ナタリー PowerPush - Cherry Brown

シーンきっての異端児がついにデビュー「サウスも、萌えアニメも、アイドルも」

ネット上で発表した数々のフリー音源で話題を集めてきたCherry Brownが、ついに1stソロアルバム「Escapism」を完成させた。本作は彼の代名詞である、アメリカのヒップホップカルチャー、萌えアニメ、アイドルという3つの要素を融合させたアルバムとなっている。

今回の特集では、この極めて特殊なアルバムを生み出したCherry Brownという男の実像に迫ってみた。

取材・文 / 宮崎敬太 撮影 / 雨宮透貴

 
mixiチェック

すぐに精神的に落ちてしまう

Cherry Brown

──初ソロアルバムのリリースおめでとうございます。

ありがとうございます。

──タイトルの「Escapism(現実逃避)」にはどんな意味があるんですか?

僕は嫌なことがあったらすぐに「うわー」って精神的に落ちてしまって、現実逃避するほうなんです。1曲目の「Loop」なんかはまさにそういう曲で。「またこの気持ちが来ちゃったな」みたいな。

──ではアルバムは“現実逃避”というコンセプトのもとで制作していったんですか?

いや、今回のアルバムは作ったものの中から気に入った曲を入れた感じです。なので、タイトルはなかなか決められなくて。「どうしよう、どうしよう」ってできあがった作品を何度も通して聴いてるうちに“現実逃避”ってキーワードが思い浮かんできました。

──すごく統一感のある内容だったので、しっかり考え抜いて作り込んだアルバムだと思ってました。

そう思ってもらえるとありがたいです。でも、今回はたまたままとまっちゃったという(笑)。曲を作るときはあまり深く考えないほうなんですよ。ちなみに、アルバムの最後に入ってる「Escapism」という曲も実は最初違う名前だったんですが、アルバムタイトルに合わせて変えちゃいました。

お父さんの影響でギャングスタラップに目覚める

──では、今回はナタリー初登場ということで、Cherry Brownさんの経歴を簡単におさらいします。チェリーさんはJack Rabbitzというヒップホップグループに所属していますよね。

はい。RICHEEさんに誘われて入りました。

──RICHEEさんはソロアーティストとしてもウエッサイのシーンでリスペクトされている方ですよね。彼とはどのように知り合ったんですか?

もともと僕は普通に彼のファンだったんですよ。で、高校生の頃に僕がバイトしてた居酒屋にRICHEEさんが飲みに来たんです。僕はものすごい人見知りで、知らない人とはほとんど話せないんですけど、そのときは勇気を出して話かけたんです(笑)。「ラップやってます!」って。そしたら、デモテープを聴かせてほしいって言ってくれたんで、ソッコーで作って渡して、みたいな。それから付き合いが始まって、初ライブも体験させてもらって。

──チェリーさんが大好きなウエッサイにしてもサウスにしても、アメリカの不良文化から生まれた音楽ですよね。でも、その不良的な文化と、アニメやアイドル好きを公言するチェリーさんのキャラクターがなかなか結びつかないんです。

ウエッサイとかギャングスタラップはお父さんから受けた影響が強いです。お父さんが大好きで家とか車でそういう音楽がよく流れてたんですよ。そんな環境で育ったこともあって僕自身は全然不良じゃないけど、ヒップホップは中学生のわりと早い段階から自然と好きになっていました。サウスを知ったのは中学2年くらいのときです。MTVでリュダクリスのPVを観たのがキッカケですね。「カッケー!」って(笑)。

「もってけ!セーラーふく」がヤバい

──チェリーさんは最初からアイドルや萌えアニメへの愛を歌っていたんですか?

最初はいろんな人をディスったり、社会派みたいなラップもやってみたりしてました。RICHEEさんに渡したデモテープも頭悪い感じのパーティラップでしたし。でもなんか違うなって気がして。自分らしくないというか。それでいろいろ試行錯誤していくうちに、いまのスタイルになったんです。

──萌えアニメやアイドルにハマったのはいつ頃から?

Cherry Brown

アニメは高校を卒業した年の3月に観た「らき☆すた」からです。当時、ネットでそのアニメのオープニング曲「もってけ!セーラーふく」がヤバいって盛り上がってて。それで興味を持ってアニメを観てみたら、一発でやられちゃって。そのあと、進学した専門学校で、さつき が てんこもりと出会うんです。彼は今回のアルバムにも参加してくれてて、エビ中(私立恵比寿中学)にも曲を提供しているような奴なんですけど、そいつが俺にいろいろとヤバいアニメやアニソンを教えてくれて、広がっていきましたね。

──アイドルもさつき が てんこもりさんの影響ですか?

いや、アイドルに関してはそこまで彼の影響を受けてないです。でも、彼は僕にPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」を教えてくれました。Perfumeについては、いまや彼女たちをアイドルと言っていいのかわかりませんが、当時聴いたときはとにかく食らいました。あの曲を普通に「ヤバい」って思えて、アイドルソングとか日本の歌謡曲に対する壁がなくなったというのはあります。そこからどんどん自分でいろんなアイドルソングを掘っていきました。

──なるほど。

だから、僕はすごく悪そうなUSのヒップホップが大好きだけど、同じようにアイドルやかわいい萌えアニメも愛しているんです。

メジャーデビューアルバム「Escapism」2013年12月18日発売 / 2800円 / plusGROUND / VICL-64095
収録曲
  1. Loop
  2. YeahImDrunkLikeSuikaRightNowXD
  3. でぢたる☆でぃすこ feat. ななひら
  4. よりどりみどりー+ feat. MINT
  5. Phobos feat. KNUX
  6. Wobble It feat. RICHEE
  7. iDol feat. SKY-HI
  8. Pajama Partyyy feat. PUNPEE&さつき が てんこもり
  9. 君がいないと
  10. C. H. T.
  11. KN33S0XXX feat. ななひら
  12. Escapism
Cherry Brown(ちぇりーぶらうん)

Cherry Brown

神奈川県出身のラッパー。自身のブログ「クッキーとビスケットはいかがかしら?」で2009年からフリーのミックステープの配信を開始する。サウス系ヒップホップトラックの上で萌え系アニメやアイドルへの愛を歌うスタイルで、ヒップホップシーンやネット上の話題をさらった。その後もネット上で頻繁に新曲を発表し、ラッパーとしての客演はもちろん、Lii'諭吉名義でのトラック提供なども行うようになる。またソロと並行してJack Rabbitzというユニットでも活動しており、同グループ名義で2011年にw-inds.の楽曲プロデュースも手がけた。人気コンピレーションアルバム「BIG COLLABO」「160OR80」などへの参加を経て、2013年6月にデジタルシングル「Cherry EP」、12月にソロアルバム「Escapism」を発表。