hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017 PR

hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017|hideと同世代の3人「MLJ」で邂逅

hideが初めて人前で歌った日を回想

大槻 バンドブームの頃って、ハードロック系のバンドが意外と少なかったじゃない? そのくくりで呼ばれることもあったんだよね、当時は。

MAGUMI そういうとき、Xのメンバーとは話をしてたの?

大槻 僕よりも橘高(文彦 / 筋肉少女帯)くんのほうが仲良かったんじゃないかな? 彼はヘヴィメタルだから。hideさんはね、僕らがやってた「筋少ちゃん祭り」というイベント(1992年3月開催)に出てくれたことがあって。日清パワーステーションだったんだけど、hideさんが人前で歌を歌ったのはそのときが初めてだったんですよ。ギターが橘高くん、ドラムがかまいたちのけんchan、ベースがBY-SEXUALのDENくんで、ある有名な曲をやって……あ、この話は「MIX LEMONeD JELLY」の本番のMCで話したほうがいいな(笑)。

MAGUMI ははは(笑)。僕はここ(REDSHOES)でhideとよく会ってたんだよね、その頃は西麻布交差点の近くにあったけど。Xの名前が少し知られてきた頃にメンバーと仲良くなって、hideもちょくちょく店に来るようになってさ。「hideの音楽性はLÄ-PPISCHに近いかもね。どっちかっていうとイギリス寄りだから」っていう話も聞いてたし。

大槻 わかるような気がするな。

MAGUMI 最初は「でもXのギターの人でしょ?」って感じだったんだけど、話してみるとホントにそっち寄りで。ソロになってからは、インダストリアルの要素が強くなっていたけどね。それと同じような感じで関わったヤツがもう1人いて、それがJ(LUNA SEA)なんだよね。周りの人から「Jがソロでやってる音楽はLUNA SEAとはちょっと違うんだよね」って聞いていて。パンク寄りでしょ、Jは。

大槻 なるほどね。その頃のREDSHOESって、多少売れてないと行けない感じがあったよね。名前が知られてくると「俺もいよいよREDSHOESかな」って。

MAGUMI 俺はREDSHOESの主(ぬし)っぽい感じだったけどね(笑)。

大槻 僕とかあっちゃんは中央線文化だから……。

アツシ(ニューロティカ)

アツシ 新宿止まりです(笑)。

大槻 西麻布や六本木はちょっと怖かった(笑)。それでも何回か来たことあるけど、酔っぱらってたからよく覚えてないんだよね。あっちゃんはXのメンバーと話したことあった?

アツシ いや、僕はほとんど会ったことがないんですよ。PATAさんにばったり飲み屋で会って、ちょっと話したことはあったけど。あの頃のバンドって、そんなにしゃべらないイメージもあったじゃないですか。LÄ-PPISCHさんとも当時は全然話せなかったし。挨拶するくらいでしたよね?

MAGUMI そうだね。あっちゃんと仲良くなったのはここ10年くらいだから。一緒にスナック行ったのがきっかけで(笑)。

アツシ、YOSHIKIの銅鑼を叩いてしまう

アツシ 1980年代とか90年代の初めって、対バンの人ともあまり話をしてなかったんですよ。リハのときからピリピリしてたし。

MAGUMI 「対バン相手は敵」っていう。楽屋に不穏な空気が流れてることもあったね。

大槻 そうね(笑)。飲みの席でも各バンドが何かかましてやろうとしてたから。ロックバンドとして世に出るのが初めてだったし、英米のロックミュージシャンのように何かやらかさないといけないと思ってたんじゃないかな、みんな。特にXとLÄ-PPISCHはいろんな伝説があるからね。

MAGUMI ウチはひどかったね。たぶんファンキーをカン違いしてたんだろうね(笑)。

大槻ケンヂ(筋肉少女帯)

