ナタリー PowerPush - aiko

3つのインタビューで紐解く「時のシルエット」

aiko インタビュー

aiko「時のシルエット」特集のラストを飾るのは、aiko本人のロングインタビュー。アルバムに反映された思いはもちろんのこと、作詞面、作曲面、サウンド面それぞれから"aikoの音楽"を掘り下げ、強さと繊細さが同居する彼女の人間性にも迫った。

今までで一番、アルバムのことしか見えなくなった

インタビュー写真

──ニューアルバム完成おめでとうございます。前作「BABY」から2年3カ月、新しいアルバムを今か今かと待っていましたが、期待を軽々と超える素晴らしい作品でした。

ありがとうございます。そんなに空いたとは思ってなかったんやけど、気付いたら2年3カ月経ってましたねえ。

──制作を振り返ってみていかがですか?

私としては、今までで一番アルバムのことしか見えなくなって作った作品でした。音楽作りをしているときだけは、夢中になってて、日々のしんどいこととかを忘れられたんです。あとこの2年3カ月の間には震災もあって、歌えることの喜びを改めて感じた期間でもあったんですね。だから例え多少コンディションが悪くても、歌えるのが本当にうれしくて仕方なくて、どんどんのめり込んでいったんです。歌詞を考えるときも、しんどさを忘れたいから、グッと集中して本当のことを一生懸命見つけて書きました。

──本当のことを一生懸命見つけて書いた、とはどういうことですか?

これまでも自分の思ってることを曲にしてたんやけど、今回は特に、現実で起こってることとか、そのときのそのまんまの自分がリアルに出たというか。それがこのアルバムの特徴やなって、出来上がったのを聴いていてすごく思いました。書いてる最中は必死だからあんまり気付かずにいたんやけど、「思い切り生きた もう生きた」とか「知らない体抱くような」とかは、素の自分にならないと書けなかった言葉だと思うんですよね。

──なるほど。

あと、今だから書けたフレーズだとも思います。昔だったら「こういうこと書いていいかな」って自分の中でためらってたかもしれない。

──生々しすぎるということで?

そうですね。今回は本当にギリギリのところに立たされたことで、気持ちの核の部分しか書かなかった気がするんです。前は、気持ちの全体像とか、核の周りにあるグラデーションがかかった部分も見て、そこにさらに妄想とか思ってることを重ねて書いてたんですけど、それが少なかった。というか真ん中をすごい集中して書いたために、グラデーションのところを考える余裕がなかったんです。

──確かにド真ん中のストレートを投げ続けている感じを受けました。気の利いたレトリックや脚色などに頼らず、純度の高いaikoさんの言葉があふれていて。

「ずっと」は、好きな人を思う気持ちの塊だけを曲にしようと思って書いたんですけど、そういう新しい曲の書き方をしてみたことが大きかったのかもしれないですね。10枚目にしてまた新しい自分に出会えた感じがします。だからこそ、自分に課す課題も増えた。こうやって書けるなら次も、そのまた次もやれると思いました。

──良い意味で、10枚目でこんなに切迫感のあるアルバムが発表されるとは思いませんでした。

良かったです(笑)。大変やったけど、最後楽しかったら痛みは全部忘れるっていう感じですね。ほんっとに作れて良かったです。去年ベストアルバムを出したとき、よく「区切りですか?」なんて訊かれたんですけど、今作のほうがなんぼも区切りやと思う(笑)。

歌うことで日々の変化に気付かせてもらった

──アルバムを「時のシルエット」というタイトルにしたのは、毎日は少しずつ変化していて、そのときそのときの形がある、そんな変わっていく日々のシルエットを刻んだ1曲1曲を集めたアルバムになれば、という思いからだそうですね。

そうなんです。

──季節や時間の移り変わりをフィーチャーした表現は、「夏服」をはじめ以前からaikoさんの歌詞に度々使われます。aikoさんは、時の流れについてどう感じているんでしょうか。

私、子供の頃から寝るのが嫌やったんです。寝て起きて、世の中が変わってたり、自分自身が変わってたらどうしようと思うとなかなか寝れなくて、どんどん夜行性になっていっちゃったんです。それで、気付いたらお昼まで起きていたり、日が暮れて1日の終わりになるのが怖かったり、変わっていくことに怯えていた時期があって。

──そうなんですか。

でも、やっぱり人は寝て起きなきゃいけないし、悲しかった思い出も少しずつ消化して、忘れていかなきゃいけないってようやく最近思えるようになってきて。音楽を通じていろんな経験をさせてもらってるうちに、自分が日々更新されて、いろんな気持ちが重なっていって、今は本当に同じ日は全くないなって思うんですよね。めっちゃ泣く日もあれば、息が苦しくなるくらい笑う日もあるし、それをいかに楽しく過ごすかも自分次第やなあって。

──日々の変化を理解して受け入れられるようになった、きっかけみたいなものはありますか?

当時は、ひとりっ子ですし、夜のひとり遊びがどんどん加速して、自分時間が大半を占めるようになってしまったんですね。大阪からも一生出ないと思ってたし、狭い中で生きてたんです。でもデビューして上京して、キャンペーンやライブでいろんな場所に行かせてもらうようになって、こんなにいろんな世界があるんやって初めて知ったんですよね。そのとき、自分時間だけじゃダメなんだ、もう怖いって思ってたらあかんねやって思った。だから多分歌を歌うことで、それに気付かしてもらったんやと思う。

収録曲
  1. Aka
  2. くちびる
  3. 白い道
  4. ずっと
  5. 向かいあわせ
  6. 冷たい嘘
  7. 運命
  8. 恋のスーパーボール
  9. クラスメイト
  10. 雨は止む
  11. ドレミ
  12. ホーム
  13. 自転車
初回限定仕様盤

カラートレイ&初回限定ブックレット

aiko(あいこ)

1975年大阪出身の女性シンガーソングライター。1998年にシングル「あした」でメジャーデビューを果たす。その後「花火」「桜の時」「ボーイフレンド」などのシングルがヒットを記録し、2000年に「NHK紅白歌合戦」初出場を果たすなど、トップアーティストとして人気を不動のものとする。女性の恋心を綴った歌詞と絶妙なコード進行によるポップなメロディで幅広いファンを獲得している。2011年には、デビュー13年目にして初のベストアルバム「まとめI」「まとめII」を2枚同時リリース。2012年6月に10thオリジナルアルバム「時のシルエット」を発表した。