向井太一「BLUE」 PR

向井太一|交友関係から紐解く“青い炎”の素顔

新世代のシンガーソングライター・向井太一が1stアルバム「BLUE」を完成させた。この作品にはLUCKY TAPESの高橋海やyahyelのメンバーなど同世代の仲間たちに加えて、BACHLOGIC、mabanua、grooveman Spot、SALU、Kan Sanoといった第一線でシーンを牽引するアーティストたちが参加している。またモデル活動や執筆業でも才能を発揮している向井には、アーティストのみならず俳優やモデルなどにもファンが多い。

そこで音楽ナタリーでは向井と交流のある人々を図解で紹介するほか、彼らからのコメントを通じて向井の魅力に迫る。また後半には向井本人へのインタビューも掲載している。

取材・文 / 宮崎敬太 撮影 / 後藤壮太郎

Friends

iri

iri

向井太一さんとはどんな人ですか?

以前イベントに呼んでもらったことがあったのですが、初めてちゃんと会ったのは昨年、音楽番組の対談でした。その時の第一印象はさわやかできれいという印象で、力強い歌声とルックスのギャップがある人だなぁと感じました。その後対談で話してみるとわかったのですが、内に秘めた強いものがある人だと思います。その強さの中にも独特な太一くんらしさや、自分の世界観をわかっている人だと思います。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

太一くん、1stアルバム「BLUE」リリースおめでとうございます! アルバム待ってましたー! ついにですね! どの曲も太一くん節が効いてて、太一くんのまだ見えなかった部分が今回の作品でまた見えたような気がしてもっと太一くんワールドにハマりました!
アレンジャー陣もまた大好きな方々ばかりで特に9曲目のgrooveman Spotさん編曲の「Conditional」はサウンドやテンポ感も太一くんにとてもなじんでいて歌詞の乗せ方がまた独特で何度もリピートして聴いてます。そのほかにもラッパーのSALUさんをフィーチャリングした曲「空 feat. SALU」などポップでありながらこだわりがたくさん詰まった曲などライブで聴けるのが本当に楽しみです。

図に戻る

村田シゲ(□□□)

村田シゲ(□□□)

向井太一さんとはどんな人ですか?

Instagramから窺い知れる洗練された都会性と、普段の会話をするときに垣間見られるくしゃくしゃの人懐っこい笑顔。マイクを握った背中から吐き出す孤独への意識、それでも歌うことで本人がとびきり救われているんじゃないでしょうか。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

偶然にも先日、濃い青のグラデーションが転写された掛け布団カバーを買ったんだけど、激しく近くで見る青って、その瞬間の心持ちによって濁って見えたり澄んで見えたりしますよね。不思議~。今もこれからも、澄んだり濁ったり、強かったり弱かったり、向井太一の両面を臆する事無く遊ばせておくんなさい。

図に戻る

福永浩平(雨のパレード)

福永浩平(雨のパレード)

向井太一さんとはどんな人ですか?

太一と最初に絡んだのはInstagramだったと思います。
好みのものが大体一緒なのでお互いフォローし合ってましたがその頃は彼が音楽をしてることは知りませんでした。
人伝いに同い年だということを知ったり顔が似てると言われたりして興味はあったのですが、なかなか会う機会がないまま3年ほど経ち今年ようやくイベントで共演し意気投合することができました。
太一は意外と男気あるやつです。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

聴いてる音楽も服の趣味も住んでる場所も顔もほぼ一緒の太一「BLUE」リリースおめでとう。
向井太一が売れる日本って俺はすげえ格好いいと思うよ。
これからも信念を曲げずに一緒に高みを目指し合っていきたいです。

図に戻る

RIRI

RIRI

向井太一さんとはどんな人ですか?

太一さんとは去年の12月に初めてお会いして、楽曲のカッコよさと何より心地よい歌声にすぐさまファンになりました! LIVEもご一緒させていただいていますが、いつもオープンマインドで接してくださる、人となりもさわやかでステキな太一さんです!
音楽はもとより、太一さんというパーソナリティからも好きになる人続出だと思います!

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

1stアルバムリリースおめでとうございます!!
皆さん心待ちにしていた初のアルバム「BLUE」は、今までの太一さんを感じさせるR&Bベースのサウンドを取り入れた楽曲はもちろん、「FLY」「空」のようなポップ色のあるキャッチーな楽曲もあり、いろんな太一さんを知れるまたもやめちゃカッコいいアルバムです!!! COOLなリズムやグルーヴに歌詞を溶け込むように歌い上げる太一さんの歌声と世界観に酔いしれて♪

図に戻る

RYOHU

RYOHU

向井太一さんとはどんな人ですか?