大槻 筋肉少女帯は草食系男子が多かったから、全然ダメでしたね。

アツシ Xのメンバーの中だと、YOSHIKIさんには1回だけ絡んだことがあるんですよ。YOSHIKIさんとGHOUL(グール)のMASAMIさんがやってたL.O.X.というバンドと対バンしたことがあって。渋谷のLIVE INNというライブハウスだったんですけど、当時YOSHIKIさんも白塗りだったから、楽屋でメイクしながら「白塗り、大変ですよね」って話をして。

大槻 ははははは(笑)。

MAGUMI それ、めちゃくちゃ面白いね(笑)。

アツシ アンコールで“マーシャル君”というパフォーマンスをやったんですけど、YOSHIKIさんのドラムの後ろに置かれている銅鑼を見つけて、面白がって叩いちゃったんです。あとから「YOSHIKIの銅鑼を勝手に叩いた奴は殺されるよ」って聞かされて、「ヤバい、やっちゃった……」って。でもYOSHIKIさんはいい人だったから、全然大丈夫でした。あとね、帰り際にライブハウスを出たら女の子がたくさんいたから「俺も人気出てきたな」と思ったら、後ろにYOSHIKIさんがいたっていう(笑)。あの頃からすごい人気でしたね。

hideはやりたいことを実現させてきた男

大槻 hideさんのことで1つ面白い出来事があって。僕が「ボイズンガルズ」という番組の司会をやってたときに、hideさんがゲストで来てくれたことがあるんですよ。小中学生の悩み相談に答えてもらったんだけど、彼は「え、わかんない」って素で言うんだよね。それはテレビ的にダメだろう!と思って「もう少し膨らませてよ」って言ったら、「だって、ホントにわかんないんだもん」って。そのときね、「あ、この人はアーティストなんだな」って思いましたね。そう言えば「FOOL'S MATE」という雑誌でhideさんと2人で表紙を飾らせてもらったこともありました。そう考えると、僕らもヴィジュアル系の一端を担っていたのかもしれないな……。

MAGUMI ヴィジュアル系という言葉はhideが作ったんだよね。hideは交友の範囲が広いんだけど、意外と人見知りだったんだよ。あと目がすごく悪いのにコンタクトもメガネもしてないから、人の顔が全然見えてなくて。REDSHOESで会っても、必ず「誰だよ、お前」って威嚇してくるっていう(笑)。

アツシ 見えてないから(笑)。

MAGUMI(MAGUMI AND THE BREATHLESS)

MAGUMI そうそう。「MAGUMIだよ」って言ったら、「あ、すいません!」って。毎回それだからね(笑)。ちょっとヤンキー気質もあったんじゃない?

大槻 いろんな面を持ってる人だよね。hideさんがソロになって、テレビの音楽番組に出たときも驚いたな。当時のバンドマンは「テレビなんか適当にやっとけばいいんだよ」みたいなロックな気持ちがあったんだけど、hideさんはしっかりテレビを活用してたからね。「経費が使えてうらやましいな」とも思ったけど(笑)。

MAGUMI 自分がやりたいと思ったことを確実に実現してきたからね、hideは。例えば「これをやりたいけど予算が足りない」というときも、どこからお金を引っ張ってくればいいか?って模索できるタイプというか。90年代にそういうことを考えていたのは、すごいことだと思うよ。だって、ロックでメシが食えるなんて、誰も本気で思ってない時代だったから。

大槻 そうだよね。

MAGUMI レコード会社もロックバンドで売り上げを出そうなんて思ってなくて、「とりあえずロックバンドとも契約しておこうか」くらいの感覚だったからね。俺、メジャーデビューするときに「日本にロックが好きな人は3万人しかいない。これで食えると思わないでほしい」って言われたから。我々の先輩でロックをやってたのって、もともとお金持ちって人が多いでしょ?

