原さんの明るさが凪の人格そのもので……映画の結末を知ってるからこそ、泣いてしまいそうです。

清原 ははは(笑)。

ほのか 清原さんの言葉や仕草の1つひとつで凪を思い出して、感傷的な気分になってしまいます。

凪の心と、主題歌の歌詞

──今回ほのかさんはGReeeeNが歌う映画の主題歌「約束 × No title」に参加しています。昨年末のNo titleのインタビューではほのかさんに主題歌を歌った心境や楽曲のレコ―ディングについてお話していただきました(参照:No title「ねがいごと」インタビュー|17歳が等身大で届ける、旅立ちの歌)。主題歌を聴いて、清原さんはどのように感じましたか?

清原 先ほどほのかさんが主題歌について、「凪の言葉として、凪の気持ちに寄り添って歌えたらいいなと思ってました」とおっしゃってくださったんです。私もよくよく考えて歌詞を見たら、泣けるくらい凪の心と歌詞が一致しているんですよ。

ほのか そうですね。

清原果耶

清原 凪ってまっすぐで強い女の子なんですけど、GReeeeNさんの曲もストレートな曲が多いと思っていて。そういった楽曲の雰囲気やメロディ、歌詞もすべてがこの映画にぴったり合った主題歌だと思っています。このような曲を用意していただけたのは、本当に光栄なことですよね。

──清原さんは音楽好きな方だとお伺いしています。普段はどういった音楽を聴かれているんですか?

清原 好きなアーティストで言うとCoccoさん、amazarashiさん……でもやっぱり、最近一番よく聴いているのは主題歌の「約束 × No title」ですね。

ほのか ありがとうございます……! 私もamazarashiさんの曲はよく聴いています。

大事なのは“3人で作ること”

──これを機にお互い質問してみたいことはありますか?

ほのか(No title)

ほのか 先ほどお話させていただいた通り、清原さんの演技を拝見して、個人的には清原さんは凪そのものだと思っているのですが、撮影で苦労したシーンはありましたか?

清原 そうですねえ……映画の終盤に、凪のお母さんが「あなたのことを愛してる」って凪に伝えてくれるシーンがあって。その言葉を凪がどう受け止めるのが正しいのか、私はわからなくなってしまったんですよ。凪らしくお母さんにちゃんと向き合ってその言葉を受け止められるのか、または弱い部分が出てしまうのかどっちなんだろうって……そこはすごく悩みましたね。

ほのか あのシーンですね……。

清原 私からは……ほのかさんが曲を作るにあたって、一番大切にしていることはなんですか?

ほのか “3人で作ること”、ですかね。作曲をあんべ(G)とポチ(Piano)、作詞を私が担当しているのですが、2人が作った曲に寄り添うことが大事だと思っています。メロディに一方的に私の感情を乗せるのではなくて、ちゃんと2人が作った曲の雰囲気に合わせる。逆に私からは「私はこういう詞にしたから、こういう演奏にしてほしい」って2人に伝えたり、ちゃんと3人で作るということを大事にしています。3人でNo titleですし、3人でデビューしたので。

──“みんなで一緒に作る”というのは、清原さんにも通ずるところがありそうですね。

清原 そうですね。やっぱり女優のお仕事って1人だと成り立たないし、スタッフさんがいて、一緒にお芝居をしてくださる役者さんがいて、初めて成り立つお仕事なので。人に寄り添って1つのものを作るというのは、本当に大切なことだと思いますね。

左からほのか(No title)、清原果耶。