サクタスケ「ティターニア」 V.A.「INAZUMA SHOCK」 PR

アニメ「ACTORS -Songs Connection-」特集 梶原岳人×浦田わたる×保住有哉|劇中ユニット・サクタスケが語る新たな「ACTORS」の魅力

詩のキャラソンはちょっとヤバイ

──11月からはアニメの登場人物たちそれぞれのキャラソンCDが順次リリースされます。

浦田 すごい力の入れようですよね。いったい何枚のCDを出すんだっていう。

左から浦田わたる、梶原岳人、保住有哉。

梶原 キャラソンのVol.1が朔のCDで、収録されるのは「Cloudy day」と書き下ろし曲「トライアングル」の2曲ですね。「トライアングル」という曲は朔のキャラクターがそのまま歌詞に書かれていて、朔の悩みがつづられた曲になっています。

保住 朔が悩まないと「ACTORS」のストーリーは進まないからね。悩んでいる朔に僕らが出会うところでストーリーが始まるわけだし。

梶原 そうだね。それに僕自身、キャラクターが悩んでいる描写のある歌詞のほうが歌いやすいんです。その心情が想像しやすいというか。

浦田 蒼介のキャラソンはカッコいいですよ。追っかけの部分が用意されていて、もしライブで披露することになったらお客さんにも歌ってもらえるところがあるんです。むしろ自分のライブで歌いたいくらい(笑)。キーを上げると素の僕の歌声に近付いてしまうから低くして歌っていたんですけど、レコーディングのときに「キー上げても大丈夫じゃない?」と提案してもらったんです。「蒼介っぽくなくなっちゃうかもしれない」と思ったんですけど、キーを上げて歌ってみたらすごくしっくりきて。ハモリを足していったらいい具合にまとまって、すごく完成度の高い1曲ができたと自負しています。

──詩のキャラソンはどういう曲ですか?

保住 2人とは全然違う曲だと思います。詩のキャラソンは“ザ・キャラソン”って感じの、キャラに100%寄せた電波ソングなんです。「ティターニア」や「INAZUMA SHOCK」では、曲に合わせて詩も真面目に歌っているんですよ。みんなが真剣に歌っているところで不思議ちゃん要素は出せないじゃないですか。でもキャラソンでは誰かに気を遣う必要もないから、詩ワールド全開ですね。劇中で詩が発した言葉、例えば「ボルケーノ!」とか(※アニメに登場するカレーショップ「ボルケーノカレー」の愛称)がたくさん込められた、ちょっとヤバイ曲です(笑)。

浦田 メチャクチャ気になりますね。

保住 こういう曲が歌えるのって、キャラソンの醍醐味ですよね。僕ら3人だけじゃなくて、「ACTORS」に登場する先輩たちのキャラソンもどんどんリリースされるので、全部聴いてもらいたいですね。

劇中に負けないサクタスケに

──最後にアニメ「ACTORS」を観ている視聴者に、何かメッセージをお願いします。

梶原 最終話まで1話も見逃さずに観てほしいですね。大事なシーンを見落としてしまうと、何があったのかわからなくなってしまいますから。

保住 そうだね。何気ないシーンに実は大事なヒントが描かれていたり、さかのぼってみると、実はあのときのあのシーンが伏線になっていたり……。

浦田 アニメを最後まで観たあとに、もう1度1話を観るとまた違う角度から楽しめるような作品になっているんですよ。「ACTORS」の世界とはなんなのか、今までのCDシリーズで語られなかったことまで描かれているので、「ACTORS」シリーズのファンの方はきっと驚くと思います。もちろんアニメから「ACTORS」に触れた方も楽しめる内容になっています。

保住 いつかさ、僕ら3人でサクタスケとしてライブしたいよね。

浦田 以前「ACTORS」の学園祭というリアルイベントが開催されたことがあるから、また学園祭が開催されたら、もしかして……。

保住 CDショップでの発売記念イベントみたいなこともやりたいな。僕ら3人で全国を回ろうよ。

梶原 いいね。すごく楽しそう。

保住 せっかくサクタスケの曲がリリースされるわけですから、僕ら3人もコンスタントに活動を続けていければいいなと思っているんです。もしいつかイベントが実現できたときに、劇中のサクタスケに負けないくらいのサクタスケをお客さんたちに見せつけたいですね。