JUNNA「Here」 PR

JUNNA|戦いの先にある“Here”

ピアノと1対1で挑んだ等身大のラブバラード

──続いて3曲目「ソラノスミカ」は等身大の恋心を歌ったシンプルなバラードですが、資料によれば初めての“ピアノ一発録り”にチャレンジしたと。

はい。ホントに今までになかった経験だったので、リハーサルで初めて合わせるときに「失敗したらどうしよう!」とか思ってたんですけど、1回歌い終えてからは緊張せずに、自然体で歌えました。

──「Here」は悲痛な叫びとも取れる歌声で、「Steppin' Out」はライブ感のある伸び伸びした歌声。この「ソラノスミカ」は温かくて優しい歌声と、歌い分けが見事だなと思いました。

JUNNA

そこは、自分ではあんまり意識してなくて……どちらかと言うと曲調と歌詞に引っ張られると言うか、3曲とも世界観が全然違うので、それに合わせて歌うことを意識したら、こうなりました。特に「ソラノスミカ」は歌詞が映像的で、「旅立つ君」に思いを伝えるべく自転車を走らせるという情景が浮かびやすいので、するっと歌の世界に入っていけた感じですね。

──「ソラノスミカ」はゆったりしたバラードでありながら、前2曲と同様に1曲の中で起伏があると言うか、メリハリをつけて歌ってらっしゃいますよね。

ホントに、歌詞をそのまま追えば素直に気持ちが表せる曲だったので。例えば最後の「好きだよ」は、ただ強く告白するんじゃなくて、「旅立つ君」を優しく送り出してあげるようなニュアンスも込めながら歌いました。あと、ピアノと1対1だったので、ピアノの演奏の強弱に寄り添いながら歌うことで、うまく表現できた部分もあるんじゃないかなって。

──なるほど。一方で、ピアノと1対1ということは、歌声の逃げ場がないと言うか、ごまかしが効かない部分もありますよね。

今までのレコーディングで一番、自分の声がダイレクトに響いてきますね。でも、自分の声がちゃんと聴けるから逆に「あ、ここ失敗したな」みたいなのがわかりやすくて、修正しやすかったですね。

──恥ずかしいとは思わなかったですか?

思わないですね。恥ずかしいと思ってたら、歌えないので(笑)。

ロックを軸にしつつ振り幅を

──前回のインタビューの最後で、今後は「もっとロックの割合を増やしていきたい」とおっしゃいましたが、それは今も変わらないですか?

そうですね。普段聴くのもロック寄りの曲が多いし、歌うのも好きなので。でも、今こうしていろんな曲を歌わせてもらっているので、ロックを軸にしつつ、振り幅の広いタイプの曲を歌える人になれたらいいなとは思います。

──ちなみに、今はどんなロックを聴いてるんですか?

JUNNA

今は、ロックじゃなくて……。

──違うんだ(笑)。

三浦大知さんと、アイドル……と言うか、わーすたさんにハマってて。

──なぜ数あるアイドルグループの中で、わーすたなんですか?

とにかくすっごいかわいくて、曲もバラエティに富んでるし。ライブ映像とかもめちゃくちゃ観てるんですけど、ホントに面白くて飽きないんですよ。

──いろんな音楽に触れるのはいいことだと思います。そのわーすたから、ロックに軸足を置くボーカリストとしてのJUNNAさんにフィードバックされるものってあります?

いやあ、今のところは私が勝手に楽しんでるだけなので(笑)。

2018年は“2倍”に

──JUNNAさんにとってこのシングルが年内最後のリリースとなります。なので、ちょっと早いですが、2017年をご自身で振り返っていただけますか?

「あっという間でした」のひと言に尽きますね。1月にワルキューレとして横アリ(神奈川・横浜アリーナ)に立たせていただいて、3月からはソロデビューに向けて動き出して、夏にはワルキューレとして海外でのイベントに出演させていただいて、初めてのワンマンツアーがあって、今回のリリースがあって。まさか自分が横アリのステージに立つなんて思ってもいなかったし、それも含めてホントにいろいろな経験ができました。

──目まぐるしい1年の中で、学校にも通われていたわけですよね。ぶっちゃけ、学業と音楽活動の両立はしんどくなかったですか?

いや、でもみんな、わりと忙しいんで。

──JUNNAさんのクラスメイトも?

はい。みんな部活だったり自分のやりたいことをがんばってるので、「私もがんばろう」と思いながらやってます。今、ちょうどテスト週間に入っててちょっとヤバいんですけど(笑)、毎日楽しく過ごせてます。

──2018年の話をすると、2月にはワルキューレとして再び横アリ公演が、そして4月にはご自身のツアーも決定しています。

横アリに関しては、前回のライブを観てくださったお客さんには「前とは全然違うワルキューレになってたよ!」と、初めてライブに来てくださるお客さんには「観に来てよかった! また観たい!」と思っていただけるようなステージにしたいです。やっぱり、パワーアップした姿をお見せしないとダメだと思うので、それを課題に、5人でがんばります。

──ソロのほうは?

今回の「Here」も含めてまた違う雰囲気の曲が増えたので、ライブでも曲ごとの世界観をしっかり表現できるように。あと、やっぱりワルキューレと同じなんですけど、観に来てくださるお客さんには、前と同じものをお見せするんじゃなくて、それより2倍くらい、すごいものをお見せしたいと勝手に思っているので。

──2倍。「Vai! Ya! Vai!」(=倍ヤバい)だけに。

そうですね(笑)。あと、ステージも前より大きくなるので、よりダイナミックに動き回ったりできたらいいなと思います。

JUNNA
JUNNA「Here」
2017年11月1日発売 / FlyingDog
JUNNA「Here」CD

[CD]
1512円 / VTCL-35263

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Here
  2. Steppin' Out
  3. ソラノスミカ
  4. Here -Instrumental-
  5. Steppin' Out -Instrumental-
  6. ソラノスミカ -Instrumental-

ツアー情報

JUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I'm Here~
  • 2018年4月15日(日)宮城県 LIVE STUDIO RIPPLE
  • 2018年4月22日(日)大阪府 なんばHatch
  • 2018年4月28日(土)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
  • 2018年5月5日(土・祝)愛知県 Zepp Nagoya
JUNNA(ジュンナ)
JUNNA
2000年11月2日、愛知県生まれのシンガー。テレビアニメ「マクロスΔ」で劇中に登場する“銀河系最強の戦術音楽ユニット”ワルキューレのメンバー、美雲・ギンヌメールの歌を担当し、2015年大晦日に配信シングル「いけないボーダーライン」でワルキューレとしてデビューを果たす。以降、2016年4~9月のアニメ放送に合わせてワルキューレでの活動が活性化し、2枚のシングルと3枚のアルバムを発表した。2016年夏には東名阪のZepp会場を回るライブツアー「SANKYO presents『マクロスΔ』戦術音楽ユニット ワルキューレ 1st LIVE in Zepp Walkure Attack!」を、2017年1月には神奈川・横浜アリーナでの2DAYSライブ「ワルキューレがとまらない」を成功させた。2017年6月に1stミニアルバム「Vai! Ya! Vai!」でソロデビュー。11月にはテレビアニメ「魔法使いの嫁」オープニングテーマ「Here」が1stシングルとしてリリースされた。2018年春には2度目のソロツアー「JUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I'm Here~」を行う。