音楽ナタリー PowerPush - がんばれ!Victory

キーワードでわかる、がんばれ!Victory

キーワード6野球

がんばれ!Victoryのアーティスト写真。

現在の彼女たちを語る上でもう1つ欠かせないキーワードに「野球」がある。上京後インディーズバンドとして活動することとなった彼女たちは、キービジュアルやグッズ、ライブタイトルなどに野球のモチーフを使用している。彼女たち曰く、その理由は「野球のように日本中の方々に愛されるグループになる」「スタジアムでライブをする」「朝日放送系『熱闘甲子園』のテーマソングを提供する」「野球選手の入場曲を生演奏する」を活動目標としているからだとか。

そして彼女たちはワンマンライブのタイトルを「1回の表」「1回の裏」……と回数を重ねるごとにカウントアップさせることでファンの次回ライブへの期待感を煽り、そのライブやアーティスト写真、ミュージックビデオでそろいのベースボールシャツを着用。さらにライブグッズとしてバット型メガホンを用意し、ファンはそれを打ち鳴らしてメンバーを応援する、アイドルならぬ「バンドル」ならではのライブスタイルを確立している。そのほかインディーズ盤CDにベースボールカード風のブロマイドを封入し、スポーツ新聞風のフライヤー「がんばれ!スポーツ」を不定期発行、メジャーデビュー曲「全力!スタート」では元阪神タイガース・亀山つとむと共演する(参照:がんばれ!Victoryを元阪神・亀山が熱血指導)など、きたるスタジアムライブと「熱闘甲子園」と入場曲という3つの夢に向かって活動を繰り広げている。

キーワード7数々のミッション、そして改名

2014年7月に東京・TSUTAYA O-Crestにて行われたイベント「Victory LIVE 二回の表『次回CDリリースできるかな?大発表会』」での公開体重測定の様子。

先述の通り、彼女たちの結成当初のバンド名は英語力に若干の難のあったれなによる「Victory」。そして現在のバンド名は「がんばれ!Victory」。彼女たちはなぜ“がんばる”ことになったのか?

東京での音楽活動を本格化させた5人にはこれまで「次回作を制作したいなら最新CDを手売りで500枚売れ」といった半ば“オトナの悪ふざけ”のような「ミッション」の数々が、スタッフ陣から課せられてきた。Victoryからがんばれ!Victoryへの改名の理由もこのミッションにある。

2013年10月、彼女たちのマネージャーがバンドのオフィシャルサイトで「Victoryもだいぶふっくらとしてきました」として全メンバーにダイエットを厳命し、次回ワンマンライブで測定をすると宣言するも、2014年7月の東京・TSUTAYA O-Crest公演で行われた公開体重測定の結果、みなみが逆に増量するなど、3人のメンバーがダイエットに失敗(参照:Victory、改名回避できず!“がんばれ!”に)。この結果を受け、彼女たちは「がんばれ!Victory」への改名を余儀なくされた。

なお「がんばれ!Victory」という名前は、できそこないの野球チームがそれでも奮起し勝利を目指す青春映画「がんばれ!ベアーズ」に由来している。

キーワード8平成オールドロック

Victory「KGSD」ジャケット

5人は2014年1月に初の全国流通盤「KGSD」をリリース。これと前後して「平成オールドロック」を旗印に音楽活動を展開している。

「平成オールドロック」とは、1970~80年代ハードロックを彷彿とさせるロックサウンド。彼女たちはときにロックの名曲をオマージュしたかのようなギターリフを織り交ぜるなど、重厚かつテクニカルなアレンジを聴かせつつも、等身大の10代女子の心情をポップに歌い上げる楽曲群を発表している。またアーティスト写真やCDジャケットでAC/DCやDeep Purpleの名盤をパロディ化するなど、アートワークにも「平成オールドロック」ならではのこだわりが。

キーワード9絶対生音主義

がんばれ!Victoryを「バンドル」たらしめている大きな要因が、この「絶対生音主義」だろう。彼女たちのライブでスピーカーから爆音で流れ出すのは、あやきのボーカル、れなとみなみのギター、しのぶのベース、まゆこのドラムのみ。シーケンスを使うバンドやアイドルも少なくない中、あくまで“バンドで鳴らせる音”のみで勝負することにこだわっている。

そして「TEENS ROCK IN HITACHINAKA」のチャンピオンバンドであることからもわかる通り、“生音主義“にこだわれるのは、取りも直さず、自らのプレイとバンドアンサンブルに絶対の自信があるがゆえ。「TEENS ROCK IN HITACHINAKA」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」のような大規模フェスから街の小さなライブハウス、はたまた地元・唐津のお祭りの余興のようなイベントまで、さまざまな場数を踏んできた彼女たちは、どんなステージでも“間違いない”プレイを繰り広げる。ときにはあやきと弦楽器隊がアイドルグループよろしく同じステップを踏んでみせ、またときにはバット型メガホン片手にファンとコール&レスポンスするなど、ステージ上の彼女たちはあくまでラブリー。しかし、まゆことしのぶは常に安定感と重厚感抜群のリズムを繰り出し続け、れなとみなみはともにテクニカルなギターソロを聴かせまくる。そしてそれら楽器隊の上に乗った、あやきのハスキーな歌声はどこか優しげでかわいらくしありつつも、どこまでもシリアス。あどけなさと“ポンコツっぽさ”を感じさせるルックスとは裏腹な圧倒的なテクニックこそが彼女たちの最大の武器なのだ。

