音楽ナタリー Power Push - THREE LIGHTS DOWN KINGS

バンドのあらゆる可能性を探った「銀魂°」テーマ曲

THREE LIGHTS DOWN KINGS(以下サンエル)が、ニューシングル「グロリアスデイズ」をリリースした。タイトル曲はテレビ東京系アニメ「銀魂°」のエンディングテーマとしてオンエア中のナンバーで、彼らにとっては「デュラララ!!×2 承」に提供した「NEVER SAY NEVER」以来、2度目のアニメタイアップ曲となる。

今回のシングル制作にあたり、サンエルは新たな挑戦をいくつも行ったとのこと。メジャーデビューから2年を経て、さらに加速すべく彼らが行った挑戦とはどんなものだったのか。メンバー全員に話を聞いた。

取材・文 / 荒金良介 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

新しいところにアプローチできた1年

──今年はバンドとしてどんな1年でしたか?

Glielmo Ko-ichi(Vo)

Glielmo Ko-ichi(Vo) まず2月に初のアニメタイアップのシングル「NEVER SAY NEVER」が出て、それから2ndアルバムの「ENERGIZER」が出て。そのあとワンマンツアーを東名阪でやったんですけど、それぞれで新しい発見があったり、今まで出会えなかった人たちに会えたりして、濃い1年でしたね。

──新しい発見や出会いとは?

Ko-ichi アニメのタイアップが初めての経験で、それがきっかけで出会う人たちがいましたからね。普段ライブハウスに行かないような人が自分たちの音楽を聴いてくれている、そこで自分たちは何を求められて、何が必要なのか……それを2ndアルバムを作る過程で、いろいろと考えるようになりました。こういう試行錯誤を経ての今回のシングルという流れですね。

──アニメの流れで聴いてくれるファンが増えたと?

Ko-ichi アニメを通して、「NEVER SAY NEVER」で自分たちを知ってくれた人がどれだけいるのか、はっきりはわからないけど。純粋にライブに来てくれる人たちの層が変わったのは、2ndアルバムのツアーでも感じましたからね。なので、新しいところにアプローチできたのかなと。

JUNE M(B) 普段ライブハウスに来ないような人たちが来てくれるようになったから、それはうれしいですね。

NORI(Dr) 新しいお客さんが増えたことや、大きな舞台に立つ機会も増えて、演奏力も上がりましたし。

Ko-ichi あとアニメのタイアップが決まったことで、今まで絡んだことがない関係者の方にも出会って。この間も「デュラララ!!」のイベントに出たんですが、いい刺激をもらえました。

自分が思うクオリティを引き出せる環境が整った

──自分たちの音楽性を見直すこともありましたか?

Ko-ichi そうですね。楽曲をもっとわかりやすくポップにしていこうと考えて、歌詞の世界観も伝わりやすいほうがいいなと。それもさっきも言ったように、自分たちは何を求められているのか、何を発信していきたいのかというところにつながるんですけど。

u-ya(G, Scream, Prog) 2ndアルバムを出したときは当時できる最高の作品を作ろうと思ったんですよ。で、今回はそのアルバムのツアーで感じたことをバンドに反映させようと。それにプラスして、アニメから自分たちを知ってくれたファンにも伝えたいし、もっといろんな可能性を探りたくて。この1年で劇的に変化した気がします。

──劇的な変化というと?

u-ya 僕は曲作りのデモの段階で作り込むタイプなんですけど、それをいざバンドでレコーディング、ミックスすると、想像しているものと違うこともあったんです。だけどこの1年で、自分が思うクオリティを引き出せる環境が整ったなと。「グロリアスデイズ」が「銀魂°」のエンディングテーマに使ってもらえたのも、そういうサウンドの変化を評価してもらえたのかなって。よりバンドらしくなったと思います。

──今回のシングルのタイミングで、いろいろと環境が変わったんですか?

u-ya 2ndアルバムのツアー中に今回の制作が始まったんですけど、もっとサンエルの音楽性を固めていったほうがいいんじゃないかと。で、以前から音や楽器にヘンなこだわりがあったから、その凝り固まったものを取り払ったんですよ。例えば今まで地元の名古屋でずっとレコーディングしていたけど、今回は東京でドラム以外のボーカル、ギター、ベースを録ったんです。そういう意味でバンドとして成長できたんじゃないかな。

