サクタスケ「ティターニア」 V.A.「INAZUMA SHOCK」 PR

アニメ「ACTORS -Songs Connection-」特集 梶原岳人×浦田わたる×保住有哉|劇中ユニット・サクタスケが語る新たな「ACTORS」の魅力

テレビアニメ「ACTORS -Songs Connection-」の主題歌CDとしてオープニングテーマ「ティターニア」とエンディングテーマ「INAZUMA SHOCK」が10月30日にそれぞれシングルリリースされる。

声優がボカロ曲を歌唱するCDシリーズとして、2014年より音源のリリースを中心に展開されてきた「ACTORS」シリーズ。楽曲のカバーのみならず、ドラマCDのリリース、イベント開催など、さまざまなメディアミックスを経て、2019年10月からはシリーズ初の試みとしてテレビアニメが放送されている。

音楽ナタリーではアニメの主題歌シングルの発売を記念して、物語の主軸となるキャラクター3人の声を務める梶原岳人、浦田わたる、保住有哉にインタビュー。3人はアニメの登場人物のビジュアルを再現した衣装でインタビューに応じ、劇中で彼らが演じるキャラが結成する音楽ユニット・サクタスケにまつわるトークのほか、「ACTORS」シリーズを取り巻くミステリー要素を解くヒントなどを語ってくれた。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 曽我美芽

朔は影のバランサー?

──まず皆さんがアニメ内でどのような役を演じているか教えてください。

左から浦田わたる、梶原岳人、保住有哉。

梶原岳人 僕が演じる音之宮朔という人物は3人の中でバランスを取る役で……。

保住有哉 え?

浦田わたる 嘘でしょ(笑)。バランスを取る役は、僕が演じている(神樂)蒼介でしょ。

梶原 いやいや~。朔が影のバランサーじゃないですか~(笑)。

──アニメのオフィシャルサイトには「人と関わるのが苦手な天才シンガー」と書かれています。

梶原 そうですね。コミュニケーションがあまり上手じゃない無口なキャラクターなんですけど、歌に関してはすごく熱い気持ちを持っているんです。歌い始めるとキラキラしてカッコいいキャラクターです。僕は3人の中で“無言のバランサー”だと思っていたんですけど……。

浦田 僕が演じる神樂蒼介という役が、3人の中で本当にバランスを取っているまとめ役ですね。プロフィールにも書いてありますよね?

──確かに、「まとめ役のコンポーザー」と書かれています。

浦田 その通りです。保住くんが演じている往田詩というキャラクターがちょっと不思議な子なんですけど、彼とは幼なじみなのもあって、行動を共にしながら音楽活動をしているんです。朔は転校生で、コミュニケーションもあまり上手ではないから、物語の舞台である天翔学園でちょっと浮いてしまうんですよね。でもそんな朔に対しても手を差し伸べてあげる、ちょっと兄貴肌な感じの優しさを持つキャラクターが蒼介ですね。

保住 最後は僕ですね。往田詩というキャラクターはさっき浦田さんに触れてもらった通りちょっと不思議な子で、常に不思議な言動で周りを振り回す感じですね。でも周りからしたら意味のわからない言動も、詩の中では意味のあることというか、何かを表現したくて口にしていることだと思うんです。

浦田 詩はメチャクチャ右脳タイプのキャラクターだよね。

保住 そう。直感型で、自分に素直だから常に好きなことだけをしているんです。制服も詩だけ全然違うものを着ているんですよ(笑)。

神樂蒼介
音之宮朔
往田詩

梶原と朔の共通点

──皆さんが演じる3人が劇中でサクタスケというユニットを結成するわけですよね。

浦田 はい。もともと蒼介が作曲を、詩が作詞を手がけるボカロPとして2人は一緒に音楽活動をやっていたんです。ある日、転校生である朔の歌声を聴いて3人で活動することになり、サクタスケが誕生します。劇中では“超スゴいユニット”として描かれています(笑)。

──アニメ公開前にボカロP・うたすけの曲として「Cloudy day」が公開されていました。これが詩と蒼介の2人が手がけた設定の曲ということですよね?(参照:「ACTORS」アニメ放送に先駆け、劇中で流れるボカロ曲「Cloudy day」公開

保住 はい。アニメの中で流れるボカロ曲が、現実世界でも公開されるのってなんかすごくないですか? アニメの中でうたすけの曲は「人には歌えない曲」みたいな感じで語られているんですけど、それを歌いこなしてくれるのが朔なんです。で、詩は作詞だけじゃなくてキーボードも弾くんですけど、この袖でキーボードも弾いちゃうんですよ(笑)。すごいですよね。

浦田 サクタスケの曲はアニソンっぽくもないし、キャラソンっぽくもない。変な話、ボカロ曲っぽくもないんですよ。うたすけによる「Cloudy day」はボカロ曲として作られているから紛うことなきボカロ曲なんですけど、アニメのオープニングテーマ「ティターニア」は3人で歌うことを前提に作られているから、全然違う印象になっていると思います。王道のJ-POPのバンドサウンドという感じですね。

──アニメの先行上映会への出演や、アニメのラジオ番組のパーソナリティを務めるなど、ご三方が実際にサクタスケとして稼働する機会も多いですよね。現実世界でのサクタスケはどんなユニットですか?

保住 岳人は現実世界でも朔にそっくりなんですよ。今日のインタビューでもまだあまりしゃべってないでしょ?(笑)

浦田 大丈夫、起きてる?

梶原 寝てないですよ! 起きてる起きてる(笑)。

左から浦田わたる、梶原岳人、保住有哉。

浦田 収録のときとか、すぐ気配を消すんですよ。だから僕ら2人が「どうですか? 梶原君」って話を振ってあげないといけない(笑)。

梶原 僕も朔と同じで、果敢に人と絡んでいくのは得意なタイプではなくて。声優として朔を演じてはいるんですけど、シンパシーを感じている部分が多いので、あまり役を作り込みすぎなくても朔になれるんですよね。

保住 それは歌についても同じですね。いつもカラオケで歌っている岳人の歌声と朔の歌唱シーンがすごく重なるんですよ。

浦田 僕と保住くんは逆で、キャラクターに寄せて歌うことを意識していますね。僕の場合、浦島坂田船として歌うときとはかなり気持ちを切り替えて、キャラを意識しています。キーが高くなるとキャラを維持するのが大変になってくるんですけど……。

保住 僕も個人名義で歌うときとは、全然違う歌い方でレコーディングをしました。詩というキャラクターがフワフワした不思議ちゃんなので、今回はかわいく歌うことを意識していて。声だけじゃなくて言葉をどう置くかも詩っぽいかどうかをすごく考えました。