音楽ナタリー PowerPush - Goose house

“甘み”と“苦み”2作に込められた、多彩な音楽性

Goose houseのニューアルバム「Milk」「Bitter」が2作同時リリースされた。

アルバムとしては約1年半ぶりとなる両作は、「Milk」がメジャーレーベルから、「Bitter」がインディーズレーベルからのリリースとなる。シンガーソングライター7人が集まるGoose houseが描き出す多彩な楽曲群がサウンドやメッセージの内容によって区別され、それぞれが異なるコンセプトを持つ作品にまとめられた。彼らの持つ魅力を多角的に味わえる仕上がりとなっている。

新作のリリースを記念し、今回ナタリーではメンバー全員にインタビューを実施。新作に込めた思いや、Goose houseならではの制作手法、そして今後の展望について話を聞いた。

取材・文 / もりひでゆき インタビュー撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

メジャー盤とインディーズ盤、2枚に分けられた理由

Goose house

──Goose houseとしてのアルバムリリースとしてはちょっとひさしぶりですね。

工藤秀平 約1年半ぶりですかね。その間もコンスタントに曲を書き貯めていたので、それをようやく出せるのがうれしいです。

──今回は「Milk」と「Bitter」という2枚を、それぞれメジャーレーベルとインディーズレーベルからリリースします。

齊藤ジョニー 僕らは結成当初からずっとインディーズで音源を発表してきたんですけど、アニメタイアップのついたシングル2枚(「オトノナルホウヘ→」「光るなら」)を昨年ソニー・ミュージックレコーズからリリースさせていただいて。僕らとしては別にメジャーだからどうとかっていうことはあんまり意識してないんだけど、今回はメジャー盤とインディーズ盤を同時リリースしてみたらどうかなっていうアイデアが出てきたんです。

──2作を比較すると、大きく異なる印象を受けました。

齊藤 インディーズで出す「Bitter」には、僕らがもともと持っているアコースティック感がより色濃く反映されたと思います。その上で新しい挑戦もたくさんしているっていう。一方メジャーで出す「Milk」では、僕が最近買ったシンセを使ってピコピコした音を入れたりして、ポップで自由な雰囲気が出てるんじゃないかなって思いますね。

工藤 「Milk」にはストレートなポップ感、キラキラした青春感、僕ら自身の仲間感みたいなものを描いた詞が集まってます。で、「Bitter」にはわりと大人っぽかったり、切なかったりする世界観の曲が多いですね。最初に各アルバムの大きなテーマみたいなものを決めて2作の収録曲を選んでいきました。

ソロシンガー7人が集まることの“強み”

──「Milk」と「Bitter」それぞれの収録曲選択はスムーズに進行しました?

竹渕慶 いや! けっこう大変でしたね。

ワタナベシュウヘイ どれだけ話し合ってたっけ? 2、3週間?

工藤秀平

工藤 そうだね。メンバー間で「この曲は『Milk』と『Bitter』、どっちに聞こえる?」っていう話し合いを延々やってたんですけど、最初は聴く人ごとに感じ方がけっこう違っていたりもして。なので、よりテーマを意識した曲を作りつつ、何回もトライ&エラーをして2作のイメージをつかんでいった感じでした。

齊藤 Gooseがもともと持っていた多様な音楽性を、今回はしっかり分けて見せることができたのかなって思うんですよね。

竹渕 自分たちの音楽性の確認作業でもあったのかもしれないですね。

竹澤汀 今回色分けを完全に2つにしたことで、Goose houseの持つ多面性とその面白さもよりはっきり見せられている部分があると思いますし。それぞれのアルバムにざっくりとしたテーマはありながらも、楽曲の表現を限定されない面白さがしっかり出ているというか。

工藤 アコースティックな曲調のよさを大事にはしつつも、そこに縛られてはいないっていう。既成のルールにとらわれない音作りを常に目指しているので。

──Goose houseはソロとしても活動するシンガーソングライターが7人集まっているので、それぞれがインプットしたものをぶつけ合い、融合して生み出される無限の可能性があると思います。

工藤 そうですね。日々、それぞれが常にアンテナを張って生活してると思うんですよ。例えばライブを観に行けば「これGoose houseでやったら面白そうかも」とか思ったりもしますし。

竹渕 そうやってそれぞれ普段の生活から汲み取ってきたものが、知らず知らずのうちにGooseの曲や歌詞に反映されたりすることも多いよね。

齊藤 女性陣は海外ドラマとか映画の話とかよくしてるじゃん。そういうのも制作に影響してるところもあるんじゃない?

マナミ それはあるよね、うん。

沙夜香 私はもう変人かっていうくらい海外ドラマを観てますからね(笑)。影響を受ける部分は多いと思います。ドラマや映画のサントラを聴くと「ああ、こういう場面、こういう感情のときにこういう音楽が流れると人は心を動かされるんだなあ」とか勉強になるし。それを音作りに反映させたりして。

工藤 1人ひとりのそういったインプットがあるからこそ、Goose houseにはいろんな色があるんだなって。盤ができあがると改めて思いますね。作ってるときはそれをまとめるのが大変ではあるんですけど(笑)。

ニューアルバム「Milk」2015年2月25日発売 / ソニー・ミュージックレコーズ
ニューアルバム「Milk」
初回生産限定盤 [CD+DVD]3000円 / SRCL-8750~1
通常盤 [CD] 2700円 / SRCL-8752
CD収録曲
  1. 光るなら
  2. オトノナルホウヘ→
  3. 恋するMerry-Go-Round
  4. コバルトの街
  5. Perfume
  6. Pop Up!
  7. L.I.P's
  8. 笑ったままで
初回限定盤DVD収録内容
  • 「オトノナルホウヘ→」MV
  • 「光るなら」MV
  • TVアニメ「四月は君の嘘」ノンクレジットOP
ニューアルバム「Bitter」2015年2月25日発売 / Goose house / 2700円 / GHCD-0030
収録曲
  1. Sing 2015
  2. ドミノエフェクト
  3. ハルノヒ -合唱-
  4. Humming bird
  5. トーキョー・シティ
  6. セダンガール
  7. シオン
  8. 未来の足跡
Goose house(グースハウス)

シンガーソングライターの工藤秀平、竹渕慶、竹澤汀、マナミ、沙夜香、ワタナベシュウヘイ、齊藤ジョニーの7人からなる音楽グループ。ソニーのポータブルプレーヤー「ウォークマン」の「PlayYou.House」での活動を引き継ぐ形で2011年に結成された。UstreamやYouTubeを用いてオリジナル曲やカバー曲の演奏を披露。2012年5月に初のフルアルバム「Wandering」を完成させた。2014年にはソニー・ミュージックレコーズ内レーベル、gr8!recordsより2月にシングル「オトノナルホウヘ→」、11月にシングル「光るなら」を発表。2015年2月にgr8!recordsよりアルバム「Milk」、Goose houseよりアルバム「Bitter」の2枚を同時リリースする。