──バンドとして変化を欲していたんでしょうね。

u-ya そうですね。2ndアルバムと今回のシングルでは、パワフルさの質も違うと思うし、また新たなアプローチの仕方を覚えました。ミックスも今までの方とは別の方にお願いして、バンドのグルーヴ感がちゃんと前に出るようにしました。

左よりNORI(Dr)、JUNE M(B)。

JUNE M ベースも楽曲に合う音を作り上げましたからね。

NORI ドラムに関してもレコーディングではスネアを何個も持ち込んで、楽曲に合うものを使ったんですよ。u-yaも言ってた通り、パワフルさの違いはタイコの具合だけでも変わりますからね。ドラムのテックの人とも相談して、いいテイクが録れたと思います。

Ko-ichi そういう意味で「グロリアスアスデイズ」は、この1年の集大成みたいな音源になったと思います。今まではエレクトロとバンドの共存という感じだったけど、もっとバンド感を出そうと。僕の場合で言えば、今まではボーカルエフェクトのAuto Tuneを使っていたけど、今回はそれを外して自分の声をしっかり出そうと。大きな決断でしたね。

ニューシングル「グロリアスデイズ」/ 2015年12月2日発売 / Sony Music Associated Records
期間生産限定盤[CD] / 1200円 / AICL-3006
期間生産限定盤「グロリアスデイズ」(表面)
期間生産限定盤「グロリアスデイズ」(裏面)
通常盤 [CD] / 1080円 / AICL-3007
通常盤「グロリアスデイズ」
期間生産限定盤収録曲
  1. グロリアスデイズ
  2. グロリアスデイズ ~アニメEdit~
  3. グロリアスデイズ(Instrumental)
  4. THREE LIGHTS DOWN KINGS Non Stop Mix “vol.2” by DJ和
通常盤収録曲
  1. グロリアスデイズ
  2. STEP BY DAYS
  3. グロリアスデイズ(Instrumental)
ニューアルバム「ROCK TO THE FUTURE」/ 2016年1月27日発売 / Sony Music Associated Records
「ROCK TO THE FUTURE」
初回限定盤[CD+DVD] / 3240円 / AICL-3044~5
通常盤[CD] / 2700円 / AICL-3046
CD収録曲
  1. SE -ROCK TO THE FUTURE-
  2. グロリアスデイズ
  3. フューチャーメイカー
  4. STEP BY DAYS
  5. It's Easy Just A Magic
  6. NOVA
  7. -Mirai- [inst]
  8. Over The Rainbow
  9. オモイノカタチ
  10. This is...

<Bonus Track>

  • NEVER SAY NEVER [u-ya Remix]
初回限定盤DVD収録内容
  • MUSIC VIDEO(計4曲)
THREE LIGHTS DOWN KINGSワンマンツアー
  • 2016年4月2日(土)愛知県 ElectricLadyLand
  • 2016年4月22日(金)大阪府 Music Club JANUS
  • 2016年4月30日(土)東京都 下北沢GARDEN
THREE LIGHTS DOWN KINGS(スリー・ライツ・ダウン・キングス)

THREE LIGHTS DOWN KINGS

Glielmo Ko-ichi(Vo)、u-ya(G, Scream, Prog)、JUNE M(B)、NORI(Dr)からなる4人組ロックバンド。2007年に名古屋にて結成され、3.L.D.K名義で活動を開始する。2010年にバンド名を現在のものに変更。2011年4月、1stシングル「WE ARE HERE TO CHANGE THE WORLD!!」をリリース。その後も精力的なライブ活動と並行して音源をリリースし、2013年12月に初のフルアルバム「LiVERTY」でメジャーデビューを果たす。今年2月にはテレビアニメ「デュラララ×2 承」エンディングテーマのシングル「NEVER SAY NEVER」を、3月には2ndアルバム「ENERGIZER」をリリース。10月からは全国8公演にわたるツーマンツアーを開催した。12月2日リリースの最新シングル「グロリアスデイズ」を経て、2016年1月27日には3rdアルバム「ROCK TO THE FUTURE」を発表する。