芯がちゃんとあって、それをぶつけることなく伝えられる人。
なんてスマートなんでしょう。
きっと心が温かく、熱く生きている証拠ですね。そんなアーティストだと思います。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

まずタイトル。私のEPと1文字違い。
それだけでなんかいいですよね。より一層色が混ざり合って、1つになっていく音楽は、冷静と情熱を兼ね備えた向井くんそのものでした。

図に戻る

Actors

玉山鉄二

玉山鉄二

「BLUE」について

彼のメロウな曲を聴くとデリケートな気持ちになり、彼の歌声を聴くとエモーショナルな理念、哲学、思想を感じさせられる。
霧に差す陽光のような作品だ。

図に戻る

千葉雄大

千葉雄大

珈琲のいい香りが広がる部屋。
レースのカーテンを開けるとふわっと心地いい風が入ってきて、今日もがんばろうと思う。
雨の日。なんだか気分が乗らない。
イヤホンから聴こえる曲に口角が上がった。
夜にはおしゃれな服を着て、お酒を片手に少し背伸びした時間へと花を添えてくれる。
素敵なアルバムに出会えて、僕の日常も彩り豊かになりそうだ。
ライブで聴ける日を楽しみにしております!!

図に戻る

松重豊(FMヨコハマ DJ)

松重豊

向井太一さんの音楽の魅力はどこだと思いますか?

門外漢の私が、偉そうなことを言う気はさらさら無いのですが、向井さんの音楽を初めて聴いたとき、耳に心地よいPOPな曲の中に、骨太で、どこか年齢を超えた大胆さを感じました。
それは、向井さん自身が聴き込んできたさまざまな音楽に裏打ちされた自信と、同郷なので恐縮ですが、福岡という土壌も影響してるかな、なんて思ったりしてます。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

さまざまなアーティストとの共作に溢れたアルバム。
私も大好きな方ばかりで、その人たちの力を吸収しながらも、唯一無二とも言える向井太一ワールドを構築している。
舌を巻くその才能に、時代がどう反応していくのか、楽しみです。

図に戻る

Co-workers

Kan Sano

Kan Sano

参加曲と、参加曲にまつわるエピソードを教えてください。

向井太一さんとの出会いは今年の春に大阪のライブでご一緒したのが始まりです。
物腰の柔らかさ、爽やかな印象からは想像できない、力強く、芯のある男前な歌い手。ピアニストとしていろんなシンガーの伴奏をしてきましたが、伴奏しがいのあるシンガーに出会えるチャンスはそんなに多くないし、幸運なことです。UAさんに初めて出会ったときのことを思い出しました。天性のシンガーなのだと思います。
歌とピアノのセッション感、ライブ感を大事にしたかったので、音数は少なめに、シンプルなアレンジを目指しました。太一さんのソウルフルでブラックな部分がよく引き出せたと思います。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

リリースおめでとうございます!!
いろんなプロデューサーと絡みながらも、自分の持ち味をちゃんと発揮できるのは太一さんのような芯のあるシンガーならではですね。お手伝いできて光栄です。
一緒に作ってる曲も早く完成させたいですねー!

図に戻る

SALU

SALU

参加曲と、参加曲にまつわるエピソードを教えてください。

歌詞で書いたようなことが自分の身に起きているタイミングで向井くんから今回の楽曲について連絡をもらって、向井くんの歌詞と音を聴いてすぐに書きあがりました。
曲ももちろんですが、本当は雨は降っていないのに自分の歌詞に合わせてタンクから水を引っ張って作ってもらった雨に2時間打たれずぶ濡れになっているMVのシーンもぜひ観て頂きたいです。
※「空 feat. SALU」に参加。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

向井くん、今回は素敵な作品に携わらせてもらって本当にありがとうございます。以前よりライブを観に行かせてもらったりしていたので一緒に音楽ができてとてもうれしかったです。
今度は一緒にライブできることを楽しみにしています!

図に戻る

高橋海(LUCKY TAPES)

高橋海(LUCKY TAPES)

参加曲と、参加曲にまつわるエピソードを教えてください。

「FLY」で編曲、トラックメークを手掛けさせていただきました。初めに作ったデモはもっとトラック寄りで、向井太一らしい緩めなサウンドだったのを、ギターカッティングやサビの高揚感を加えてポップス要素もある踊れるチューンに。自分が所属するLUCKY TAPESとの共演の際に、コラボで演奏したりと思い入れの深い1曲。何より太一くんの歌録りの速さに驚かされた!

