ウィンディ(CV:井口裕香)「OH!OH!オトッペ」 PR

井口裕香「オトッペ」特集|聴いちゃダメ!? ウィンディと歌って踊るハッピーソング

NHK Eテレで放送中のテレビアニメ「オトッペ」の新エンディングテーマ「OH!OH!オトッペ」が6月21日に配信リリースされた。ダブミックスが施されたサイケデリックなサウンドが特徴の本作のボーカルを務めたのは、風のオトッペ・ウィンディとしてアニメに出演している井口裕香。音楽ナタリーでは井口に「オトッペ」や新エンディングテーマ「OH!OH!オトッペ」の魅力について話を聞きつつ、声優デビュー15周年、アーティストデビュー5周年を迎えた自身の活動についても語ってもらった。

取材・文 / 三浦良純 撮影 / 曽我美芽

日常にあふれる音を集めるアニメ「オトッペ」

──まず「オトッペ」がどんな番組なのか、登場キャラクター・ウィンディの声を務める井口さんの口から聞かせてもらえますか?

シーナという世界一のDJを目指す女の子がオトッペタウンという世界に迷い込んで、音から生まれた不思議な生き物・オトッペと出会うお話です。風で木が揺れる音とか鉄の鳴る音とか、いろんな音から生まれたオトッペが出てくるので、このアニメを観れば日常にたくさんの音があふれていることに改めて気付いてもらえると思います。

──子供向け番組の主人公がDJって、なかなかないですよね。

そうなんですよね。レコードも出てくるし、子供たちはわかるのかなって気もするんですが、「オトッペ」を観ていたら、そういう知識も身について自然とオシャレな子供に育ちそうです。DJと言えば、先日DJを目指す若者を描いた映画(「WE ARE YOUR FRIENDS」)を観ていたら、主人公が何気ない自然の音の素晴らしさに気付くシーンがあって、「オトッペ」にも通ずるなと思いました。

──なるほど。井口さんが演じているウィンディはどういうキャラクターですか?

井口裕香とウィンディ。

ウィンディは風から生まれたオトッペで、いつも「ビュービュー」言っているいたずら好きな子です。主人公のシーナとよく一緒にいて、とにかく屈託がなく思ったことをすぐ言う子供らしさが魅力の子で。その純粋さがかわいいって思ってもらえるように、意地悪な感じとか嫌味な感じは出ないように気を付けて演じています。

──アドリブで演技していることもあると伺ったんですが、ウィンディは井口さん自身と似通った面もあるんでしょうか?

とっても似てると思いますね。もちろん私はTPOにあわせて行動していますが、友達とか家族とか仲がいい人に対しては本当にそのままの奔放な自分を見せて生きているので。だからこそ演じやすいし、いっぱい考えて演技するというよりは、主人公のシーナとかけ合いをする中で自然と生まれてくるものを出せています。

聴いたら踊りが止まらなくなる歌「OH!OH!オトッペ」

──今回配信リリースされたウィンディが歌う新エンディングテーマ「OH!OH!オトッペ」を聴かせてもらったんですが、いきなり「聴いちゃダメ」って言われてビックリしました。

あははは(笑)。オトッペがこの歌を聴くと「オトウイルス」に感染して踊らずにいられなくなってしまうので「聴いちゃダメ」って言ってるんですけど、人間の皆さんはぜひ聴いてください(笑)。「OH!OH!オトッペ」はもともとアニメの収録の際にキャストみんなで歌っていた曲で、「これは耳に残る洗脳ソングだな」と思っていたんですけど、今回まさか1人で歌わせてもらえるとは思わなかったです。1回聴いたらすぐ歌えちゃうような覚えやすさがあって本当にかわいい曲だし、振り付けもかわいいので、ぜひお子さんだけでなく、大人の皆さんも一緒に口ずさんで踊ってくれたらうれしいです。

──「OH!OH!オトッペ」のレコーディングはいかがでしたか?

