ナタリー PowerPush - ナノウ

ボカロPが弾き語りカバーアルバムを作った理由

ニコニコ動画で活躍するボーカロイドクリエイターとして知られるナノウが、ニューアルバム「UNSUNG」をリリースした。本作は、自身の楽曲をはじめ、家の裏でマンボウが死んでるP、じん(自然の敵P)らの有名ボカロ曲のカバー、フェイバリットアーティストであるNIRVANAや椎名林檎、Coccoらのカバーを全てギター1本の弾き語りで収録。しかもそれらはコンサートホールでのライブレコーディングという形で、ほぼ一発録りされたものである。

スリーピースバンド「Lyu:Lyu(リュリュ)」のギター&ボーカル「コヤマヒデカズ」としての活動と並行して、もはやボカロPという括りでは収まらない表現を展開しているナノウ。彼の中におけるバンドとは、ボカロとは、そしてソロ活動とはどんな意味を持つものなのだろうか? ナタリー初登場となるインタビューで、その深意に迫る。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

好きで歌ってたら、いつの間にかこうなっていた

インタビュー写真

──現在はLyu:Lyuというバンドと並行してソロ活動をしているナノウさんですが、そもそもバンドというスタイルに対しての強いこだわりがあるようですね。

そうですね。高校入ってすぐくらいに聴いたNIRVANAをきっかけに、エレキギターやバンドというものにものすごく憧れを抱くようになったんです。そこからギターを買って、友達とバンドを結成して。途中、時期によっては1人で活動することもあったんですが、基本はほんとにひたすらバンドをやっていた感じですね。日常生活の中にバンドが当たり前に存在しているというか。

──バンド内での人間関係でうまくいかないことが何度かあったそうですけど、そういう経験をしてもなおバンドにこだわる理由は?

最初に抱いたバンドに対するカッコよさや憧れが今もずっとあるからだと思いますね。僕にとって音楽を始めたきっかけがバンドだったので、それも大きく影響してる気がします。

──バンドではずっとギター&ボーカルですか?

高校1年のときに生まれて初めて組んだバンドではギターだったんですけど、それ以降はずっとギター&ボーカルです。理由はたまたまそのポジションが空いてたから(笑)。でもカート・コバーンのようなギター&ボーカルに憧れてたところはあったので、自然とそれを受け入れてた感じですね。

──作品を聴かせていただくと、ボーカルとしての魅力がものすごくあるなあと感じました。

歌うこと自体は小さい頃から割と好きだったんですよ。小学生くらいのときに近所の友達と自分の歌をラジカセで録って遊んだりしてたので。でもボーカリストになりたいっていう気持ちはそんなに持ってなかったですね。好きで歌ってたら、いつの間にかこうなっていたみたいな。とは言え、活動をずっと続けてきた中で、ボーカリストであるという自覚は徐々に芽生えてきたところもあります。昔に比べれば、歌というものをより丁寧に考えるようになって。

自分の中で勝手に作っていた制限をボカロが取っ払ってくれた

──そんなナノウさんがボーカロイドクリエイターになったのはどうしてですか? バンドではないし、自分で歌うわけでもないという点でちょっと意外な気もするのですが。

インタビュー写真

確かにそうかもしれないですね。ニコニコ動画で最初にボカロ曲を聴いたときに、すごく面白いなと思ったんですよ。合成音声ソフトでここまで歌わせることができるんだったら、自分には出せない女性の声で、女性が主人公になってる曲を書けたりとか、今までの自分にはできないことができるんじゃないかなって。それで、最初は遊びのつもりでやり始めたんですけど。

──バンドで自分が歌うために作る曲と、ボカロに歌わせる曲だと作り方自体全然違うものですか?

気持ちの部分での違いが大きかったと思います。自分が歌う曲に関してはものすごくシリアスな気持ちを持って作るんですけど、ボカロ曲の場合はある意味、キャラクターソングのようなつもりで作っていたというか。もちろん曲の中に入っている感情的な部分はどちらも自分の中から出たものではあると思うんですけど、歌うのが自分ではないということでそれまで敬遠していたようなことにもどんどんチャレンジできたんです。

──ボカロ曲を作るようになる前は、恋愛の曲を歌うことをタブーとしていたとか。

そうなんです。恋愛の歌は徹底的に避けてましたね。愛だ恋だを歌うのに抵抗があったというか、簡単に言うと照れくさくてしょうがなかった(笑)。でも、そうやって自分の中で勝手に作っていた制限を、ボーカロイドを使ったことで取っ払うことができたのがすごく楽しくって。

──表現の幅が広がったということですもんね。

はい。当初は、あくまでも自分はバンドマンであって、そっちが活動のメインだとずっと思ってたんです。ボカロ曲はほんとに遊びという感覚。それぞれを別個の活動として、両者をつなげる気もなかった。でも、結果としてその垣根はだんだんなくなっていくんですよ。最近ではもう自分が歌うから、ボカロの曲だからっていう区別はまったくなくなって、全部を自分の曲として作れるようになったんです。

ニューアルバム「UNSUNG」2012年9月5日発売 2000円 / BALLOOM / DGLA-10015

収録曲

(カッコ内はオリジナルアーティスト)

  1. 3331(ナノウ)
  2. 遺書(Cocco)
  3. From Y to Y(ジミーサムP)
  4. いろは唄(銀サク)
  5. creep(RADIOHEAD)
  6. 文学少年の憂鬱(ナノウ)
  7. 神様はエレキ守銭奴(家の裏でマンボウが死んでるP)
  8. 月に負け犬(椎名林檎)
  9. 死にたがり(梨本うい)
  10. Rape me(NIRVANA)
  11. コノハの世界事情 (じん(自然の敵P))
  12. Just the way I'm feeling(FEEDER)
  13. 「 ねぇ。」(ナノウ)
  14. 朝焼け、君の唄。(ナノウ)
ナノウ(なのう)

スリーピースロックバンドLyu:Lyuのコヤマヒデカズ(Vo, G)のソロ名義。2008年からニコニコ動画に自作ボーカロイド楽曲を投稿し始め、ボカロPや歌い手としてのネット上での活動が注目を集める。2010年末に発表した自身初のオリジナルアルバム「Fantasm-O-Matic」は発売から2週間足らずで完売。2011年3月にボカロPによるレーベル「BALLOOM」の設立メンバーとなり、2012年9月には自身のフェイバリットソングをカバーするギター弾き語りアルバム「UNSUNG」をリリースする。