足立佳奈「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」 PR

足立佳奈|「キムチ」でみんなを笑顔に 現役女子高生シンガーデビュー

2014年に開催された「LINE×ソニーミュージック オーディション」で応募者12万5094人の中からグランプリに選ばれた、高校3年生の歌手、足立佳奈。今年2月にTwitterにアップした15秒の動画「キムチ~笑顔の作り方~」が中高生の間で瞬く間に話題となり、一躍同世代の有名人となった彼女が、シングル「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」でデビューを飾った。

音楽ナタリー初登場の今回は、彼女の音楽プロフィールやデビューをつかむまでの道のりを紐解くインタビューを実施。デビューシングルの話や、彼女らしい壮大な夢についても大きな瞳を輝かせて語ってくれた。

取材・文 / 川倉由起子 撮影 / 須田卓馬

足立佳奈「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」
2017年8月30日発売 / SME Records
足立佳奈「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+Blu-ray]
1500円 / SECL-2178~9

Amazon.co.jp

足立佳奈「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」通常盤

通常盤 [CD]
1300円 / SECL-2180

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. 笑顔の作り方~キムチ~
  2. ココロハレテ
  3. だいじょうぶっ!
初回限定盤Blu-ray収録内容
  • 笑顔の作り方~キムチ~ ビデオクリップ
  • ココロハレテ ビデオクリップ
  • 足立佳奈スペシャル映像

音楽が私を一人じゃなくしてくれる

──足立さんが歌や音楽を好きになったきっかけはなんだったんですか?

足立佳奈

3歳からピアノを習っていて、家に小さいピアノやキーボードがあったんです。だから物心付く前から身近に音楽があって。私は記憶にないんですけど、「(ピアノを)ジャンジャン弾きながら歌ってたよ」っていうのは母に聞きました。自分の中で「歌が好きだ」ってしっかり思えたのは小4のとき。地元の合唱団に入って本格的に歌を歌ったり、音楽会に出るためにみんなで一生懸命練習したりする中で、自然と「歌うって楽しいんだな」って思うようになりました。

──合唱団ではどんな曲を歌っていたんですか?

本当にいろんな曲を歌っていたんですけど、自分の中で大きな出会いだったなと思うのはアンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」。当時の自分からすると15歳はまだまだ先だったんですけど、そんな未来の自分に向けて歌ったときに「この曲すごい!」って、グッとくるものがあったんですよね。歌詞がとっても胸に響いて。

──多感な年頃の繊細な心模様を切り取った、素晴らしい1曲ですよね。

はい。友達とうまくいってない時期があって、「友達って何?」「いつもそばにいてくれる人って誰だろう?」なんて考える時期が続いていたんです。そんなときに、この曲だったり、ふと街で耳に入ってきた歌に励まされることが多くて。「音楽が私を一人じゃなくしてくれる」って、そこで初めて音楽の力みたいなものを知ったんです。

──「手紙~拝啓 十五の君へ~」は足立さんのアーティスト人生のルーツなんですね。

当時の私を支えてくれた曲だし、15歳を過ぎた今もずっと胸に残っている大切な1曲です。最近、親戚の歳下の子から「友達とあまりうまくいってない」って打ち明けられたときも「この曲いいよ。聴くとがんばれるよ」ってオススメしておきました。

──どんなところに歌うことの魅力や楽しさを感じていたんですか?

1人で歌うのも楽しかったけど、私は特に合唱が好きでしたね。うまくいってない友達がその時期いたとしても、クラスの合唱のときは自然と手をつないで歌えたり、なぜか1つになれるんです。そんなとき「私も一人じゃない」って思えたし、歌の力は本当にすごいなって感じてました。

  • 足立佳奈
  • 足立佳奈

好きな男の子にオリジナルソングで告白

──自分で曲作りを始めたのはいつ頃ですか?

足立佳奈

人生で初めて作った曲のタイトルは「おこりんぼう母さんの歌」です。よく覚えてないんですけど、母曰く、小さい頃にミニピアノで「♪ママはおこりんぼうー」って歌ってたみたいです(笑)。もうちょっと大きくなってからは……これもアンジェラ・アキさんの影響なんですけど、自分で作った歌をピアノで弾き語るってカッコいいなと思うようになって。小4からなんとなく感じで曲作りを始めました。

──当時どんな曲を作っていたんですか?

初めてちゃんと1曲作ったのは、好きな男の子に告白する歌(笑)。実らなかったんですけど、とにかく自分の思いを伝えたいってことで、気持ちを込めて作りましたね。でも小4にして「愛してる」って言葉をけっこう使ってて、みんなに「重い」って言われて(笑)。確かにそうなんですけど、自分では直接言えないことも歌に乗せれば伝えられる気がしたんです。

──なるほど。で、相手には聴かせたんですか?

聴かせました! 昼休み、学校のピアノが置いてあるところに呼び出して。今思えばそれが曲作りのスタートだったのかなあと思います。私、ずっとそうなんですけど、日常の中で何か気持ちが動いたときしか曲が作れないんです。想像で書くと、これはちょっと無理してるなってわかる歌になっちゃう。自分の感じたことだけを曲にするっていうのはずっと変わらないのかなと思います。

足立佳奈(アダチカナ)
足立佳奈
岐阜県海津市出身の現役高校3年生。母親が歌手になる夢をあきらめさせるために応募した「LINE×ソニーミュージック オーディション」でグランプリを獲得し、デビューのチャンスをつかむ。学業の傍ら歌のレッスンに励む中、2017年2月にTwitterに投稿した15秒動画「キムチ~笑顔の作り方~」が話題を集める。8月にシングル「笑顔の作り方~キムチ~ / ココロハレテ」でデビュー。