井口裕香とウィンディ。

座りながら歌うっていう普段のレコーディングとは違った形で不思議な感じでしたね。ウィンディの生き生きとした感じが出るように、歌うと言うよりもアフレコの演技の延長で楽しくセリフをしゃべるようにレコーディングしました。だんだんテンションが上がっていったり、笑い出しちゃったり、壊れていったり、同じフレーズをいろんなバージョンで録りました。

──オトウイルスに感染しているときのオトッペの気持ちってどんな感じなんでしょうね。

だいぶハッピーな感じになってますよね。だから楽しさを伝えるのが第一でした。

──番組内でこれまで発表されてきたほかの楽曲もキャッチーで楽しいですよね。

「恋するなべぶぎょう」とかも楽しいですよね。アフレコ現場でキャストのみんなと一緒に歌ったんですけど、すごくにぎやかで現場に一体感が生まれたことが印象に残っています。

──「オトッペ」は放送2年目に突入しましたが、放送当初と比べて周りの反応は変わりましたか?

観てるって言ってもらえる機会がどんどん増えています。最初はお子さんがいるスタッフの方に「子供が観てるよ」って言ってもらえることが多かったんですけど、ここ最近はお子さんがいない方でも観てくれるようになって。すごくうれしいですね。

──井口さんご自身の身近なところにも「オトッペ」を観ている子供はいますか?

甥っ子と姪っ子がすごく観てくれていますね。でも私が「ビュービュー」って目の前でウィンディを演じても、興味がないみたいで「ウィンディだー!」とはならずに「何言ってんの」みたいな感じになるので寂しいところではあります。「オトッペ」のDVDとかポストカードをあげて点数を稼いでいます(笑)。

ウィンディ(CV:井口裕香)
「OH!OH!オトッペ」
2018年6月21日配信開始
ウィンディ(CV:井口裕香)「OH!OH!オトッペ」
収録曲
  1. 「OH!OH!オトッペ」
NHK Eテレ「オトッペ」
NHK Eテレ「オトッペ」
放送情報
毎週月~金曜日 8:40~8:45
再放送:
毎週月~金曜日 17:55~18:00 / 日曜日 7:40~7:45
※放送日時は予告なく変更になる場合あり。
ストーリー
世界一のDJを目指す主人公シーナはある日、不思議な扉をくぐって別の世界に迷い込んでしまう。そこは音から生まれた不思議な生き物・オトッペたちが暮らす「オトッペタウン」。シーナはこの世界で風の音から生まれたウィンディをはじめ、さまざまな音から生まれたオトッペたちと出会っていく。
キャスト
  • シーナ:久野美咲
  • ウィンディ:井口裕香
  • メタルク / グラストン:千葉進歩
  • ウッドウッド / フレイミー:木内秀信
  • モータロン:渡辺明乃
  • ペッペラーノ / ポトレイン / ナレーター:桐井大介
  • ウォッタ:小原好美
  • ドアモリソン / ウィンディパパ:大山鎬則
  • カットン:浅野まゆみ
  • エレキー:飯島肇
井口裕香(イグチユカ)
井口裕香
1988年7月11日生まれ。2003年にテレビアニメ「デ・ジ・キャラットにょ」のうさだあかり役で声優としてデビューし、2013年2月に「劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-」のイメージソング「Shining Star-☆-LOVE Letter」でソロアーティストデビューを果たした。その後も「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」や「Lostorage incited WIXOSS」などさまざまなテレビアニメのテーマ曲を担当し、これまでにシングル9枚、アルバム2枚をリリース。ライブ活動も積極的に行っており、2017年1月には東京・中野サンプラザホールでの単独公演を成功に収める。2018年7月にはアーティストデビュー5周年を記念したワンマンライブを東京・片柳アリーナ、大阪・Zepp Osaka Baysideで開催する。