キーワード10メジャーデビュー曲「全力!スタート」

2014年12月に東京・ポニーキャニオン社内で行われたメジャーデビュー会見の様子。

改名という事件こそあったものの「バンドル」「平成オールドロック」「絶対生音主義」を旗印に順調に活動を繰り広げてきたがんばれ!Victoryは、2014年10月、東京・TSUTAYA O-nestでのワンマンライブ中にまたも「ミッション」を課されることになる(参照:がんばれ!Victoryメジャーに、ただし条件付き)。

その内容は同年11月リリースのシングル「ふらいはい!!!」の予約枚数と初週の売り上げ枚数で2000枚を記録しろ、というもの。クリアの暁にはポニーキャニオンからデビューできるという。メジャーデビュー前にハッキリと売り上げ枚数の条件を掲示されるという、なんとも過酷なミッションではあるが、彼女たちは見事クリア。2014年12月に東京・ポニーキャニオン社内で金屏風を前に“入団会見”ことメジャーデビュー会見を開いている(参照:目標枚数突破、がんばれ!Victoryメジャーに)。

そんな彼女たちのメジャーデビューシングル「全力!スタート / 夢のつづき」が5月20日にリリースされる。TBS系テレビ「CDTV」5月度のエンディングテーマになっている「全力!スタート」は、れなとみなみによるGuns N' Roses「Sweet Child O' Mine」の高速版ともいうべきギターリフと、「つかみたい 全力も飛び越えて」「今 輝くあの夢を」と高らかに宣言するあやきのボーカルが印象的な、まさに「平成オールドロック」、そしてメジャーデビューという“スタート”を飾る彼女たちにふさわしいロックチューン。一方、現在NHK Eテレにて放送中のアニメ「ベイビーステップ」第2シーズンのエンディングテーマ「夢のつづき」は5人が作詞を、作曲をボーカロイドプロデューサー・164が手がける1曲。ギターロック系ボーカロイドナンバーの名手にして、ギタリストとしても評価を集める164ならではのギターロックに乗せて、困難があってなお夢に向かう、まるで彼女たちのような存在を応援するミディアムチューンに仕上がっている。

メジャーデビューシングル「全力!スタート / 夢のつづき」2015年5月20日発売 / ポニーキャニオン
初回限定盤 [CD+DVD] 1500円 / PCCA-04200 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 1000円 / PCCA-70436 / Amazon.co.jp
あやき盤 [CD] 800円 / PCCA-04201 / Amazon.co.jp
れな盤 [CD] 800円 / PCCA-04202 / Amazon.co.jp
まゆこ盤 [CD] 800円 / PCCA-04203 / Amazon.co.jp
しのぶ盤 [CD] 800円 / PCCA-04204 / Amazon.co.jp
みなみ盤 [CD] 800円 / PCCA-04205 / Amazon.co.jp
初回限定盤 / 通常盤CD収録曲
  1. 全力!スタート
    [作詞・作曲:がんばれ!Victory / 編曲:Jin Tanaka]
  2. 夢のつづき
    [作詞:がんばれ!Victory / 作曲:164 / 編曲:Jin Tanaka]
  3. 全力!スタート(カラオケ)
  4. 夢のつづき(カラオケ)
初回限定盤DVD収録内容
  • 「全力!スタート」ミュージックビデオ
各メンバー盤CD収録曲
  1. 全力!スタート
  2. 夢のつづき
  3. scarred(仮) ※あやき盤のみ
    [作詞・作曲:れな]
  4. Don't worry(仮) ※れな盤のみ
    [作詞・作曲:れな]
  5. ずっと(仮) ※まゆこ盤のみ
    [作詞:あやき / 作曲:まゆこ]
  6. Dreamer(仮) ※しのぶ盤のみ
    [作詞・作曲:しのぶ]
  7. Simple thing(仮) ※みなみ盤のみ
    [作詞・作曲:れな]
がんばれ!Victory インタビューはこちら
がんばれ!Victoryメジャーデビューリリース記念
全力!ライブ がんばれ!Victory 全力!LIVE 三回の裏2アウト2•3塁 「1塁空いてますがここは勝負です!」 れな、しのぶ生誕祭付
  • 2015年6月13日(土)東京都 Shibuya eggman
    OPEN 11:30 / START 12:00
がんばれ!Victory LIVE 四回の表「晩夏の首位攻防最終戦!代打の神様見参!?」
  • 2015年9月12日(土)東京都 TSUTAYA O-WEST
    OPEN 17:30 / START 18:00
がんばれ!Victory(ガンバレビクトリー)

あやき(Vo)、れな(G)、しのぶ(B)、みなみ(G)、まゆこ(Dr)の5人が、小学5年生の頃に佐賀県唐津市で結成したロックバンド。2011年に行われたコンテスト「TEENS ROCK in HITACHINAKA」で優勝し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」WING TENTステージでオープニングアクトを務めた。バンドとアイドルの垣根を越えるという理由から“バンドル”というコンセプトを打ち立てて活動しており、2013年と2014年には「TOKYO IDOL FESTIVAL」にバンドとして2年連続出演している。2014年1月には初の全国流通盤「KGSD」を、11月にはシングル「ふらいはい!!!」をリリース。「ふらいはい!!!」発表時には「予約枚数と初週の売り上げ枚数、2000枚以上でメジャーデビュー」というミッションが課せられるも彼女たちはこの条件をクリア。2015年5月、ニューシングル「全力!スタート / 夢のつづき」でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たす。