アツシ そうかもしれないですね(笑)。

大槻 バンドブームは「ロックバンドで金を稼ぐことはできるのか?」という実験だったんだよね。僕らが実験台になったおかげで、クリープハイプやONE OK ROCKがいるんだよ(笑)。

hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017

2017年8月5日(土)東京都 新木場STUDIO COAST
OPEN / START 11:00

hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017

出演者

RIGHT STAGE

defspiral / ニューロティカ / LM.C / J / 筋肉少女帯 / ZEPPET STORE

LEFT STAGE

SPEED OF LIGHTS / jealkb / Aldious / 大門弥生

BLUE SKY STAGE

カルメラ / チームしゃちほこ / exist†trace / KISS THE WoRLD / GREMLINS / MAGUMI AND THE BREATHLESS / heidi. / DaizyStripper / 山嵐

ISLAND STAGE

STARMARIE / 桃知みなみ / DJダイノジ / DJ HIROAKI ASAI / Kiyoshi / DJ INA / ゴウシ&CUTT / 桂りょうば

筋肉少女帯(キンニクショウジョタイ)
1982年に中学の同級生だった大槻ケンヂ(Vo)と内田雄一郎(B)によって結成。インディーズでの活動を経て、1988年にアルバム「仏陀L」にてメジャーデビューを果たす。1989年に橘高文彦(G)と本城聡章(G)が加入し、「日本印度化計画」「これでいいのだ」「踊るダメ人間」などの名曲を発表。特に「元祖高木ブー伝説」はチャートトップ10入りを記録し、大きな話題に。大槻による不条理&幻想的な詩世界とテクニカルなメタルサウンドが好評を博すものの、1998年7月のライブをもって活動を“凍結”。各メンバーのソロ活動を経て、2006年末に大槻・内田・橘高・本城の4人で活動再開を果たす。2007年9月には約10年ぶりのオリジナルアルバム「新人」をリリース。東京・日本武道館公演や「FUJI ROCK FESTIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」といった大型イベントへの出演など、精力的なライブ活動を展開する。2015年5月には人間椅子とコラボバンド「筋肉少女帯人間椅子」でシングル「地獄のアロハ」を発表。2016年10月にはベストアルバム「再結成10周年パーフェクトベスト+2」とシングル「人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)」を同時リリースした。
MAGUMI AND THE BREATHLESS(マグミアンドザブレスレス)
MAGUMI(Vo, Tp)、永井秀樹(G, Cho)、袴塚徳勝(B, Cho)、カサマツマサヨシ(Dr)、島本亮(Key, Sax, Cho)からなる5人組バンド。LA-PPISCHのフロントマンとして知られるMAGUMIのソロアコースティックユニットにリズム隊を加えて2009年に結成された。2011年に2枚のシングルと1stアルバム「delight」をリリース。2014年5月には2ndアルバム「Demonstration」とシングル「Electric Discharge」を2タイトル同時リリースした。現在は全国各地でライブを中心に活動中。
ニューロティカ
1984年にATSUSHI(Vo)と修豚(G)によって結成されたパンクバンド。結成と同時に設立したネオファミリーレコードからオムニバス盤やシングルを発表し、1989年5月には初のフルアルバム「ハーレム野郎」をリリース。翌1990年6月に日本コロムビア TRAID レーベルより、シングル「ア・イ・キ・タ」でメジャーデビューを果たした。ピエロメイクと派手なコスチュームで誰もが口ずさみやすいパンクサウンドを提示し続け、特にライブを重視した活動により現在までの総ライブ回数は1600回を超える。また野村沙知代や小向美奈子との共演や奇抜なライブ企画などユニークな活動でたびたび話題となる。この姿勢をリスペクトし、これまでリリースされているトリビュート盤には氣志團、PUFFY、カジヒデキ、LUNKHEAD、MERRYなど多彩なアーティストが参加している。現在のメンバーはATSUSHI、KATARU(B)、NABO(Dr)、JAMES(G)で、2017年5月にこの体制で初のアルバム「良いか悪いかは別として(笑)」をリリースした。