超熟 PR

鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)×超熟×DELISH KITCHEN|アレンジで超熟をさらにおいしく!見た目も美しく、栄養満点アボカドエッグトースト

敷島製パン株式会社(Pasco)のパンブランド「超熟」シリーズが10月1日に誕生から21年を迎えた。

「余計なものは入れない」をコンセプトに、シンプルな素材で焼き上げるスタイルを貫き、長年にわたって日本人に愛されている「超熟」シリーズ。今回はそのおいしさをさらに楽しんでもらうため、パンを愛してやまない鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)に栄養満点、見た目も美しいアレンジレシピ「アボカドエッグトースト」作りに挑戦してもらった。

その様子をレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」では映像で、音楽ナタリーではテキストと写真を交えて公開。さらに、音楽ナタリーでは鬼龍院が考案する「超熟」に合う3つのレシピと、インタビューも掲載する。ぜひこの機会に「超熟」の魅力を味わい尽くしてほしい。

取材・文 / 中野明子 撮影 / 曽我美芽

アボカドエッグトースト作りに挑戦!

材料(1人分)

  • 食パン(「超熟」4枚スライス):1枚
  • アボカド:1個
  • マヨネーズ:適量
  • ポン酢しょうゆ:適量
  • 卵:1個
1マヨネーズとポン酢しょうゆを混ぜ、
“マヨポン”を作る。

「アボカドエッグトースト」の最初の行程は“マヨポン”作り。「なかなか混ざらないなあ」と言いながらも、丁寧にマヨネーズとポン酢しょうゆを撹拌してマヨポンを作った鬼龍院。ソースができあがると「おいしそう! いい匂い!」と笑顔を浮かべた。

2アボカド1個をスライスする。

アボカドは半分に割ってタネを取り、皮を剥いたあと、スライスしていく。「アボカドは美容にもいいからうれしいよね!」と笑顔で語る鬼龍院。アボカドをキレイにスライスするコツは、側面に手を添えながら切っていくことだそう。スライスされたアボカドは鬼龍院も「美しい! 芸術的!」とコメントするほどの出来栄えに。

3「超熟」4枚スライストーストに
マヨポンを塗る。

「アボカドエッグトースト」の味の決め手になるマヨポンはしっかり塗るのがコツ。鬼龍院もスプーンで丁寧にトーストに塗り込んでいった。

4トーストにアボカドを並べる。

「アボカドは脆いから慎重にやらせていただきます」と言いながらスライスしたアボカドを円形に並べていく鬼龍院。並べられたアボカドは、花のような見た目に。「これは“映え”ですねえ!」と鬼龍院も興奮。ちなみに鬼龍院は、普段からアボカドを食べているそう。

5アボカドの中に卵を割って、トースターで焼く。

「この中に卵を割って入れていくよ!」と気合いを入れて、トーストの中央に卵を割り入れた鬼龍院。色味も形も美しいバランスのトーストにスタジオに拍手が沸き起こった。鬼龍院は「おいしくなってくれ!」と強く願いながらトーストをトースターにイン!

6トースターから取り出し、黒胡椒を振って完成!

程よい焼き色が付き、卵も適度に固まったところで、鬼龍院はトースターからアボカドエッグトーストを取り出す。「早く食べたい!」と待ちきれない様子で仕上げに黒胡椒を振った。

そして、いよいよ実食へ。「超熟」ならではの外はカリッ、中はしっとりもちもちの食感と、アボカドと卵のハーモニーに鬼龍院は「パンテロだよー」と感激。口を大きく開け、アボカドエッグトーストを頬張った。

超熟 × DELISH KITCHEN