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

1st Full Albumリリースおめでとう! 海外のメインストリームとリンクするようなサウンドを日本で歌える男性シンガーはまだ少ないから、この作品を通して日本の音楽シーンに面白い旋風を巻き起こしてくれるんじゃないか、なんて期待してる。歌はもちろん、ルックスやセンス、人間としても魅力的な彼には、音楽にとどまらずさまざまなカルチャーを巻き込んだ新時代の顔になってほしい!

図に戻る

mabanua

mabanua

参加曲と、参加曲にまつわるエピソードを教えてください。

今回「空」と「眠らない街」の2曲で参加させてもらいましたが、「眠らない~」は隙間を生かしつつもラストに向けてゆっくり熱が高まっていく感じにこだわりました。「空」はもとのデモはあったのですが、よりドラマチックに、ダイナミックという話があったので、そのあたりを意識しつつ、場面展開の多さや一瞬しか出てこない音など何度聴いても発見があるアレンジにしてみました。あとボーカル録りはほぼ2、3テイク。それに僕がブリッジを新たに作ったところすぐに太一くんがその場で歌詞を書いてレコーディングしてしまったところが衝撃でした。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

太一くんリリースおめでとう! 今回こんな最高なアルバムに参加できてうれしいです。太一くんはオーバーグラウンド、アンダーグラウンドを自由に行き来できる数少ないアーティストの1人だと思っています。これからもその素敵な歌声を武器にシーンの中を真っ直ぐ突き進んでください! また一緒にやろうね!

図に戻る

MONJOE(yahyel)

MONJOE(yahyel) Photo by Yuri Nanasaki

参加曲と、参加曲にまつわるエピソードを教えてください。

僕らと一緒に曲を作りたいというのは太一くんなりの悪ノリ(もちろんよい意味で)だと思ってて、オファーをもらった時点から好き勝手やってやろうと思ってました。できあがったトラックに、太一くんは自分の危なっかしい側面を見事、歌にして乗せてくれました。僕の家に大量のお菓子を持って制作しに来たときの彼の笑顔からは予想がつきませんでしたが、新しい顔を引き出せたという点でとてもうれしいです。

「BLUE」をリリースした向井太一さんへメッセージをお願いします。

リリースおめでとうございます。太一くんはオーバーグラウンドとアンダーグラウンドをつなぐ存在だと勝手に思っています。そういうアーティストと一緒に何かを制作するのはとても刺激になるので、今後ともお互い面白いことをやっていけたらなと思います。

図に戻る

向井太一「BLUE」
2017年11月29日発売 / TOY'S FACTORY
向井太一「BLUE」

[CD] 2500円
TFCC-86626

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 楽園
    [Co-Produced by Julian-Quan Viet Le、LeJkeys]
  2. FLY
    [Co-Produced by Kai Takahashi]
  3. Can't Wait Anymore
    [Co-Produced by MONJOE、MIRU、荘子it]
  4. Lost & Found
    [Co-Produced by CELSIOR COUPE]
  5. Great Yard
    [Co-Produced by starRo]
  6. BLUE
    [Co-Produced by CELSIOR COUPE]
  7. 空 feat. SALU
    [Co-Produced by mabanua]
  8. 眠らない街
    [Co-Produced by mabanua]
  9. Conditional
    [Co-Produced by grooveman Spot]
  10. Teenage
    [Co-Produced by BACHLOGIC]
  11. ONE
    [Co-Produced by CELSIOR COUPE]
  • Bonus Track1. 君にキスして
    [Co-Produced by Kan Sano]
  • Bonus Track2. FREER
    [Co-Produced by Masahiro Tobinai]
向井太一「"BLUE" TOUR 2018」
  • 2018年1月13日(土)大阪府 心斎橋VARON
  • 2018年1月19日(金)東京都 WWW
向井太一(ムカイタイチ)
向井太一
1992年3月生まれ、福岡出身のシンガーソングライター。幼少期よりブラックミュージックを聴きながら育ち、2010年に上京しジャズとファンクをベースとしたバンドにボーカルとして加入する。2013年にソロ活動をスタートし、2016年3月に初の音源となるミニアルバム「POOL」をインディーズでリリース。その後TOY'S FACTORYの新レーベル・MIYA TERRACEと契約し、同年11月にミニアルバム「24」を発表した。11月に1stアルバム「BLUE」をリリース。